映画『おおかみこどもの雨と雪』のポスター
スポンサーリンク

映画『おおかみこどもの雨と雪』では、ラストで雨はオオカミとしての人生を選びます。

雪は中学校進学と同時に家を出て、寮生活を始めましたね。

映画では、登場人物がその後どうなったのかは触れられていません。

漫画では映画より数か月分だけ、「その後」が描かれています

「雨は、もう山から帰ってこないの?」
「雪は、草平と結婚した?」

と気になりますよね。

この記事では、『おおかみこどもの雨と雪』の登場人物について

  • 小説や漫画では、「その後」はどうなってる?
  • その後、どんな人生になったか考察

について、まとめています。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【おおかみこどもの雨と雪】雨や雪と草平はその後どうなった?

小説や漫画では「その後」どうなってる?

映画『おおかみこどもの雨と雪』には、同名の原作小説と漫画があります。

小説も漫画も、細かいところは少し違っていますが、基本的な物語は映画とほぼ同じです。

ただ、漫画の3巻では

  • 夏休み前の雪の学校生活
  • 雨が、花に桃を届けに来た

という「その後」がちょっとだけ描いてあるのです。

雪の学校生活については、ちょびっと映画にも出ています。

花の家の冷蔵庫には、雪の写真などが張られてましたね。

映画『おおかみこどもの雨と雪』の雪のその後の中学生活

  • 雪が入学したのは、公立中学
  • 親友の信乃や、草平も同じ中学校
  • 雪は、バドミントン部に入った
  • 募金活動か何かもやったらしい

ことが分かります。

また、花への手紙には

  • いろいろなことが、すごく昔に思えて寂しい
  • 信乃は毎日「まだかなあ」と夏休みの帰省を楽しみにしている
    (信乃も寮に入ったらしい)
  • 花は、身長が4センチ伸びた

ことが書かれていました。

また、マグネットで貼られた学校からの通信に

「給食はございません」と書いてあるので、雪は寮母さんにお弁当を作ってもらってそうです。

【考察】雨はその後どうなった?

雨は、オオカミとして生きることを選びました

山で遠吠えしているのを、花が耳をすませて聞くシーンが、映画にありましたね。

突然雨がいなくなったので、韮崎さんたちは驚いたでしょうね。

おそらく「親戚の家で暮らすことになった」とか、そういう感じで花はごまかしたのではないでしょうか。

雨の「先生」は、年老いたキツネで、もうすぐ死にそうだから、「誰かが代わりを務めなければ」と言っていましたね。

新しい山の主として、頑張っているのでしょう。

漫画だと、雨は花に桃を届けに来ます

家の前に置いて行くんですね。

桃の季節なので、6月~7月でしょう。

『おおかみこどもの雨と雪』では、割と桃が出てきます。

  • 花が妊娠中に桃缶を食べてた
  • キツネの「先生」にも桃をあげた

なぜ桃が何度も出てくるのか分かりませんが、単純に監督の好物なのかもしれません。

雨も半分は人間ですから、花のことも気になって、様子を見に来るかもしれませんが、しょっちゅう来る感じにはならない気がします。

普通の人間の男性でも、「実家には、数年に一度しか帰らない。特に電話もしない」みたいな人がいますよね。

個人的に気になるのは、「一生涯、山で暮らすの?」「結婚はせず、一生独身?」ということ。

動物は、「種の保存」を原則として生きています。

オオカミとして生きるならなおさら、「生涯、伴侶をもたない」という生き方ができるのかな?と思うんですね。

ニホンオオカミは絶滅しているので、お父さんのように人間と恋に落ちるかもしれませんね。

その場合は、山と人里とどちらを生活の場にするかで、雨の人生はまた大きく変わるでしょう。

また、山での生活が長くなるほど、人間の生活様式になじめなくなるので、苦労しそうです。

【考察】雪と草平はその後結婚した?

雪と草平は、同じ中学校に進学しました。

雪も信乃も寮に入っているので、おそらく同じ学校から進学した生徒は、ほぼ寮生なのでしょう。

  • 小学校の時点で、草平は雪に好意をもっていた
  • 雪も草平を信用し、秘密を打ち明けた

ということから、中学卒業までにはつきあい始めるのではないかと思います。

好きでなければ「どうして俺を避ける?」と何度も聞かないし、毎日家に様子を見に行きませんよね。

草平は中学では寮なので、「家庭に居場所がない」という悩みは、普段は少し収まりそうです。

夏休みなどの長期休暇は、孤独感が増しそうですね。

高校以降に、2人の道が分かれたとしても、強い絆で結ばれていそうです。

自分がオオカミであることを打ち明けて、驚きもせず受け入れてくれる人は、そういないでしょう。

高校生になると草平は、アルバイトを目一杯いれて、家に帰らない口実にするのではないでしょうか。

雪は、成績が良ければ

  • 母が中退した一橋大学に進学する
  • 「おおかみこども」の生態の謎を解くべく、生物学や獣医学などの道を選ぶ

などの可能性がありますね。

雪も草平も紆余曲折はあるでしょうが、割と若いうちに結婚するのではないかと思います。

【考察】花はその後どうなった?

つらい時でも笑顔の花は、町の人たちに慕われて、畑仕事をしながら暮らすだろうと思います。

雨とは「元気で!しっかり生きて!」と別れました。

でも、花のことなので「もしかすると雨が困って、帰ってくることがあるかもしれないから」と、引っ越しはしないでしょう。

生涯、あの広い家で暮らすと思います。

田舎の人たちは世話好きなので、「まだ若いんだし」と再婚話をもちかけるかもしれません。

けれど

  • 娘が「おおかみこども」
  • 引っ越したくない
  • 夫の「おおかみおとこ」がいまも大好き

ということから、断る気がします。








[quads id=1]
スポンサーリンク

【おおかみこどもの雨と雪】雨や雪と草平のその後まとめ

雪は人間として、雨はオオカミとして生きることを選び、姉弟でも人生の道が分かれていきました。

その後はどうなったか、気になりますよね。

  • 漫画では、夏休み前の雪の学校生活と、雨が桃を届けに来る「その後」が描かれている
  • 雨は山の主となったが、生涯独身かは疑問(考察)
  • 雪と草平は、強い絆で結ばれているので、若いうちに結婚する(考察)
  • 花は、万が一に雨が帰ってくる可能性を考えて、生涯あの広い家で暮らす(考察)
  • 町の人が、花に再婚話を持ちかけそうだが、花は断る(考察)

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
スポンサーリンク
スポンサーリンク