朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、暢子が新メニューを提案するところで第10週が終わりました。

第11週は、二ツ橋が大けがして入院する騒ぎが起こります。

この記事では、『ちむどんどん』の第11週「ポークとたまごと男と女」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】11週ネタバレあらすじ(6/20~6/24)

【第51回あらすじ】二ツ橋が大怪我して入院(6/20)

暢子は、房子のレストラン・フォンターナで、シェフの二ツ橋に見守られて修業を続けます。

そして、厨房の花形「ストーブ前」をこなせるまでに成長していました。

そんなある日、二ツ橋が大けがをして入院するという大事件が起きます。

二ツ橋を失った厨房は大混乱。

退院までの1カ月、厨房の司令塔背シェフの役割を誰が担うのか。

房子と二ツ橋は相談して「シェフ代行」を選んだのでした。

【第52回あらすじ】暢子がシェフ代行に抜擢(6/21)

暢子は房子からシェフ代行に指名されました。

矢作をはじめ厨房の仲間たちには衝撃が走り、「親戚びいきだ」という不穏な空気が広がります。

その頃、やんばるでは育児が一段落した良子が、「もう一度働きたい」と石川に訴えていました。

一方で和彦と愛が勤める新聞社でも、男女の役割をめぐる議論から、トラブルが起こります。

【第53回あらすじ】暢子が先輩の反発にあう(6/22)

シェフ代行に選ばれた暢子は、賢秀から「女性だからとなめられないように、強気で」というアドバイスを受けます。

しかし、矢作らの反発にあって頭を悩ませるのでした。

一方、教員への復職を希望する良子に、さまざまな障害が立ちはだかります。

【第54回あらすじ】暢子が優子に相談(6/23)

暢子はシェフ代行として、フォンターナの厨房をうまく仕切ることができません。

矢作たち男性スタッフとの溝が大きくなってしまいました。

どうしたら良いのか、二ツ橋からヒントを貰ったものの、スッキリしない暢子は沖縄の家族に相談をもちかけます。

沖縄やんばるでは良子の復職希望に、さまざまな障害が立ちはだかる中、優子が良子の想いを支えます。

【第55回あらすじ】良子が教員に復職(6/24)

暢子は家族からのアドバイスを受けて、新たな気持ちでシェフ代行の仕事に挑みます。

房子の見守る中、態度を改めた暢子への、矢作たち男性スタッフの反応は…。

沖縄やんばるでは、優子の支えを得て、良子が再び学校の先生として働きはじめます。

和彦が新聞社でまきこまれていたトラブルは、房子のアイディアのおかげで急展開したのでした。

<第12週あらすじ第10週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【ちむどんどん】11週ネタバレあらすじ(6/20~6/24)まとめ

まとめ
  • 二ツ橋が大怪我して入院し、厨房が大混乱
  • 二ツ橋の代わりに、暢子がシェフに抜擢される
  • 暢子が、先輩たちの反発にあう
  • 暢子が、二ツ橋や優子に相談する
  • 良子が、教師に復職する
スポンサーリンク
スポンサーリンク