細田守映画『竜とそばかすの姫』タイトル画像
スポンサーリンク

映画『竜とそばかすの姫』では、「アンベール」という聞きなれない言葉が使われます。

「アンベールって、どんな意味?」と思った人も多いでしょう。

正義のグループ「ジャスティス」のリーダー・ジャスティンは、右腕のビーム装置を使ってアンベールしようとしていました。

この記事では、

  • アンベールの意味とは?
  • 仮想世界Uのアンベールの仕組みは?
  • ジャスティスとは何者?
  • なぜジャスティンにアンベールの権限がある?

について、解説をまとめています。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】アンベールの意味や仕組みは?

映画『竜とそばかすの姫』では、仮想世界U「ジャスティス」というグループが登場します。

Uで嫌われるならず者の「竜」を捕まえて「アンベール」しようとしていました。

ちょっと聞きなれない単語ですよね。

アンベールの意味と、Uでのアンベールの仕組みなどについて、解説します。

アンベールの意味は?

「アンベール(unveil )」という英語の意味は、何でしょうか?

ベールを剥ぐ、除幕する、秘密を明かす

引用:weblio辞書

ベールをはぐから、アンベールなんですね。

映画では、「アバターの姿を暴いて、オリジン(本人)の姿をさらす」という意味合いで使われていました。

仮想空間だけれども、匿名性が奪われるということです。

ジャスティスとしては、「オリジンをさらす=制裁を加える」というつもりで、アンベールしたいのでしょう。

アンベールの仕組みは?アンベールされるとどうなる?

仮想世界Uでアンベールされるとは、オリジンがさらされてしまうこと。

アンベールとは、一体どういう仕組みなのでしょう?

アンベールの仕組み
  1. ジャスティンの右腕の装置からビームを照射
  2. アバターの生体情報の変換を無効にする
  3. Uの空間に、オリジンが現れる

ジャスティンいわく「この光は、正義の光」と語っていました。

Uでは、デバイスで生体情報を読み取って、特殊なプロセスを経てAZに変換されます。

ジャスティンの「正義の光」は、その換をすべて無効にして、オリジンそのものがUの空間に現れてしまうのです。

そのため、オリジンそのものがUの空間に現れてしまうのです。

アンベールできるのは6人です。

アンベールの権限がある人
  • Uを創造したVoicesの5人
  • ジャスティン

ジャスティンは、権力者と言えそうですね。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】なぜジャスティンはアンベールの権限がある?

ジャスティスとは何者?

仮想世界Uで、竜を追跡していたジャスティスとは、一体何者なのでしょうか?

ジャスティスは、英語で「正義」の意味ですね。

劇中では「Uの正義と秩序を守ると主張している」グループだと、紹介されるくだりがありました。

ヒロは、「ヒーローっぽい」と言っていましたね。

確かに戦隊ものっぽいグループでした。

映画後半で、リーダーのジャスティンは、次のことを語っています。

  • Uに警察機能がないのは疑問
  • Voicesは「すでに公平なものは、そろってる」と取り合わない
  • 悪人や秩序を乱す者に対抗する正義は必要
  • 悪を叩きのめすのが、ジャスティス

仮想世界Uは、Uの運営者がいて規約もあるはずですよね。

開発者Voicesが運営も担っているのか不明ですが、規約違反者の対応などはしないようですね。

そこで、自警団という形でジャスティスが結成されたようです。

なぜジャスティンはアンベールの権限がある?

アンベールできるビームは、前述したようにUの創造者5人とジャスティンだけがもつ力。

ということは、ジャスティンが創造者たちにかけあって、権限をもらったと考えるのが自然でしょう。

正義の味方を自称するジャスティンが、勝手に開発して使ってたら面目が立たないですよね。

竜は、データを使用できなくなるまで破壊して、試合を台無しにしていました。

しかも374戦の試合をやっているので、データ破損の回数もかなり多そう。

一般的なコミュニティだと、やはり規約違反になりそうです。

リアルなSNSとかだと、違反回数からしてもアカウント停止になるでしょうね。

Uの運営側が放置するなら、ジャスティスとしては見過ごせないというのも、理解できます。

ただ、ベルが言うように「他人を従わせたいだけ」という印象も強く、権力をかさにきてる感がありました。

個人的には、正直「どっちもどっちかな」という感じがしました。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

細田守監督の作品を無料で観る方法は?

アニメ映画『時をかける少女』を観て、細田守監督の他の作品を観たくなった人もいそうです。

2022年7月1日現在、細田守監督の作品を最もお得に観られるのはHuluです!

5本の作品が、見放題で配信中です。

見放題配信中
  1. 『時をかける少女』2006年
  2. 『サマーウォーズ』2009年
  3. 『おおかみこどもの雨と雪』2012年
  4. 『バケモノの子』2015年
  5. 『未来のミライ』2018年

『竜とそばかすの姫』+スペシャル映像は、550円の有料で視聴できます。

サービス名月額料金無料期間特徴
Hulu1026円2週間日テレ系

\2週間無料/

※当記事の情報は、2022年7月1日現在です。
最新情報は、公式HPからご確認ください。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】アンベールの意味と仕組みまとめ

映画『竜とそばかすの姫』で使われる「アンベール」という言葉は、聞きなれないですよね。

  • 英語の「アンベール」の意味は、「ベールを剥ぐ」「秘密を明かす」
  • 映画では、仮想世界UのアバターAZを暴いて、オリジンをさらす意味で使われている
  • 「正義の光」が、AZの生体情報変換を無効にして、オリジンを現す仕組み
  • 「正義の光」は、Uの創造者voices5人と、ジャスティンだけがもつ権限
  • ジャスティスは、ジャスティンをリーダーとするUの自警団
スポンサーリンク
スポンサーリンク