アニメ映画『時をかける少女』タイトル
スポンサーリンク

アニメ映画『時をかける少女』では、千昭が真琴に「俺と付き合えば?」と告白するシーンがあります。

千昭は、いずれ未来に帰らなくてはならないと分かっていたはず。

なぜ、真琴に告白したのでしょう?

考察してみて「千昭の心情的な理由」と「ストーリー構成上の理由」の2つあると思いました。

また、恋バナに関しては

「なぜ友梨と付き合うことにしたの?」

「最後に、なぜ千昭は真琴とキスしなかった?」

というのも気になりますよね。

この記事では、

  • 千昭が、真琴に告白した2つの理由
  • 真琴が好きなのに、なぜ友梨と付き合うのか?
  • 千昭が、ラストでは告白しなかった理由は?
  • 千昭は、なぜキスを避けた?

について、考察をまとめました。

\原作は魔女おばさんが主人公/


スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭が告白した理由は?

千昭の心情的な理由は?

いずれ未来に帰らなくてはならない千昭は、なぜ真琴に告白したのでしょう?

千昭の心情的な理由としては、「男女交際を体験してみたかったから」ではないでしょうか。

元々、千昭が真琴の時代にタイムリープしたのは、「白梅ニ椿菊図」という絵を観るためでした。

しかし、千昭は次のように語っています。

帰らなきゃいけないのに、いつの間にか夏になった。

お前らといるのがあんまり楽しくてさ。

タイムリミットを過ぎても、真琴と功介といるのが楽しくて帰れずにいたんですね。

また、千昭のセリフから、千昭がやって来た未来は、荒廃した世界のようです。

  • 川が流れていない(環境破壊?)
  • 広い空を見たことがない(地下生活?)
  • 人口が少ない

「白梅ニ椿菊図」が描かれた時代のように、「大戦争と飢饉の時代」から来たと考えられます。

生きるのに精いっぱいで、青春を謳歌するという状況ではなかったのでしょう。

それに引き換え、真琴の時代は平和で自然も豊かです。

生命の危機にさらされることもなく、平穏無事に高校生活を楽しみ、真琴に恋をします。

恋をしたら「もっと一緒にいたい。お付き合いしたい」と思うのは、自然な感情ですよね。

友情だけでなく、もっと踏み込んで恋愛してみたかったのではないでしょうか。

自転車で二人乗りというシチュエーションで、「未来に帰らなきゃいけないけど、真琴と付き合いたい」という気持ちが、ぽろっと出てしまったのかもしれません。

千昭がいつの時代から来たのかは、別の記事をご参照ください。

千昭はいつの時代の人?西暦2660年の未来から来た?

ストーリー構成上の理由は?

映画を見ていると、「千昭が真琴に告白する」というシーンは、絶対的に必要だったことが分かります。

なぜなら、「真琴が人の気持ちをしっかり受け止められるようになる」というのは、

ストーリー上、とても大切な肝の部分だからです。

最低だよ私。

人が大事なこと話してるのに、それを無かったことにして。

どうしてちゃんと聞いてあげなかったのかな?

一度死んだ功介と果穂を救った後、千昭は消息不明になってしまいます。

その時、真琴は千昭の気持ちをきちんと受け止めなかったことを、後悔します。

屋上で号泣していましたね。

『時をかける少女』は、ボーイ・ミーツ・ガールの青春映画です。

そして、青春映画ならば、主人公は必ず何かしらの成長を遂げなければなりません。

真琴の成長のために、千昭が告白するシーンは必要不可欠だったのです。

スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭の告白の2つの謎

千昭は、真琴が好きでした。

となると、2つの疑問が出てきます。

「なぜ、友梨と付き合うことにした?」

「なぜ、最後に真琴に告白しなかった?」

ひとつずつ見ていきましょう。

なぜ友梨と付き合おうとした?

千昭は真琴が好きなのに、なぜ友梨と付き合うことにしたのでしょう?

まず、場面を振り返ってみます。

クラスメイトの高瀬が消火器を投げ、真琴がよけて友梨に当たった後、千昭は友梨と付き合い始めます。

キャッチボールしながら功介が「付き合うの?」と訊くと、千昭は「当然じゃん」と即答。

満面の笑みで、すっごく嬉しそうでしたよね。

真琴が「マジで?」と驚くと、千昭は「ダメ?」と返します。

「オレの趣味を理解してんだよ、友梨ちゃんは」と言ってました。

功介は、「真琴にふられたから、早川さんにしたんじゃないの?」と分析します。

千昭が、浮気症のようにされていて、ちょっとかわいそうでした。

性格からすると、千昭の真琴に対する思いは、そんなに軽くなかったはず。

千昭が、友梨と付き合ったのは、率直に言って制作上の都合だと思います。

なぜなら、千昭が友梨と付き合うことで、真琴の心が大きく揺らぎ、自分の本当の気持ちに気付いていくからです。

ターニングポイント的に、千昭と友梨が付き合うという展開が差し込まれたのだと思います。

千昭が帰り際に告白しなかった理由は?

映画のラストで、千昭が未来に帰る直前、真琴とふたりで川の土手にいるシーンがあります。

真琴は、千昭から告白されることを期待してましたね。

千昭が「帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になった」と言うと、真琴は「そんな言い方してなかった」とすねます。

千昭が、「俺、何て言ったんだよ?教えろよ」と言っても、真琴は言いませんでした。

いよいよお別れという時、千昭が「実は言おうと思ってたことがあるんだけどさ」と切り出します。

告白する?と思ったら「飛び出して、怪我とかすんなよ」というセリフでした。

真琴は、「早く行って!」と怒ってましたね。

千昭は、真琴が好きでした。

想いを伝える最後のチャンスだったのに、なぜ告白しなかったのでしょう?

理由は、真琴を困らせたくなかったからではないでしょうか。

未来に帰れば、もう会えない可能性が高そうです。

そんな状態で告白しても、真琴は困るだろうという思いやりだったのでは。

お互い、切なくなるだけだと思ったからではないでしょうか。

ラストで、千昭が「未来で待ってる」と言った意味や、絵を観ずに帰った理由については、別の記事をご参照ください。

「未来で待ってる」の意味と理由は?絵についてのセリフだった

千昭はなぜ帰った?絵より大切な4つの理由を考察!

スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭はなぜ真琴にキスしなかった?

映画の最後で、千昭は未来に帰ります。

真琴が振り返ったら、千昭は姿を消していました。

真琴が号泣していたら、千昭が戻って来て背後から手を伸ばしました。

そして、真琴を抱き寄せて、耳元で「未来で待ってる」とささやきます。

キスシーン?と期待しましたが、あえてキスを避けたように見えましたよね。

なぜ、千昭は真琴にキスしなかったのでしょう?

理由は2つあると思いました。

千昭の心情としては、真琴が混乱したり困ったりしないように、やはり思いやったからだと思います。

キス逃げみたいにしたくなかったのではないでしょうか。

「なんだアレ?」と思われたくないですよね。

また、制作上の意図としては、「観る人を、キュンと切なくしたかったから」ではないでしょうか。

キスするラストなら、フツーの終わり方ですよね。

でも、「キスしたかったろうに、しなかった」というラストは、

「もう会えないだろう」という予感も相まって、切ない余韻がずっと残りそうです。

スポンサーリンク

細田守監督の作品を無料で観る方法は?

アニメ映画『時をかける少女』を観て、細田守監督の他の作品を観たくなった人もいそうです。

2022年7月1日現在、細田守監督の作品を最もお得に観られるのはHuluです!

5本の作品が、見放題で配信中です。

見放題配信中
  1. 『時をかける少女』2006年
  2. 『サマーウォーズ』2009年
  3. 『おおかみこどもの雨と雪』2012年
  4. 『バケモノの子』2015年
  5. 『未来のミライ』2018年

『竜とそばかすの姫』+スペシャル映像は、550円の有料で視聴できます。

サービス名月額料金無料期間特徴
Hulu1026円2週間日テレ系

\2週間無料/

※当記事の情報は、2022年7月1日現在です。
最新情報は、公式HPからご確認ください。

スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭が告白した理由とキスを避けた理由まとめ

まとめ
  • 千昭が告白したのは、平和で楽しい過去の時代で、もっと恋をしたかったからと考えられる
  • ストーリー構成上も、真琴の成長を描くために、千昭の告白は必要だった
  • 千昭が、ラストで真琴にキスしなかったのは、混乱させないよう思いやったから
  • キスしない結末の方が、切ない余韻が残るという制作上の意図もあったと思われる
スポンサーリンク
スポンサーリンク