映画『ボヘミアンラプソディ』の登場人物ネタバレ相関図
スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、伝説のバンドQUEENとフレディ・マーキュリーのバイオグラフィー映画です。

7080年代に世界を席巻したバンドなので、映画でQUEENのファンになった人も多いでしょう。

この記事では、

  • 登場人物ネタバレ相関図
  • キャスト・声優一覧
  • 簡単ネタバレあらすじ
  • 登場人物のプロフィールや生い立ち・経歴・その後

について、解説しています。



スポンサーリンク

【ボヘミアンラプソディ】登場人物ネタバレ相関図&キャスト!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物相関図とキャストを解説します。

QUEENのマネージャー関係は、誰がどういう仕事なのか、ちょっと分かりにくかったですよね。

相関図だと一目瞭然です。

登場人物ネタバレ相関図

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のネタバレ相関図はこちら。

映画『ボヘミアンラプソディ』の登場人物ネタバレ相関図

登場人物のカードの色分けは以下の通りです。

  • ピンク:QUEENのメンバー
  • ブルー:QUEENのビジネス関係者
  • オレンジ:フレディのプライベー

相関図には盛り込めなかったのですが、フレディ・マーキュリーと、パーソナルマネージャーのポール・プレンターは、一時期は恋人同士でした。

ちなみに、ジョン・リードは、「クイーンのマネージャー」です。

ジョンが解雇された後は、マイアミことジム・ビーチが、クイーンの新マネージャーとなっています。

映画では、新旧交代が説明されていないので、「どうして弁護士のマイアミさんが、ライブエイドのステージにいるの?」と思った人も多いかもしれませんね。

ちなみに、EMI社長のレイ・フォスターは、モデルはいるものの、実は架空の人物です。

また、フレディはメアリー・オースティンについては、生前のインタビューで「内縁の妻」「唯一の親友」ということをよく言っていました。

けれど映画の範囲では分かりやすく「元恋人」と表記しています。

『フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生』という自伝本では、QUEENのメンバー4人が、たびたびケンカしていたと書かれています。

ごく小さなことで言い争うんだけど、それは4人とも巨大がエゴの持ち主だからで、そういう運命なんだ。とはいえ、僕らはとっても仲が良い。

引用:『フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生』

みな自分の曲を1曲でも多くアルバムに入れたくて、ケンカになったのだとか。

映画では「バンドは家族だ」というセリフがよく出てきますが、前述の自伝本では「クイーンは音楽グループであって、家族じゃない」と断言しています。

ちょっと意外なのですが、フレディはメンバーについて

フレディとメンバーの関係
  • 仕事仲間であり、太い絆はない
  • ほぼ毎日、仕事で顔を合わせる
  • プライベートではなるべく距離を置きたい
  • 四六時中、自分の人生を同じ人間にうろうろされたら、気が狂う
  • 4人を結び付けているのは音楽

だと、自伝の中で語っています。

あくまでも「仕事仲間」であり、ある意味ではライバルだと言えます。

メアリー・オースティンとの友情とは、だいぶ異なる関係だったようです。 

『ボヘミアン・ラプソディ』キャスト&声優一覧

役名キャスト劇場版吹き替え声優
フレディ・マーキュリーラミ・マレック櫻井トオル
メアリー・オースティンルーシー・ボイントン川庄美雪
ブライアン・メイグウィリム・リー北田理道
ロジャー・テイラーベン・ハーディ野島裕史
ジョン・ディーコンジョゼフ・マゼロ飯島肇
ジョン・リードエイダン・ギレン志村知幸
ポール・プレンターアレン・リーチ鈴木正和
ジム・ビーチトム・ホランダー赤城進
レイ・フォスターマイク・マイヤーズ咲野俊介
ジム・ハットンアーロン・マカスカー佐々木優子
デビッドマックス・ベネット下川涼

【ボヘミアン・ラプソディ】簡単ネタバレあらすじ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、伝説のバンドQUEENとフレディ・マーキュリーのバイオグラフィ映画です。

そのため、回想シーンなどのカットバックがなしで、時系列に物語が進むのが特徴です。

あらすじを簡単に簡潔に、箇条書きで紹介します。

  • フレディが、「スマイル」のライブでメアリーと出会う
  • フレディが、バンド「スマイル」の新ボーカルとして加わる
  • メンバーやメアリーとその父を、誕生日パーティに招待
  • エルトン・ジョンのマネージャーであるジョン・リードから連絡くる
  • EMIと契約し、一躍スターとなり、世界ツアーを回る
  • フレディがメアリーにプロポーズ
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されている「オペラ座の夜」のレコーディング
  • EMI社長のレイ・フォスターが、「ボヘミアン・ラプソディ」に大反対
  • 世界ツアーが続き、フレディとメアリーは、ほとんど会えない状態
  • フレディが、自身のセクシャリティについて、メアリーに告白
  • ケンジントンのウェストロッジに自宅を購入し、メアリーは隣家に
  • クリスマス・パーティで、ジム・ハットンと出会う
  • ソロの話を断り、ジョン・リードを解雇
  • フレディの体調に異変が出始める
  • レディがソロ契約し、メンバーとケンカ
  • ポール・プレンターが周囲との連絡を取り次がなくなる
  • メアリーが妊娠を告白、フレディがポールを解雇
  • メンバーと仲直りし、フレディがバンドに復帰
  • フレディが、ジム・ハットンと再会
  • ライブエイドでQUEENが伝説のパフォーマンス披露

映画では、ライブエイドがクライマックスシーンとして使われていますね。

本物のライブエイドでは、6曲演奏されたましたが、劇場版『ボヘミアン・ラプソディ』では2曲カットされています。

劇場未公開の2曲も入った完全版『ボヘミアンラプソディ』が、Huluで配信されています。

6/4の金曜ロードショー放送直後から、2週間限定の配信

完全版の配信は、Huluが世界初だそう。

無料で見られるこの機会をお見逃しなく!

>>Huluの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して2週間は無料体験できます。
※本ページの情報は21年6月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【ボヘミアン・ラプソディ】登場人物の経歴やその後

この章では、

  • QUEENというバンド
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物

について、プロフィールやエピソードを解説します。

バンド「QUEEN

フレディとブライアン、ロジャーの3人は、1960年代後半に、ロンドンで出会いました。

映画でも紹介されていたように、バンド「スマイル」の新ボーカルとして、フレディが後から加わった形です。

1970年に「QUEEN」と名前を変え、1971年にはディーコンが加わりました。

バンド名について、フレディは自伝の中で次のように語っています。

クイーンの名前はかなり早くに思いついた。キングはありえなかったね、クイーンみたいな響きもオーラもないし。

威風堂々としていた、壮麗な響きもあった。強くて、とっても普遍的で、即自的。

ビジュアル面の可能性も大いに秘めていたし、ありとあらゆる解釈にオープンだった。

今思えば、クイーンの名は、あの時代に合っていた気もする。

(中略)ゲイ的な含みがあるのはもちろん自覚していたけれど、それはひとつの側面でしかなかったし。

引用:『フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生』

劇中でアルバム『オペラ座の夜』のレコーディングをするシーンがあります。

EMI社長のレイ・フォスター6分間もある「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットには、大反対でしたね。

しかし実際には、イギリスで9週間連続1位のヒットとなります。

ただ、アルバム「オペラ座の夜」はレコーディングが長引き、費用が莫大だったことや、訴訟なども起きたため、ほとんど儲けはなかったそうです。

1991年にフレディが亡くなると、バンド活動は停滞します。

フレディがボーカルを務める最後のアルバムは、死後4年経った1995年にリリース。

1997年に「No-One But You」をレコーディングしますが、ライブなどはほとんど行いませんでした。

長い模索の後、2005年に「クイーン+ポール・ロジャース」という形で、世界ツアーを開始。

ポール・ロジャースが、フレディの後継者としてクイーンに加入する形ではありませんでした。

ちなみに、すでに引退していたギターのディーコンは、ツアーには参加していません。

2010年にはEMIとの契約を終了し、ユニバーサル・ミュージックと契約。

2011年からは「クイーン+アダム・ランバート」として、ツアーなど回っています。

ちなみに、新ボーカルのアラム・ランバートも、映画『ボヘミアン・ラプソディ』に、ちょい役で出演しています。

フレディが、世界ツアー先からメアリーに電話をするシーンで、後ろを通るヒゲの男性がランバートです。

2020年は、コロナ禍でツアーができなかったため、クイーンはランバートとアルバムをリリースしています。

フレディ・マーキュリー

フレディ・マーキュリーwikiプロフィール
  • 本名:ファルーク・バルサラ
  • 生年月日:194695
  • 死没日:19911124(享年45)
  • 出生地:ザンジバル島(タンザニア)
  • 宗教:パールーシー教徒(ゾロアスター教)
  • 映画キャスト:ラミ・マレック

フレディは、イギリスの保護国だったタンザニアのザンジバル島で生まれます。

8歳になると、インドの全寮制のイギリス式寄宿学校に入れられます。

17歳になると、ザンジバルに戻って家族と暮らしますが、治安上の理由からイギリスへ移住

イーリング・アートカレッジで、グラフィックデザインを学びました。

卒業後にアルバイトをしながら、ブライアン・メイたちとバンド活動をし、「QUEEN」を結成。

4オクターブの声で世界を魅了し、一世風靡しますが、1991年にエイズの合併症で亡くなりました。

フレディの生涯については、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。

メアリー・オースティン

メアリー・オースティンのwikiプロフィール
  • 生年月日:1951年生まれ
  • 出身地:ロンドン
  • 二児の母親映画
  • キャスト:ルーシー・ボイントン

メアリー・オースティンは、ロンドン南部のバターシー地区の貧しい家でに生まれ育ちました。

両親はどちらも耳が不自由で、父親は壁紙職人、母親はメイドとして働いていました。

家が貧しかったため、学校を中退し、15歳から地元ホテルの受付として働いています。

メアリーがフレディと出会ったのは19歳で、Bibaというブティックで働いていた時。

2人は出会ってすぐに意気投合し、一緒に暮らし始めます。

22歳の時にフレディに求婚されましたが、25歳の時にフレディが「バイセクシャル」と告白し、恋愛関係に終止符がうたれることに。

しかし、その後も友人としての関係は生涯続き、フレディの死後は遺産の半分を相続しました。

フレディは、「真の友人は、メアリーだけ」と生前によく語っており、2人の絆の深さが伺えます。

ブライアン・メイ

ブライアン・メイwikiプロフィール
  • 本名:ブライアン・ハロルド・メイ
  • 生年月日:1947719
  • 出身地:ロンドン
  • ギター&ボーカル
  • 映画キャスト:ブライアン・メイ グウィリム・リー

ブライアン・メイは子どもの頃から頭がよく、11歳の時にハンプトングラマスクールで、奨学金を獲得しています。

特に理系学科が得意で、インペリアル・カレッジ・ロンドンでは数学と物理学を専攻。

大学院へ進み、天体物理学の博士課程に進みますが、QUEENの活動が忙しくなり、研究を一時断念します。

2006年に、博士号習得のため再び勉強をはじめ、論文を書いて修了)

音楽も好きで、16歳の時に電気工学エンジニアの父と、エレクトリックギター「レッド・スペシャル」を自作するなどしています。

大学時代にバンド「スマイル」を結成し、フレディと出会うことに。

最初の結婚は、1974年から1988年までで、妻はクリスティーン・マレン

3人の子どもがいます。

夫婦間にはだいぶ問題を抱えていたようです。

80年代後半から90年代前半にかけて、ブライアン・メイは重度のうつ病で、自殺まで考えたそう。

2度目は、2000年に女優のアニタ・ドブソンと結婚し、現在にいたっています。

ロジャー・テイラー

ロジャー・テイラーwikiプロフィール
  • 本名:ロジャー・メドウズ・テイラー
  • 生年月日:1949726
  • 出身地:ノーフォーク(イギリス)
  • ドラム&ボーカル
  • 映画キャスト:ベン・ハーディ

ロジャーは早熟で、友人と7歳の時に人生最初のバンドを結成しています。

その時の担当楽器は、なんとウクレレ

ずっとギターを習っていましたが、中学生の時のバンドでドラムに転向。

成績も優秀で、ロンドン病院医科大学で歯学を学ぶも、飽きてしまったそうで生物学を学びます。

イーストロンドン工科大学で、理学士を取得しました。

1969年に出会ったフレディと、同居して古着を売るなどして生計を立てていました。

クイーンのメンバーとしては一番最初に、ソロデビューしました。

フレディとは違い、反核など社会的なテーマで音楽活動もしていています。

28歳の1977年に、ドミニク・ベイランドと結婚し、2人の子供ができましたが、離婚。

51歳の2010年に、サリーナ・ポトギーターと再婚しています。

ジョン・ディーコン

ジョン・ディーコンwikiプロフィール
  • 生年月日:1951年8月19日
  • 出身地:レスターシャー(イギリス)
  • ベース&ボーカル
  • 映画キャスト:ジョゼフ・マゼロ 

ディーコンは、子どもの頃から機械が好きで、自分で録音機器などを自作しています。

ロンドンのチェルシー・カレッジで電子工学を学び、試験はほとんどAという優秀な成績を修めています。

14歳からバンド活動を始め、友人の紹介で20歳の時に、QUEENに加入

1991年にフレディが亡くなると、ソロ活動もほとんど行わなくなります

1997年には引退し、「クイーン+アダム・ランバート」などのツアーには参加していません。

ポール・プレンター

ポール・プレンターwikiプロフィール
  • 生年月日:1946年生まれ
  • 出身地:ロンドン
  • 死没日:19918(享年45)
  • 映画キャスト:アレン・リーチ

ポール・プレンターは、1977年から1986年まで、フレディ・マーキュリーの個人専属マネージャーでした。

一時期は、フレディと恋人関係でもありました。

ポールは、サン紙にフレディの私生活を暴露する一方で、フレディには「メディアに強いられている」と言い訳。

映画では、ライブエイド前に解雇されているように描かれていますが、実際に解雇されたのはライブエイド後の1986年です。

その後ポールは、フレディが亡くなる3カ月前に、エイズの合併症で亡くなっています。

ポール・プレンターの暴露話については、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。

ジム・ハットン

ジム・ハットンwikiプロフィール
  • 生年月日:1949年1月4日
  • 出身地:アイルランド
  • 死没日:201011日(享年60歳)
  • 映画キャスト:アーロン・マカスカー

ジム・ハットンは、サヴォイホテルの美容師として働いていました。

映画では、フレディが自宅で開いたクリスマス・パーティで出会ったことになっていますね。

実際には、19853月に「ヘヴン」というゲイバーで知り合っています。

それ以後は、7年間フレディの恋人として、最後まで一緒にいました。

1990年には、自身もHIVに感染していることが判明しましたが、フレディには1年ほども告白していません。

フレディの死後は、遺産の一部を相続し、アイルランドに帰国

晩年には『フレディ・マーキュリーと私』という本を出版しています。

2010年の元旦に、肺がんで亡くなっています。

ジム・ハットンとフレディの馴れ初めや、フレディ亡き後の晩年などについては、別の記事に詳しくまとめていますので、ご参照ください。

ジョン・リード

ジョン・リードwikiプロフィール
  • 生年月日:1949年9月9日
  • 出身地:スコットランド
  • 映画キャスト:トム・ホランダー 

18歳でEMIのプロモーターとなり、22歳で自分の会社を設立。

21歳の時に出会ったエルトン・ジョンとは、5年間恋人同士でした。

ジョンと破局した後も、1988年までマネージャーを務めています。

その一方で、1975年から1978年まで、QUEENのバンドマネージャーでもありました。

50歳の1999年には経営から引退しています。

ジム(マイアミ)・ビーチ

ジム・ビーチwikiプロフィール
  • 本名:ヘンリー・ジェームズ・ビーチ
  • 生年月日:194239
  • 出身地:グロスター(イギリス)
  • 弁護士兼バンドマネージャー(2代目)
  • 映画キャスト:トム・ホランダー

ジム・ビーチは、2つのカレッジで法律を学び、弁護士になっています。

最初は、QUEENの法的代理人の弁護士として、雇われていました。

フレディから「マイアミ・ビーチ」とあだ名を付けられたのは、実話です。

ジョン・リードが解雇された後は、1978年にQUEEN2代目マネージャーに就任。

映画では、ライブエイドで、ビーチが音量ボリュームを上げるシーンがありました。

「どうして弁護士のマイアミが、ステージにいるの?」と思った人も多いでしょう。

劇中では説明がなく、分かりにくかったですが、あの時にはマネージャーになっていたので、ステージに上がれたんですね。

実際に音量を上げたのは、ビーチではなくサウンドエンジニアのトリップ・カラフでした。

詳しい内容は、別の記事にまとめていますので、ご参照ください。

レイ・フォスター

スポンサーリンク

映画キャスト:マイク・マイヤーズ

レイ・フォスターは、EMI社長として登場しますが、実は架空の人物です。

EMIレコードの幹部だった、ロイ・フェザーストーンがモデルだと言われています。







【ボヘミアンラプソディ】登場人物相関図&キャストやあらすじまとめ

  • 『ボヘミアン・ラプソディ』は、QUEENとフレディ・マーキュリーのバイオグラフィー映画
  • フレディがバンドを結成し、ライブエイドに出演するまでを描いている
  • EMI社長のレイ・フォスターは、架空の人物
  • 映画は、事実を少し変えて演出している部分もある

登場人物相関図やプロフィールなどは、本文をご参照ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク