朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、暢子が料理大会のハプニングを機転で乗り切るところで第4週が終わりました。

第5週は、賢秀が詐欺に遭い大荒れします。

この記事では、『ちむどんどん』の第5週「フーチャンプルーの涙」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】5週ネタバレあらすじ(5/9~5/12)

【第21回あらすじ】賢秀が詐欺に騙され絶望(5/9)

暢子は助っ人として参加した料理大会の会場で、「東京に行き、料理人になりたい」と爆弾発言。

すっかりその気になってしまう暢子でしたが、その頃比嘉家には暗雲がたれこめます。

賢秀が投資話だと思った者は、実は騙されていただけと分かったのです。

絶望した賢秀は大荒れに荒れてしまい、余波が家族に大きくのしかかったのでした。

ここが気になる!

借金が少し落ち着いた感のあった比嘉家ですが、再び借金を抱え込むかもしれません。

ようやく働きだした賢秀ですが、自分の収入は全部つぎ込んでそう。

それだけでなく、賢秀のことなので、借金して投資してそうです。

となると、母親の優子は、賢秀の借金を肩代わりするのではないでしょうか。

でも結局は、良子の給料が借金の返済に充てられそう…。

兄妹の関係も険悪になりそうですね。

優子はなぜ賢秀に甘い?理由を脚本家がネタバレ!

【第22回あらすじ】比嘉家が経済的に大ピンチ(5/10)

暢子は高校卒業後、上京して料理人になることを夢見ていていました。

しかし兄・賢秀の起こしたトラブルからそれどころではなくなってしまいます。

賢秀は警察沙汰寸前の大ピンチに。

兄を、そして家族の窮地を救うためになぜか妹の歌子が、音楽教師・下地の前で歌わねばならぬ羽目に。

そして一家は経済的に更に窮地に陥り、暢子が上京することは許されなくなっていくのでした。

ここが気になる!

警察沙汰になりそうということは、賢秀は詐欺に遭っただけではなくて、加害者にもなってる可能性がありそうです。

「儲け話があるから」と他人を誘ったのかもしれません。

比嘉家が経済的な大ピンチに陥るのは分かるのですが、

窮地を救うために歌子が下地の前で歌うというのが、気になります!

【第23回あらすじ】暢子が上京を諦め地元就職(5/11)

暢子は卒業後に上京する夢をあきらめざるを得なくなりました。

兄・賢秀は責任を感じてどこへかともなく家を出ていき、暢子は地元での就職が決まります。

けれど、姉の良子は、口では厳しいことを言いながらも、実は暢子を東京に行かせてやりたいと思っていました。

暢子がフーチャンプルーを作ったある夜、母・優子が暢子の上京を再び提案し、長い長い家族の夜が始まります。

【第24回あらすじ】賢秀から手紙が届く(5/12)

暢子がフーチャンプルーを作った、ある夜のこと。

暢子の卒業後の東京行きを巡り、母・優子が始めた議論は、思いもよらぬ展開を見せていきます。

姉の良子も実は暢子の上京のためにお金を作って来ていて、言い出す機会を探っていたのです。

けれど議論の最中に、家を出て行った兄の賢秀から、手紙が届きます。

それはその後の家族の運命を大きく変えていく内容だったのでした。

ここが気になる!

公式ガイドブックによると、賢秀も上京して養豚場で働くことになっています。

もしかすると、賢秀は一足先に東京に行っているのかもしれませんね。

【第25回あらすじ】暢子がついに上京(5/13)

春になり、歌子は転勤が決まった下地から心に残るレッスンを受けます。

昭和47(1972)年5月15日。

沖縄が本土復帰を果たした日、暢子は夢に向かって旅立つため故郷を離れたのでした。

ここが気になる!

暢子は横浜の鶴見に下宿し、東京の銀座にあるイタリアンレストランで働くことになります。

いよいよ6週からは東京編がスタートですね!

宮沢氷魚さん演じる青柳和彦とも再会しそうです。

【東京編】登場人物・キャスト一覧を分かりやすく解説!

<第6週あらすじ第4週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【ちむどんどん】5週ネタバレあらすじ(5/9~5/12)まとめ

まとめ
  • 賢秀が詐欺に遭い騙されていたことが発覚する
  • 家族の窮地を救うために、歌子が下地の前で歌う
  • 暢子は上京を諦めて、地元で就職することに
  • 家を出た賢秀から手紙が届く
  • 暢子は優子や良子の後押しで、夢を叶えに上京する
スポンサーリンク
スポンサーリンク