朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、暢子が矢作をフォンターナに連れていくところで第20週が終わりました。

第21週は、矢作が暢子の店で働くことになります。

この記事では、『ちむどんどん』の第21週「君と僕のイナムドゥチ」のあらすじをネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】21週ネタバレあらすじ(8/29~9/2)

【第101回あらすじ】矢作が暢子の店で働く(8/29)

暢子の店の開店準備は、着々と進んでいました。

料理人として雇われた矢作は、初めての沖縄料理をどんどん覚え、頼もしさを見せます。

しかし暢子への冷めた態度は相変わらずでした。

沖縄では、良子が学校で、地元野菜を活かした給食を始めようと取り組んでいた。

歌子は、少しずつ人前で歌えるようになり、自信をつけます。

一方、賢秀は養豚場で大きな仕事を任されたのでした。

ここが気になる!

週タイトルの「イナムドゥチ」とは、「猪もどき」という意味の、沖縄の郷土料理です。

イナは「猪」、ムドウチは「もどき」という意味なのです。

以前は猪の肉を使ったそうですが、現在は豚肉で作るため、「猪もどき」と呼ばれるようになったとか。

こんにゃくやカマボコを入れて、甘味噌で味付けした汁料理です。

お祝いの席で食べることが多いそう。

もしかすると、暢子の店の開店祝いの時に振る舞われるのかもしれませんね。

【第102回あらすじ】暢子が矢作との関係で悩む(8/30)

矢作は、「料理以外のことは一切やらない」と宣言します。

暢子は、店の料理人の矢作にどう働いてもらうか悩みました。

一方、和彦や智は暢子の働きすぎを心配します。

やんばるの家族も暢子を心配して、暢子を支えるためにある決断をします。

ここが気になる!

矢作は、『ドクターX』の大門未知子みたいになるみたいです。

雇われ人なのに、なぜそんなに偉そうなのかという気もしますが…。

元々イタリアンのシェフですし、暢子とも関係は良くなかったので、なぜ雇ったのだろうとちょっと不思議ですね。

ここから二人が打ち解けていくという展開になるといいのですが。

【第103回あらすじ】歌子が暢子のサポートで上京(8/31)

暢子が矢作との関係に頭を痛めていたとき、突然やんばるから歌子が上京します。

しばらく東京で暢子を手伝うことにしたのです。

歌子の歓迎会が、智や三郎たちも集まって開かれました。

そこで歌子はショックな会話を聞いてしまいます。

その頃、やんばるでは良子が石川からアドバイスを受けて、給食の改良に取り組んでいたのでした。

【第104回あらすじ】智が事故で瀕死に?(9/1)

歌子の歓迎会が終わって一同が解散した後、暢子の元に三郎から緊急の連絡がはいります。

智が事故に遭い瀕死の状態というのです。

暢子は歌子や和彦らを連れて病院に駆け付けますが、誤解の連鎖が招いた連絡だと分かり安堵する。

【第105回あらすじ】暢子の店が大繁盛(9/2)

暢子の沖縄料理店がついにオープンします。

矢作と歌子の働きにも助けられ、店は大繁盛

一方、良子が取り組む“うまんちゅ給食”が2度目の挑戦を迎え、給食室には強力な助っ人が登場します。

<第21週あらすじ|第20週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 考察記事

を毎週更新しています。

全あらすじや、登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクでチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

よろしければブックマークしてくださいね!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】今週放送の関連記事

スポンサーリンク

【ちむどんどん】21週ネタバレあらすじまとめ

まとめ
  • 矢作が暢子の店で働くことになる
  • 矢作が「料理以外は一切やらない」と宣言し、暢子が悩む
  • 歌子が、暢子をサポートするために上京
  • 智が事故で瀕死という誤報が入る
  • 暢子の店がオープンし、大繁盛
スポンサーリンク
スポンサーリンク