映画『おおかみこどもの雨と雪』の花やお父さんの年齢
スポンサーリンク

映画『おおかみこどもの雨と雪』では、主人公の花が大学時代におおかみおとこの彼と出会い、妊娠・出産します。

長女の雪が中学校に入学するのがラストでした。

10年以上の物語なので、登場人物の年齢が気になりますよね。

この記事では

・花の年齢は何歳?

おおかみおとこの彼の年齢は何歳?

について、まとめています。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【おおかみこどもの雨と雪】花やお父さんの年齢は何歳?

映画『おおかみこどもの雨と雪』は、割と年齢スパンが長いストーリーです。

お父さんであるおおかみおとこが、死んでからが長いですよね。

花やお父さんの年齢は、一体何歳なのでしょう?

履歴書の年齢は27歳だった

映画の中で、花の年齢がはっきりと分かるシーンがありました。

新川自然観察の森の観察員アシスタントの面接を受けましたね。

その時の履歴書の年齢欄に「27歳」と書いてあったのです。

映画『おおかみこどもの雨と雪』の花やお父さんの年齢

雪が小学校に上がったタイミングで、花は面接を受けています。

雪は、雪の日に東京で生まれましたね。

なので、12月~2月くらいが誕生日と推測できます。

そうすると、小学校に上がった4月の時点では、雪は6歳

逆算すると、花は21歳の時に雪を生んだことになるのです。

また、履歴書には「中退」の文字もありました。

雪と雨の出産・育児で、学校を休学したとナレーションで言っていましたね。

けれどシングルマザーになって、富山県の田舎に引っ越すことになったので、復学を諦めて中退したのでしょう。

花がおおかみおとこ(お父さん)に出会ったのは、19

映画プログラムには、花が19歳から32歳までの物語であると書かれていたそうです。

なので、花が19歳の時に、おおかみおとこと出会ったことになります。

大学1年生か2年生ということですね。

おそらく20歳で妊娠し、21歳で花を出産、22歳で雨を出産という流れです。

あっと言う間に、花の人生が変わってしまった感じがしますね。

大学を休学・中退するのは仕方なかったでしょうが、奨学金で入った大学なので、はたから見ると少しもったいない気がします。

おおかみおとこ(お父さん)の年齢は?

では、おおかみおとこの年齢は何歳なのでしょう?

映画では、免許証が出てきましたね。

生年月日は、昭和54年2月12日になっていました。

映画公開の2012年は、33歳だったことが分かります。

ストーリーの時代設定も、おそらく同時代になっているはずです。

出会ってから、花が雨を出産するまで3年です。

どの時点で33歳だったのかは分かりませんが、ざっくり言って「30代前半」だったことは間違いないようです。

花との年齢差としては、11~14歳くらいでしょうか。

花とおおかみおとこの彼は、一回りくらいの年齢差があったと言えそうです。

おおかみおとこの名前や出身地などについては、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。








[quads id=1]
スポンサーリンク

【おおかみこどもの雨と雪】花とおおかみおとこの年齢まとめ

花は大学時代に、おおかみおとこと出会い、人生が大きく変わります。

映画は、長女の雪が中学校に入学するところで終わりました。

  • 映画プログラムには、花が19歳から32歳までの物語と紹介されている
  • 観察員アシスタントの面接の履歴書に、27歳と書かれていた
  • 花は、19歳の時におおかみおことと出会い、21歳で雪を、22歳で雨を出産
  • おおかみおとこは昭和54年生まれなので、映画では33歳前後
  • おおかみおとこと花の年齢差は、1114歳差でだいたい一回り違うと推測できる

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク