映画『シン・ウルトラマン』のタイトル

映画『シン・ウルトラマン』では、8体の禍威獣が登場します。

6番目までは、テロップ解説で次々と登場しては駆除されました。

速すぎて、どんな禍威獣が出たか少し分かりにくかったですね。

この記事では、『シン・ウルトラマン』の

  • 禍威獣を登場順に解説(早見一覧あり)
  • メフィラス星人が禍威獣を利用した理由は?

について、まとめています。

シン・ウルトラマンの怪獣一覧!

映画『シン・ウルトラマン』では、8体の禍威獣が次々と登場します。

まずは、登場順

  1. 名前
  2. 名前がつく前の政府呼称
  3. 別名

を一覧で確認してみましょう。

名前政府呼称別名
ゴメス巨大不明生物古代怪獣
マンモスフラワー巨大不明生物第2号巨大植物
古代植物
ペギラ巨大不明生物第3号冷凍怪獣
ラルゲユウス敵性大型生物第4号古代怪鳥
カイゲル敵性大型生物第5号溶解禍威獣※
パゴス敵性大型生物第6号地底怪獣
ネロンガ禍威獣第7号透明怪獣
ガボラ禍威獣第8号ウラン怪獣

『シン・ウルトラマン』では、防災大臣が禍威獣に名前を付けていました。

名前がつく前は、「巨大不明生物」などの呼び方をしていましたが、それも変わっていきます。

巨大不明生物は、敵性生物とみなされて呼称が代わり、さらに「禍威獣」と呼ばれるようになります。

『シン・ウルトラマン』の禍威獣は、それぞれ『ウルトラマン』シリーズでの別名もあります。

「地底怪獣」や「透明怪獣」など、特徴が分かりますね。

なお、カイゲルは『ウルトラQ』の貝獣ゴーガが元ネタとなっていますが、名前が変えられています。

スポンサーリンク

シン・ウルトラマンの怪獣を登場順に解説!

『シン・ウルトラマン』の禍威獣を、登場順に画像を交えながら、分かりやすく解説します。

ゴメス

https://twitter.com/gomes_maze_/status/1530179265114693632
ゴメス
  • 初登場:『ウルトラQ』の第1話「ゴメスを倒せ!」
  • 肉食性の獰猛な原子哺乳類

  • 体長:10m

  • 体重:3万トン

身長・体重は、『ウルトラQ』に登場した時のサイズです。

『ウルトラマンZ』の23話の時が一番大きくて、身長50m・体重4万2千トンでした。

それ以外のシリーズだと、40mで4万トンの時が多いですね。

おそらく『シン・ウルトラマン』でも40mくらいでしょう。

また、『シン』では、ゴジラの3DCGモデルをゴメスとして使っています。

そのため、映画では眼のアップショットから登場しています。

自衛隊の総力戦によって駆除されています。

『シン・ゴジラ』では凍らせたものの、駆除には至っていないので、自衛隊がすごすぎるSNSなどで話題になっています。

マンモスフラワー

マンモスフラワー
  • 有史以前の吸血植物

  • 初登場は『ウルトラQ』第4話「マンモスフラワー」

  • 身長:100m(花芯から根の中心まで)

  • 体重:3千トン

  • モデルは、ムクゲの花

ジュラ紀に生息していたため「ジュラン」という名前ですが、別名のマンモスフラワーで呼ばれることが多いです。

『ウルトラQ』では、皇居の堀や丸の内の地下で巨大な根が暴れ出し、急速に生長し花を咲かせました。

長い根で人間をからめとり吸血します。

『シン・ウルトラマン』では、官民学が協力して弱点を見つけ出し、火炎放射と炭酸ガスによる攻撃で駆除しています。

ペギラ

ペギラ
  • 初登場:『ウルトラQ』の第5話「ペギラが来た!」

  • 南極に生息する

  • 核実験の放射能の影響で、ペンギンが突然変異した

  • マイナス130度の冷凍光線を放射する

  • 冷凍光線を発射する時は、反重力現象が起き、周囲の物体が浮き上がる

  • 飛行速度はマッハ80以上

  • 体長:40m

  • 体重:2万トン

『シン・ウルトラマン』では、冷凍ガスを放射して東京を氷河期にします。

女性生物学者が弱点を発見し、駆除されました。

ラルゲユウス

ラルゲユウス
  • 初登場:『ウルトラQ』第12話「鳥を見た」

  • 第3氷河期以前に生息した鳥の祖先の一種

  • 普段は文鳥サイズだが、空腹になると巨大化して暴れる

  • 名前は、カモメのラテン語名に由来する

  • 体長7cm⇔50m

  • 翼長:100m

  • 体重300g⇔1万5千トン

『シン・ウルトラマン』では、取り逃がしてしまい駆除できていません。

その後の消息は不明です。

カイゲル

カイゲル
  • 初登場:『ウルトラQ』第24話「ゴーガの像」

  • 『ウルトラQ』では、貝獣ゴーガという名称だった

  • サザエのような貝殻と、カタツムリの様な体

  • 眼から溶解液を出す

  • 巻貝をドリルのように回転させて地中を掘り進める

  • 体長:20m

  • 体重:2万トン

『シン・ウルトラマン』では、初出動の禍特対と自衛隊の連携により、駆除されました。

パゴス

パゴス
  • 初登場:『ウルトラQ』第18話「虹の卵」

  • 学名は、「パゴストータス」

  • 放射性物質ウランを食べる

  • 地中を高速で掘り進む地底怪獣

  • 分子構造破壊光線を発射するが、人間の目には金色の虹に見える

  • 体長:30m

  • 体重:2万トン

『ウルトラマンZ』のパゴスは、体長が52m・体重36千トンあります。

『シン・ウルトラマン』のパゴスは、禍特対によって駆除されました。

『ウルトラQ』では、コストカットのために、パゴス⇒ネロンガ⇒マグラー⇒ガボラと、頭だけ改造して胴体はそのまま使用しています。

『シン・ウルトラマン』でも、同じように頭だけ付け替えた格好でした。

そのため、映画で船縁が「首から下が酷似してる。そこだけアタッチメントしたみたい」と言っています。

船縁のセリフは、『ウルトラQ』の事情を踏まえていたんですね。

ネロンガ

ネロンガ
  • 初登場:『ウルトラマン』第3話「科特隊出撃せよ」

  • 電気を食べる

  • 普段は透明で見えず、満腹すると姿を現す

  • 体長:45m

  • 体重:4万トン

『シン・ウルトラマン』では、善和発電所の電気を捕食して姿を現しました。

その後、送電が遮断されると再び透明に。

自衛隊にGPS誘導弾で攻撃されますが、一発も当たりませんでした。

万策尽きて禍特対が困り果てている時に、ウルトラマンが飛来して対決

スペシウム光線で、ネロンガを爆発させました。

ガボラ

ガボラ
  • 初登場:『ウルトラマン』第9話「電光石火作戦」

  • 首の周りに6枚のヒレがあり、開閉できる

  • 放射性物質ウランを食べる

  • 皮膚は鋼鉄の5倍固い

  • 口からは放射能光線を吐き出す

  • 体長:50m

  • 体重:2万5千トン

『シン・ウルトラマン』では、頭部と2本の尻尾をドリルにして、地下核廃棄物貯蔵施設を目指して、掘り進んでいました。

米軍が地中貫通型爆弾を撃ち込みますが、効果ありません。

核廃棄施設まであと山一つ分という時に、ウルトラマンが現れました。

ウルトラマンは、ガボラの放射能を受け止めて除去。

倒したあとは、ガボラを抱え上げて空へ飛び去りました。

【シンウルトラマン】メフィラス星人が怪獣を利用した理由は?

『シン・ウルトラマン』では、映画序盤に次々と禍威獣が日本を襲撃します。

そのため、禍特対が結成されました。

後に、メフィラス星人が居酒屋で、禍威獣を利用したと神永新二に打ち明けていました。

メフィラス星人が、禍威獣を利用したとはどういうことでしょうか?

神永新二は、メフィラス星人に「この星に放置された生物兵器を目覚めさせたのは、君か?」と尋ねていました。

すると、メフィラス星人は「怪獣を目覚めさせたのは、人類の環境破壊が原因だ」と言っていましたね。

この辺りは、ペギラが核実験による突物変異生物という元ネタから来てるセリフかなと思いました。

メフィラス星人は、原因は自分ではないと否定しますが、利用したことは認めています。

星間協定では、「他星への干渉は、生物利用に限る」というルールがあります。

メフィラス星人は、禍威獣を利用してウルトラマンを呼び出したんですね。

ウルトラマンは、光の星において地球と人類の監視者という役割がありました。

あまりに次々と禍威獣が出現するので、様子見に来たということなのでしょう。

そして、ウルトラマンと禍威獣やザラブ星人を戦わせることで、人類に「われわれでは勝てない」と思わせたんですね。

メフィラス星人は、ウルトラマンより先に来ており、「外星人0号です」と名乗っていました。

早くから地球に来て、いろいろと「プレゼン」の準備をしていたというわけです。

メフィラス星人が地球に来た目的については、別の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

【シン・ウルトラマン】解説・考察記事の一覧

シンウルトラマンを10倍楽しく見る方法は?

『シンウルトラマン』を10倍深く楽しむためには、

TVシリーズのウルトラマン』18話、33話、39話

を、映画の事前もしくは事後に視聴するのがオススメです!

できれは、事前視聴すると効果大です。

  • 18話「宇宙から来た遊星」ザラブ星人が登場
  • 33話「禁じられた言葉」メフィラス星人が登場

  • 39話「さらばウルトラマン」ゾフィーとゼットンが登場

とくに39話は必見と言いたいくらい重要です。

『シンウルトラマン』のラストの元ネタとなっているんですね。

知っておくと『シンウルトラマン』を深く楽しめます!

2022年5月23日現在、動画配信しているのは、プライムビデオだけで、1話ずつの有料課金でないと視聴できません。

「ウルトラQをみたい」という怪獣ファンも多いでしょう。

しかし、プライムビデオでは『ウルトラQ』を配信していません。

U-NEXTやHuluでも配信していません。

『ウルトラマン』のシリーズを観るなら、TSUTAYA DISUCASが一番オススメです!

TSUTAYA DISCASの「定額8プラン」だと、初回30日間無料期間があります!

  • TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル・無料期間あり

    『ウルトラマン』の作品群がDVDレンタルで観られます。

    ウルトラマンをまとめて観るなら、TSUTAYA DISCASがオススメです。

    なぜなら、旧作は制限なしで借りられるから!

    TSUTAYA DISCASの特徴
    • DVD・CDの宅配レンタルサービス
    • 配信の取り扱いがないジャニーズ出演作品や、ジブリ作品なども視聴可能
    • 「新作・準新作」DVDは月間8枚までレンタル可能
    • 「まだまだ話題作」「旧作」DVDとCDは、月間8枚の制限なし
    • 無料体験期間では新作はレンタル不可

    \初回30日間無料!/

    ネットで借りて、ポストへ返す。TSUTAYA DISCAS

    ※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本ページの情報は2022年5月19日時点の情報となります。
    最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

    スポンサーリンク

    シンウルトラマンの怪獣一覧まとめ

    まとめ
    • 『シン・ウルトラマン』には、8体の怪獣が登場する

    • 多くの怪獣は、『ウルトラQ』と『ウルトラマン』で初登場している

    • メフィラス星人は、ウルトラマンを地球に呼び出すために怪獣を利用した

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク