朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、良子の不満が爆発するところで第9週が終わりました。

第10週は、二ツ橋シェフの退職話が持ち上がります。

この記事では、『ちむどんどん』の第10週「あの日、イカスミジューシー」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】10週ネタバレあらすじ(6/13~6/17)

【第46回あらすじ】二ツ橋の退職話が持ち上がる(6/13)

暢子は房子の経営する東京銀座のイタリア料理店に勤めて3年ほどが過ぎました。

暮らしにも仕事に慣れ始めた頃、暢子はシェフを務める二ツ橋の技術や能力に改めて尊敬の念を抱いていた。

そんなとき、その二ツ橋が「フォンターナを辞めるかもしれない」、という驚きの知らせが。

沖縄やんばるの実家では、歌子の体調不良が続いて、優子はある決意を固めつつあったのでした。

ここが気になる!

優子のある決意が何か気になります。

歌子の体調に関することなのかもしれません。

大きな病院に歌子を連れて行くのかもしれませんね。

【第47回あらすじ】二ツ橋があまゆに来店(6/14)

暢子はレストランの中で花形のポジション「ストーブ前」を務めたい、という気持ちを強く持っていました。

そんなストーブ前を日々務めているシェフの二ツ橋は、突然「店を辞めるかも」、と言い出し周りを驚かせます。

オーナーの房子も止める気配はありません。

そんな中、ある夜酔っぱらった二ツ橋が、鶴見のあまゆに現れます。

そして予想もしなかった事態になったのでした。

ここが気になる!

「ストーブ前」というのは、ガスレンジ前のポジションですね。

焼く、煮る、炒めるなど、火を使った料理を担当します。

つまりは、メイン料理担当ということで、シェフにとっては花形なのでしょう。

アッラ・フォンターナでは、料理長の二ツ橋が担っているポジション。

3年目の暢子には、まだ遠い道のりのようです。

房子と三郎の関係は元恋人?なぜ二ツ橋は殴りかかった?

【第48回あらすじ】歌子が東京の病院へ(6/15)

暢子の勤めるフォンターナのシェフ、二ツ橋は、とうとう退職願を房子に渡しました。

店がどうなってしまうのか、暢子は心配でたまりません。

そんなとき、沖縄やんばるから、優子が歌子を連れて上京してきます。

相変わらず原因のはっきりしない発熱が続く歌子を、東京の病院で検査をうけさせるためでした。

大都会に驚くばかりの歌子でしたが…。

【第49回あらすじ】暢子が二ツ橋から引き継ぎ(6/16)

暢子は退職を決意した二ツ橋から仕事の引き継ぎを受ける中で、これまで知らなかった房子の過去を知ることになります。

一方、病気のことで上京していた歌子は病院で検査を受けて不安でふさぎがちになるのでした。

優子も暢子も歌子を心配します。

そして、検査結果が出たのでした。

【第50回あらすじ】暢子が新メニューを提案(6/17)

暢子が心配する中、検査の結果が出て心乱れる歌子を優子が優しく受け止めます。

歌子のために料理をする中で、暢子は房子から課題を与えられていた新メニューのヒントが浮かび、房子に提案しました。

そのメニューが、退店を決意した二ツ橋の心に響くのでした。

<第11週あらすじ第10週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【ちむどんどん】10週ネタバレあらすじ(6/13~6/17)まとめ

まとめ
  • 二ツ橋の退職話が持ちあがる
  • 二ツ橋が居酒屋あまゆへやって来る
  • 二ツ橋が退職届を出す
  • 優子が歌子を連れて上京する
スポンサーリンク
スポンサーリンク