映画『竜とそばかすの姫』のベルと竜
スポンサーリンク

細田守監督の映画『竜とそばかすの姫』では、高知の高校生のすずが、仮想世界Uで歌姫ベルとなり、世界的有名人になります。

「自分のために歌ってくれてるみたいに感じる」とくらい、人を惹きつける歌声。

劇場の大スクリーン・大音量で聞くと、胸が震えるくらい素晴らしい歌声ですよね。

しかし、すずはリアルの世界では歌うことができません。

「どうして、Uではすずは歌えるの?」と思った人も多いでしょう。

この記事では、

  • すずが、Uでは歌えるのはなぜ?
  • すずが、リアルでは歌えないのはなぜ?

について、解説します。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】すずがUで歌えるのはなぜ?

映画『竜とそばかすの姫』のヒロイン・すずは、リアルの世界では歌うことができません。

カラオケボックスで、クラスメイトに歌を勧められて、逃げ出していましたね。

その後ひとりで橋の上で歌っていましたが、音程は不安定で息をするのも苦しそう。

さらには嘔吐していました。

けれど、インターネットの世界Uでベルになると、スムーズに歌えます。

すずは、なぜUでベルになると歌えるのでしょうか?

理由は、Uではボディシェアリングをしているからです。

「ボディシェアリングは、その人の隠された能力を無理やり引っ張り出す」からなのです。

すずは、子どもの頃から歌が好きでした。

Uのボディシェアリングで、すずの潜在的な歌唱能力が引き出されて、Uではのびのびと歌えるんですね。

Uの売り文句は「Uならやり直せる。さあもう一人のあなたを生きよう。さあ新しい人生を始めよう」です。

自分でも気づかない能力を引き出してくれるのなら、確かにUなら違う人生を生きられそうですね。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】すずが歌えなくなった理由は?

そもそも、すずが歌えなくなった理由は何でしょうか?

スタジオ地図の公式アカウントでは「母の死をきっかけに歌えなくなった」とあります。

劇中では、幼いすずと母親の思い出がいくつか描かれていました。

すずは、母親のスマホの鍵盤アプリを使って、一緒に音楽を楽しんでいましたね。

母親は、すずに歌や歌うことの楽しさを教えてくれた人。

そのため、すずの中で、歌と母親は心理的にダイレクトにつながっているのでしょう。

すずの母親は、名前も知らない女の子を助けに行き死にました。

「行かないで」とすがるすずを、そっちのけでしたね。

母親の死は、すずの心の大きな傷になっています。

歌おうとすると、母親を思い出すなどするのかもしれません。

心理的にストップがかかって、歌えないのではないかと思います。

「心因性発声障害」とか、ジストニアの一種である「けいれん性発声障害」とかを患っている可能性がありそうです。

Uでは、このような病気の制約を超えて、本人の能力を引き出せるわけですから、かなりパワフルですよね。


U-NEXTでは、細田守監督の以下の作品が視聴できます。

『竜とそばかすの姫』の仮想世界Uのベースとなっている、『サマーウォーズ』のOZを比較すると、より深く細田守監督の世界を楽しめます!

12年前も「くじら」は健在ですよ!

  • 『サマーウォーズ』
  • 『時をかける少女』
  • 『おおかみこどもの雨と雪』
  • 『バケモノの子』
  • 『未来のミライ』
  • 『デジモンアドベンチャー』
  • 『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』
  • 『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』
>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



[quads id=1]
スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】すずがUで歌える理由まとめ

  • すずが、Uでは歌えるのはボディシェアリングが、歌の能力を引き出してくれるから
  • すずが、歌を歌えなくなったのは、歌と母親が心理的につながっているためと推測できる
  • すずは、「心因性発声障害」や「けいれん性発声障害」などを患っている可能性がある
[quads id=2]
スポンサーリンク
スポンサーリンク