大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第11話は、伊東祐親・祐清親子が暗殺されるところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第12回のネタバレあらすじ
  • 見どころ解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください。

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

  \裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第11話プチ振り返り
  • 義時が、八重にフラれて男泣き
  • 義経が、義円に行家の軍に加わるよう勧める
  • 梶原景時が、善児を使って伊東父子を暗殺

第12話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 義時が、八重に伊豆に帰ることを勧める
  • 政子が、頼朝の嫡男・万寿を出産

  • 政子が、亀の前を「後妻打ち」して大騒ぎに

  • 大江広元が、頼朝に助言する

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第12回ネタバレあらすじ(3/27)

八重が伊豆に戻る

義時は、伊東祐親・祐清が自刃したことを八重に伝えます。

「見事な最期だったそうです」という義時の言葉に、八重は納得がいきません。

義時は、八重に住み慣れた伊豆の江間の館で暮らすよう勧めます。

その頃、北条家では

  • 実衣と全成が祝言を上げる
  • 政子の出産が間近

となっていました。

また、長年朝廷に仕えていた大江広元が、頼朝の家臣に加わることに。

誰もがなりたがる赤子の乳母夫には比企能員が指名されます。

政子は出産のために、比企の館へ移ることに。

政子が男児・万寿を出産

1182812日、政子は男児を授かります。

名は万寿、後の二代将軍・源頼家です。

頼朝は、義時を隠れ家へ呼びます。

御所では話しにくい内輪話をするための館でした。

頼朝は、

  • 時政は、北条の身内から乳母夫を出したいと望んでいた
  • 一つの家に力が集まりすぎてはいけないので比企にした

と義時に話します。

しかし義時は、乳母夫のことよりも、が頼朝に寄り添い、八重を悪く言うことが気になったのでした。

義時は、伊豆の八重に会いに行きます。

八重は、父と兄を殺したのが頼朝だろうと察していました。

にもかかわらず「あの方は、千鶴丸の敵を取ってくださったのです」と、頼朝に未練を見せるのでした。

政子が亀を後妻打ち

頼朝の嫡男・万寿は、体が弱い子どもでした。                                                              

乳母夫の比企能員は、もしものことがあってはいけないと、気が休まりません。

全成「親の不徳が子に災いをもたらす」と、妻の実衣に頼朝の妾・亀の話をしたのでした。

誰にも言ってはいけないと口止めしたものの、

実衣⇒範頼⇒時政⇒りく⇒政子

へ、あっという間に話が伝わります。

政子が激怒すると、りくは

「京では高貴な方が妾をもつのは、よくあること。

こちらも『後妻打ち(うわなりうち)』で仕返しするのです」

と入れ知恵。

政子は、亀の住まいを打ち壊す計画を立て、りくの兄・牧宗親が実行役と決まりました。

一方、義時は頼朝の愛妾のことを、三浦義村に相談します。

義村は、亀をよそに移すことを提案します。

義時は隠れ家の見張りを、「鎌倉殿のため」とだけ言って義経に頼みます。

夜、義経が門前で見張りに立っていると、牧宗親がやって来ます。

宗親は、「この家は頼朝の妾の家だから、政子の頼みで少しだけ壊すのだ」と正直に言うのでした。

義経は納得し、武蔵坊弁慶に家を壊させて、更には燃やしてしまいます。

頼朝が後妻打ちを処分

翌朝、頼朝は侍所で詮議します。

義経は潔く放火したことを認め、宗親は政子に頼まれたと強調。

頼朝は、義経に謹慎を命じ、義経の放火を止めなかった宗親の髻を切ってしまいます

兄に責任を押し付けられたりくは、御所に乗り込みました。

そもそもの発端は、頼朝の女癖の悪さだと指摘。

政子も駆けつけて、りくと一緒に頼朝の浮気を攻め立てます

頼朝が「下がれ!」と怒鳴ると、今度は時政「わしの大事な身内に、よくもそんな口がきけたな!」と激怒。

時政は、「伊豆へ帰る」と立ち去ってしまいます。

大江広元が頼朝に助言

大江広元は、頼朝の周辺の人間関係を観察し

  • 政子とは、ゆっくり話し合うこと
  • 時政は、いずれ必ず戻る
  • 義経は、戦が始まれば自然と居場所が見つかる
  • 義時を手放してはいけない

と、頼朝に助言するのでした。

そして、広元は何か言いかけて、言葉を濁しました。

<第13回あらすじ第11回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第12話の見どころ解説

第12話のみどころは

第12話の見どころ
  • 八重の未練
  • 後妻打ち騒動
  • 冷静な大江広元

ではないでしょうか。

万寿が生まれるのは、八重と頼朝が別れて7年後です。

ドラマでは、父・兄が頼朝に殺されたと薄々勘づきながらも、まだ頼朝に未練をみせます。

史実的なことを言えば、八重が頼朝の嫡男・千鶴丸を生んだことは事実として伝わっています。

しかし、その後どうなったかは諸説あり、明らかではありません。

入水自殺した、北条や千葉へ嫁いだなど、いろんな話があります。

「ずっと頼朝を思い続ける女性」というのが、三谷幸喜さんの八重なのでしょう。

八重がいつまで頼朝を慕うのか、義時との進展はあるのか、気になりますね。

今回のハイライトは、やはり「政子の後妻打ち」でしょう。

内緒話があっと言う間に伝わったのには、笑ってしまいます。

  • 政子が、亀の家を壊すよう命じた
  • 政子ではなく、実行した牧宗親が処分された

というのは、事実です。

りくが入れ知恵したというのは、演出でしょう。

「武蔵坊弁慶が家を壊し、義経が放火」というのは、明らかに史実と異なります

ありえないですね。

三谷幸喜さんは、ダークな義経を描きたいようで、演出の部分が多いです。

政子の気の強い性格が、よく分かる回です。

小説などでも、政子の「いざ鎌倉へ」演説と並んで、有名で見どころとなる場面

亀にいじめられて不登校ならぬ不出仕になった八重と、対照的ですね。

女性問題が家族中にバレて、職場まで押しかけられての大騒ぎが、面白いです。

征夷大将軍となる人が、かたなしですよね。

こういう人間の情けなさをコミカルに描くのは、三谷幸喜さんの真骨頂ではないでしょうか。

大騒動の後、クールダウンするのが大江広元のシーン。

大江広元は、登場して早々に手腕を発揮します。

大江広元は、のちに「鎌倉殿の13人」の一人となります。

そして、そつなくナンバーツーとなるのです。

「ナンバーツーになるだろうなあ」という納得できる人物であることが、この回で分かりますね。

大江広元の人物像については、別の記事にまとめていますので、ご参照ください。

<第13回あらすじ第11回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第12話の感想

ブログ主の感想

放送終了後に更新します

SNSの反応は?

放送終了後に更新します

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】12話ネタバレあらすじと感想まと

まとめ
  • 義時は、八重に鎌倉を離れて伊豆で暮らすよう勧める
  • 政子が、頼朝の嫡男・万寿を出産
  • 政子が、亀の前を「後妻打ち」して大騒ぎに
  • 大江広元が、頼朝に助言する
スポンサーリンク
スポンサーリンク