大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第12話は、大江広元が頼朝に助言するところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第13回のネタバレあらすじ
  • 見どころと史実解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

  \裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第12話プチ振り返り
  • 八重が、伊豆に戻る
  • 政子が、頼朝の嫡男・万寿を出産
  • 政子が、亀の前を後妻打ちして大騒ぎに

内緒話があっと言う間に広まって、女同士の戦いに男も加わって、大騒ぎになりましたね。

第13話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 木曽義仲には、頼朝に反意のないことを確認
  • 義時の想いが、八重に通じる

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第13回ネタバレあらすじ(4/3)

叔父の源行家が再訪

1182年、叔父の源行家が、鎌倉の御所に頼朝を訪ねてきて、所領を要求します。

義円を巻き込んで死なせたことには、まったく罪悪感がない様子。

頼朝は「金輪際、鎌倉に足を踏み入れないでいただきたい」決別宣言します。

行家は、「わしと義仲が組んだらどうなるか」と頼朝を挑発。

頼朝は動じずに行家を帰しましたが、内心は木曽義仲の動きが気になっていました。

信濃の義仲は、源氏では頼朝に次ぐ実力者

京に食料を運ぶ北陸の要衝を押さえているのです。

頼朝は、義仲に先を越されてしまうのではと焦っていました。

しかし、なかなか上洛できない諸事情があったのです。

武田信義が頼朝にけしかける

1183年、行家は信濃に行き、義仲に挙兵を促しました。

その頃、甲斐の武田信義も義仲を気にしていました。

信義は、鎌倉まで頼朝に会いに行き、「義仲が平家と手をくんで鎌倉に攻め入る」という噂を吹き込みます。

信義が帰ると、義時は「ちょっとおかしい」と話します。

信義は、義仲の身内と婚姻による結びつきを図って、失敗していたからです。

義仲の本心を知るために、頼朝の異母弟・範頼が使者に立つことになりました。

義時と範頼が木曽へ

頼朝が上洛できない原因のひとつが、奥州の藤原秀衡です。

全成が、秀衡調伏の祈祷をしていますが、効果ありません。

後白河法皇の命で、清盛を呪い殺したといわれる男を、京から呼び寄せることに。

やって来たのは、文覚でした。

文覚はやる気満々で、江の島弁天の祈祷所で、全成と競うように祈祷と呪詛を行います。

一方、義時は範頼と共に、木曽へ向かうことになりました。

出立する前日、義時は伊豆の八重のところへ立ち寄ります。

時々、差し入れを口実に会いに来る義時に、八重は困惑を隠しません。

しかし、義時はまるで気づかないのでした。

「私は、八重さんの笑っている顔が好きなのです。

いつか、八重さんに笑いながら『おかえりなさい』と言ってほしい」

と義時は言うのでした。

木曽に出立する日、範頼、義時、三浦義村は御所に集まっていました。

木曽行きを強く望んでいた義経は、まだ現れません。

義経は、前日に比企能員に紹介された娘とうつつを抜かして寝過ごし、木曽へ行きそびれてしまいます。

比企は源氏に取り入って、北条時政にとって代わる権力者になろうとしていたのです。

木曽義仲が息子を人質に差し出す

木曽義仲は、とある寺に滞在していました。

源行家が、範頼一行が到着するのを、こっそり見ていました。

愛妾の巴御前を伴って現れた義仲は、「俺は鎌倉へ攻め入る気はない」と言います。

義時は、義仲が嘘を言っているわけではないと判断。

「鎌倉殿は、平家とは通じておらぬ証に、人質を差し出すよう申しております」

義時が伝えると、義仲は嫡男の義高を差し出したのでした。

政子と亀の話し合い

その頃、政子は亀と直談判していました。

亀は「自分が本当に鎌倉殿の妻としてふさわしいのか、よく考えなさい」と辛らつ。

けれど、亀は身を引くことを約束したのでした。

義時の想いが叶う

義時は、木曽の土産をもって八重を訪れます。

「私は八重さんと幼なじみ。あの頃から私の想いは変わりません」

そう言う義時に、八重は「おかえりなさいませ」と手をつき、微笑んだのでした。

<第14回あらすじ第12回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第13話の見どころと史実解説

第13話のみどころは

第13話の見どころ
  • 源氏の棟梁同士が、腹の探り合い
  • 義時の想いが叶う

ではないでしょうか。

源氏は、全国で20ほどの系列があります。

その中でも一番有名なのは、頼朝や義経の「清和源氏」ですね。

木曽義仲は頼朝の従兄弟で、源氏のナンバーツーでした。

  • 源頼朝(清和源氏)
  • 武田信義(甲斐源氏)
  • 木曽義仲(清和源氏)

3人を、叔父の源行家が「挙兵しよう」と焚きつけて回ります。

ドラマの行家は、「いい加減な奴」という感じで描かれてますね。

源氏の中で誰が抜きんでるかという、デッドヒートが繰り広げられます。

同じ源氏ながらも、協力しているようでけん制し合うのが、今日のハイライトでしょう。

3人の中で、一番腹芸ができないのが義仲

無骨で真っ直ぐな人。

青木崇高さんの義仲は、私の義仲のイメージにぴったりです。

義仲は、息子の義高を人質に差し出します。

で、この義高が本当にいい子なんですよね。

鎌倉で人質暮らしをする義高は、頼朝の長女・大姫と親しくなります

大姫の初恋の人は、義高なのです。

幼い二人は、「まるで夫婦のようだ」と周りの大人から言われるほど、仲睦まじくなるのですが…。

最後は、とても悲しいことになってしまうのです。

武家の習わしとはいえ、本当に業が深いなあと思います。

大河ドラマでも、大姫と義高の悲劇は描かれます。

「ネタバレでいいから、先を早く知りたい」人は、以下2記事をどうぞ。

一方、義時はようやく想いが叶いますね!

頼朝と別れた後の八重の人生には、諸説あります。

三谷幸喜さんは、義時と八重を結婚させるようです。

史実的なことを言うと、義時の妻たちは

北条義時の妻たち
  • 正室:比企朝宗の娘・姫の前
  • 継室:伊賀朝光の娘・伊賀の方
  • 側室:阿波局、伊佐朝政の娘、他

となっています。

八重との結婚は、あくまでもドラマということですね。

また、比企能員の野望が、ちらりと描かれていましたが、大河ドラマ後半の伏線となる場面でした。

<第14回あらすじ第12回あらすじ>


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第13話の感想

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【八重】

【北条政子】

【三浦義村】

【比奈】

【源義経】

【静御前】

【大姫】

【善児】

【キャスト】

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】13話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 叔父の源行家が、鎌倉の頼朝を訪ねる
  • 武田信義が、頼朝をけしかける
  • 範頼や義時が、木曽義仲に反意がないことを確かめる
  • 義時の想いが、八重に通じる

スポンサーリンク
スポンサーリンク