朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

2022年前期の朝ドラ『ちむどんどん』の序盤は、沖縄が舞台。

山原村の人々が登場しますが、善一さんといつも一緒にいる男性はまもるちゃん

しかし、まったくしゃべりません

「まもるちゃんは、何者なの?」

「まもるちゃんは、なぜ話さないの?」

と気になりますよね。

この記事では、

  • まもるちゃんは、一体何者?
  • なぜしゃべらないの?
  • 名前の由来は、宮古島まもる?
  • 演じてるキャストは誰?

について、解説と考察をまとめました。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】まもるちゃんが話さないのはなぜ?正体はキジムナー?

まもるちゃんは何者?

朝ドラ『ちむどんどん』の山原村の村人として登場する「まもるちゃん」

少し変わった感じの人物です。

  • だいたいいつも善一さんと一緒

  • 全くしゃべらない

  • 年齢不詳

  • 苗字も不明

  • いつもTシャツにオーバーオール

『ちむどんどん 公式ガイドブック Part1』には、まもるちゃんについて次のように説明されています。

地域の役員である前田善一の手伝いなどをしている。

暢子たちが暮らす村の共同売店でも働く。

無口な性格で、村の景色に溶け込んでいる。

引用元:「ちむどんどん」公式ガイドブック Part1

主要キャラではないため、解説も少しだけ。

定職についているわけでは無さそうですが、お金や生活に困って切羽詰まってる感じはありません。

村に家族がいるというわけでもなさそう。

まもるちゃんは何者かと聞かれると、「山原村の村人」くらいにしか答えようがないかもしれません。

まもるちゃんはなぜ話さない?いつ話す?

一番気になるのは、まもるちゃんが全く話さないこと。

しかし、まもるちゃんはいつも誰かの側にいますよね。

善一さんと一緒に村を回ったり、共同売店で村の人たちと一緒にいたり。

暢子たちの運動会にも来ていました。

誰とも話しませんが、人間嫌いというわけではなさそうです。

「声が出ない病気なの?」と思うくらい、話しませんが理由についてはわかりません。

しかも、演じている松原正隆さんにも、こまかい設定は明かされていないようなのです。

さん、でも、くん、でもなく、ちゃん。“まもるちゃん”

子どもから大人まで、村中の人からそう呼ばれる年齢不詳のおじさん。

しかもしゃべらない。台本をもらった僕は頭を抱えます。

役名に“ちゃん”がついてる。どうしたものかと……。

そんな折、大きなヒントとなるプレゼントが届きます。それは“衣装”。

このすてきな帽子が、シャツ、ズボン、はたまた手拭いが、ばっちり似合うよう、頑張ります。

引用元:「ちむどんどん」公式ガイドブック Part1

 キャストも「衣装」から感じる人柄を手掛かりに、まもるちゃんを演じているようです。

暢子が上京するのは第4週なので、沖縄編も5月のGWくらいで終わります。

まもるちゃんは、それまでに1回くらい話すのか気になりますよね。

演じている松原さんのコメントからして、「まもるちゃんは、一度も話さない」のではないかと思います。

ある日突然話し出したら、それはそれで驚きますね!

まもるちゃんも戦争体験者でしょうから、いろいろとつらく悲しいことがあったろうと思います。

まもるちゃんが話さないのは、もしかすると戦争が関係しているのかもしれませんね。

まもるちゃんの正体はキジムナー?

SNSを見ていると、「まもるちゃんは、キジムナーではないか?」と考えている人が結構います。

ちょっと笑ってしまいますが、確かにそれくらい、まもるちゃんは浮世離れした感がありますね。

キジムナーとは、沖縄に言い伝えられている精霊ですね。

たぶん水木しげるさんだと「妖怪」って言いそうですが…。

  • 体が真っ赤な子供
  • 髪が赤い子供
  • 顔が赤い子供

など、言い伝えでは「見た目が赤い子供」と伝わっているところが多いです。

その他の特徴としては、以下の点があります。

キジムナーとは
  • ガジュマルの木に棲んでいる
  • 怖がる人はあまりいない
  • 飛び跳ねるように歩く
  • 男女の性別があり、大人になると結婚して家族をもつ
  • 魚の目玉が好物
  • 海に潜って魚を獲るのが得意
  • 水面を駆け回れる

キジムナーと仲良くなると、お金持ちになれるとも言われていて、ちょっと座敷童っぽいところがあります。

しかし、キジムナーの住む古木を切ったりすると、家畜を全滅させられたり、船を沈めて溺死させたりも。

怖い一面も持ち合わせているのです。

まもるちゃんは、人と一緒にいるけど口を利かない不思議なキャラクター。

浮世離れしたところが「人間というより精霊っぽい」と感じる人もいるのでしょう。

名前は宮古島まもるが元ネタ?

ブログ主としては、「山原村のまもるちゃんの名前は、宮古島まもるが元ネタ?」と考察しました。

宮古島に行ったことがある人は、たぶん観たことがあると思うんですよね。

カカシみたいにあちこちに立って、宮古島をまもっているのです。

もちろん話しません。

しかし、「いつもどこかで見かける」んですよね。

そして、寡黙に島を守っているのです。

山原村のまもるちゃんも、静かに村人たちを見守っているのかもしれません。

博多大吉の「スナフキン」説(4/27追記)

4/27(水)の放送回の後に「あさイチ」で、まもるちゃんが話題になりました。

博多大吉さんは、「彼のことはスナフキンだと思ってる」と発言。

スナフキンは、『ムーミン』に登場するキャラクターですね。

風来坊というか、よく旅に出る、ムーミンの友達です。

スナフキンというのは英語で、「嗅ぎタバコ」という意味です。

スウェーデン語の原作では、スヌス・ムムリクという名前なのです。

やはりスウェーデン語で「嗅ぎタバコ」という意味。

確かに、スナフキンはタバコ吸ってますもんね。

ちなみに華丸さんは、まもるちゃんを「妖精?」と言ってました。

まもるちゃんのキャストは松原正隆

『ちむどんどん』でまもるちゃんを演じているのは、松原正隆さんです。

松原正隆wikiプロフィール
  • 氏名:松原正隆(まつばら・まさたか)

  • 生年月日:1968年7月12日

  • 年齢:53歳(2022年4月現在)

  • 出身地:福岡県

  • 身長:178cm

  • 体重:73kg

  • 趣味:ギター、ボクシング

松原正隆さんは、NHKだと大河ドラマに何度も出演されています。

  • 2007年『風林火山』望月新六役
  • 2009年『天地人』池上彦五郎役
  • 2010年『龍馬伝』住谷虎之介役
  • 2014年『軍師官兵衛』佐久間盛政役
  • 2015年『花燃ゆ』中川宇右衛門役
  • 2021年『青天を衝け』伊之吉役

民放だと『ハケンの品格』とか『クライマーズ・ハイ』とかに出演されてますよ。

時代劇に多く出ていると、まもるちゃんの役はつかみどころがなくて困ったでしょうね!


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】まもるちゃんは何者まとめ

まとめ
  • まもるちゃんは、山原村の村人
  • まもるちゃんは、人嫌いではなさそうだが全く口を利かない不思議な人物
  • 視聴者から「キジムナーではないか」と言われるほど浮世離れしている
  • まもるちゃんを演じているのは松原正隆
スポンサーリンク
スポンサーリンク