映画『スターウォーズ』タイトル画像

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』では、ウェイ・ファインダーというアイテムが出てきます。

ウェイ・ファインダーは2つありますが、映画を観ているとルークの島に3つ目があったように思えますね。

この記事では、

  • ウェイ・ファインダーは3つあったのか?
  • なぜルークの島にウェイ・ファインダーがあったのか?

について、解説します。

スポンサーリンク

ウェイファインダーが3つ?なぜルークの島にあった?

ウェイ・ファインダーは『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の重要アイテムです。

パルパティーンのいる惑星エクセゴルの場所を教えるウェイ・ファインダーを、レイたちは苦労して探しますね。

ウェイ・ファインダーは2つ作られました

  1. 劇中冒頭、惑星ムスタファーで、カイロ・レンが入手
  2. エンドアの月(惑星ケフ・バー)でレイが見つけるも、カイロ・レンが破壊

そのため、レイは結局ウェイ・ファインダーを得ることができませんでした。

カイロ・レンが「もう俺と行くしか道はない。手を組もう」と言いましたね。

しかしレイは「手を取りたかった。ベンの手を」と断って、カイロ・レンのタイファイターで飛び去ります。

レイは、ルークのように惑星オク=トーの孤島に隠遁するつもりでした。

しかし、ルークに説得されました。

レイが「ウェイ・ファインダーがないから無理」というと、焼けた残骸の中にウェイ・ファインダーがありました。

レイは「2つ作られた…」と感慨深そうでしたが、ここで「なぜルークの島に3つめがあるの?」と思った人は、多いのではないでしょうか。

謎解きをすると、ルークの島にあったのは、1つめのカイロ・レンのウェイ・ファインダーです。

カイロ・レンは

  1. 惑星ムスタファ―で、ウェイ・ファインダーを入手
  2. パルパティーンに会う
  3. タイファイターに、ウェイ・ファインダーを置きっぱなし

だったのです。

ルークの島でレイが燃やしていたのは、カイロ・レンのタイファイターでした。

隠遁するための覚悟を決めるためにも、燃やしたのでしょう。

そのタイファイターの残骸の中から、ウェイ・ファインダーを見つけたのです。

そして、惑星エクセゴルに行くために、海中からルークのXウィングを引き上げたのです。

スポンサーリンク

【スターウォーズ】解説・考察記事一覧

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』シリーズをお得に観る方法は?

2022年4月14日現在、『スター・ウォーズ』シリーズを動画配信でお得に観る方法は、

ニーズに合わせて、以下の視聴方法がオススメです。

  • 映画をたくさん観たい人には、Disney+がオススメ
  • 「マンダロリアン」など、オリジナル作品を観たい人には、Disney+がオススメ
  • 観たい映画が3本以内の人には、U-NEXTがオススメ

Disney+以外の動画配信サービスで、『スター・ウォーズ』シリーズを視聴する場合、課金しなければなりません。

2022年4月14日現在、課金料金が最も安いのは、U-NEXTで、199円です。

U-NEXTは、初回登録する場合は、600pt付与されます。

そのため、映画3本以内であればU-NEXTがお得に視聴できます

「シリーズ映画を4本以上観たい」

「マンダロリアンやボバ・フェットを観たい」

という方には、圧倒的にDisney+がオススメです!

年間契約だと、月額契約より2か月分お得です!

小さなお子様がいるご家庭だと、プリンセスものの作品も多いので、

家族で楽しめて、さらにお得感が増しそうです。

サービス名月額料金
年額料金
無料期間初回登録時
ポイント
Disney+ 990円/月※
9900円/年
U-NEXT2189円/月31日間600pt
※Apple App Storeからのご入会は、月額1,000円(税込)です。

SWファンにオススメ/

\3本までならお得/

※当記事の情報は、2022年4月14日現在です。
配信内容は変更になる場合がありますので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

Disney+とU-NEXTで配信している作品一覧

2022年4月14日現在、Disney+とU-NEXTの両方で配信しているのは、12作品です。

  • 『スター・ウォーズ』エピソード1~9
  • 『ローグ・ワン』
  • 『ハン・ソロ』

Disney+では、月額料金内で見放題です。

U-NEXTでは1作品ごとに199円課金が必要です。

Disneyで観られる『スター・ウォーズ』作品は?

Disney+では、『スター・ウォーズ』のオリジナルやアニメシリーズなど、

60本以上の作品が月額料金で、見放題です。

  • Disney+オリジナル:12本
  • シリーズ/スペシャル:22種類
  • ボーナスコンテンツ:32本

他の動画配信サービスでは観られない作品が、こんなにたくさん!

シリーズものだと、例えば「スター・ウォーズ レジスタンス」は40話あります・

ファンでもサイドストーリーのシリーズは、観たことない人も多いのでは。

全シリーズを合計すると、数百のエピソードコンテンツが観られます。

「スター・ウォーズ」ファンには、圧倒的にDisney+がオススメです!

作品の一部をご紹介します。

全作品を確認したい方は、公式サイトからご確認ください。

>>Disney+公式サイト

作品名(一部)
マンダロリアン
ボバ・フェット
ボバ・フェットの伝説
アーマーに隠された素顔
ディズニー・ギャラリー/
スター・ウォーズ:マンダロリアン
スター・ウォーズ:ビジョンズ
スター・ウォーズ:
クローン・ウォーズ ファイナル・シーズン
スター・ウォーズ:バッド・バッチ
LEGO スター・ウォーズ
(シリーズ・オリジナルで11本)
スター・ウォーズ:
クローン・ウォーズ シーズン1~6
スター・ウォーズ レジスタンス
スター・ウォーズ 反乱者たち
ウーキー物語
イウォーク・アドベンチャー
勇気のキャラバン
エンドア:魔空の妖精
「J.J.エイブラムス監督の音声解説」などのボーナスコンテンツ32作品
上記作品一覧は、2022年4月14日現在の情報です。最新情報は、公式サイトでご確認ください。

\SWファンにオススメ/

\3本までならお得/

スポンサーリンク

【スターウォーズ】3つのウェイファインダーまとめ

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』では、レイたち反乱軍は、ウェイ・ファインダーを探し回ります。ウェイ・ファインダーは2つあります。

しかし、映画を観ていると「なぜルークの島に3つ目があるの?」と思う人がいるかもしれません。

  • 2つあるウェイ・ファインダーの一つは、惑星ムスタファーでカイロ・レンが入手した
  • もうひとつのウェイ・ファインダーは、エンドアの月である惑星ケフ・バーにあった
  • ケフ・バーのウェイ・ファインダーは、カイロ・レンが破壊した
  • レイがルークの島で入手したのは、タイファイターに積んであったカイロ・レンのウェイ・ファインダー

スポンサーリンク
スポンサーリンク