『アナと雪の女王』の登場人物
スポンサーリンク

大人気ディズニーアニメ『アナと雪の女王』で、アナを助けるクリストフとスヴェン

クリストフは人間ですが、トロールという妖精が家族でしたね。

「クリストフの両親は誰?なぜ孤児になったの?」と思いますよね。

クリストフの生い立ちについては、ジェニファー・リー監督がインタビューで、明かしています。

この記事では

  • クリストフの両親や生い立ちは?
  • クリストフとスヴェンの出会いは?
  • トロールの養子になったきっかけは、アンだった
  • クリストフが着てるのは、スヴェンの親の毛皮?

について、まとめました。


\未公開映像もあるよ!/


スポンサーリンク

【アナと雪の女王】クリストフの生い立ちは?なぜ両親がいない?

『アナと雪の女王』で、アナを助けるヒーロー的登場人物のクリストフ

クリストフの生い立ちは謎めいていますが、映画ではなぜ親がいないのかなどは、明らかにされていません。

クリストフの生い立ちについては、監督のひとりであるジェニファー・リーがインタビューで明かしています。

クリストフの両親は誰?

クリストフの両親が、どういう人だったのか気になりますよね。

両親については監督のジェニファー・リーは、インタビューで言及していません

しかし、クリストフは孤児院にいたと語っています。

子どもの頃から自由が好きで、自立心の旺盛だったクリストフは、孤児院になじめなかったようです。

クリストフは、孤児院を抜け出してこっそり森を探索するのが好きな子どもでした。

そして氷職人たちを見て、氷を切り出す仕事をすっかり好きになってしまうのです。

将来は、自分も氷職人になろうと、大人たちの仕事を観察するようになったのでした。

クリストフとスヴェンとの出会いは?

トナカイのスヴェンは、一応クリストフが飼い主という恰好になっています。

しかし、友達であり家族でもありますよね。

スヴェンが出会ったのは、クリストフが子供の頃です。

英語版の公式ガイドブック『Disney Frozen: The Essential Guide』に、二人の出会いについて書かれています。

子どものクリストフが、子どものスヴェンを助けたことがきっかで、知り合って仲良くなったそう。

ガイドブックを見た人のクチコミによると、

  • スヴェンもみなしごだった
  • クリストフに会う前は、ほとんど死にかけていた

という状況だったようです。

親しくなった二人は、一緒に山の湖で氷を切り出す仕事をするようになります。

『アナと雪の女王』の冒頭シーンで、氷職人たちが働いていますね。

大人たちに交じって、8歳のクリストフと幼いスヴェンも働いていました

トロールの養子になったきっかけはアンだった!

『アナと雪の女王』の映画で、クリストフがアナを助けるために、トロールたちに会わせるシーンがあります。

18歳のアナが、21歳のエルサの魔法に当たって、死にかけます。

「真実の愛」が凍った心を癒すと、トロールに言われるシーンです。

クリストフの家族は、トロールだということも明かされました。

どういういきさつで、クリストフはトロールの養子になったのでしょう?

実は、きっかけはアナだったのです。

エルサが8歳、アナが5歳の時にも、やはりアナはエルサの魔法に当たって怪我をします。

国王と王妃は、トロールにどうしたら治るか相談しに行きます。

国王たちのそりが、夜の森を猛スピードで駆け抜けます。

クリストフとスヴェンが、たまたま見かけて後を追うシーンがありました。

トロールがアナの頭の怪我を治した後、クリストフはトロールたちに見つかります。

そしてトロールのブルダは、クリストフを気に入って養子に迎えるのです。

まとめると、

  • クリストフは、8歳の時にトロールの養子になった
  • 8歳以降は、トロールの村で暮らした

ということですね。

トロールとは何?

トロールは、北欧民話に登場する妖精です。

トロールとは
  • 初期の伝承では、毛むくじゃらの悪い巨人だった
  • 時代が下ると、小さな妖精として描かれた
  • どんな姿にも変身できる能力がある
  • 大きな鼻や大きな耳、醜い姿で描かれることが多い
  • 狂暴で怪力
  • 大けがをしても、すぐ体が再生する
  • 腕がちぎれても、自分でつなぎ治せる

という特徴があります。

怪我してもすぐ治るというのは、『鬼滅の刃』の鬼っぽいですね。

『アナ雪』では、普段は石に変身しているようです。

また、ディズニーらしく、愛嬌のある顔と体で描かれています。

スポンサーリンク

スヴェンが着てるのはスヴェンの母親の毛皮?

さて、少し話が脱線しますが、イギリスの有名なタブロイド紙『ミラー』で、気になる記事を見つけました。

『アナ雪』ファンの間で、次のような怖い噂があるというのです。

クリストフの毛皮の噂
  • 大人の氷職人たちが、スヴェンの母親を殺した
  • みなしごになったスヴェンを、クリストフが世話した
  • 大人の氷職人たちは、スヴェンの母親の毛皮をコートにして、クリストフに与えた

ほとんどホラーで怖しい話ですね。

この噂の根拠となっているのは、クリストフが歌う劇中歌の歌詞

「Reindeers are better than people(トナカイのほうがずっといい)」という歌です。

日本語の歌詞では

「あいつらすぐ俺たちを殴るんだ。でもあんただけは違う」

となっています。

けれど、英語の歌詞は次のようになっているのです。

People will beat you

And curse you and cheat you

Every one of them’s bad except you

直訳すると

「人間はおまえを叩きのめす

 そしてお前を呪い、裏切るだろう

 お前以外のみんなが悪い」

という意味なのです。

この歌詞の意味から、「クリストフが着てるのは、スヴェンの母親の毛皮では?」という解釈になったようです。

クリストフが、スヴェンの親の毛皮を着てたら、確かに「裏切り」みたいな感じはありますよね。

ネットで調べてみたところ、英語圏ではホラーな解釈として噂になっています。

まあ、イギリスの大手タブロイド紙が取り上げるくらいですしね。

スヴェンもみなしごだったようなので、

  • 母親は、人間の仕掛けた罠にかかって死んだ
  • そのためスヴェンは、みなしごになった

という可能性は、結構ありそうです。

けれど、さすがに「スヴェンの親の毛皮をクリストフが着てる」というのは、多くのファンが否定的なようです。

「ディズニーにしては、あまりにもひどすぎる。暗すぎる」と、結構なブーイングです。

もしスヴェンの親の毛皮を着ていたとしても、クリストフ以外の人間ではないかなあという気がします。

グリム童話などは、子供向けの話にしては「怖くて残酷」な話が結構たくさんあります。

けれど、さすがにディズニーだとみんな引いてしまいますね。

劇中歌を英語の原文で聞いている、英語圏ならではの噂としてご紹介してみました。

スポンサーリンク

『アナと雪の女王』をお得に観る方法は?

2021年11月現在、『アナと雪の女王』のシリーズは3作公開されています。

  1. 『アナと雪の女王』 2014年公開
  2. 『アナと雪の女王/家族の思い出』 2018年公開
  3. 『アナと雪の女王2』2019年公開

アナ雪を配信/レンタルしているサービスを一覧でまとめました。

Disney+U-NEXTTSUTAYA DISCAS
定額8プラン
ABEMAプレミアムdTVPrime
Video
アナ雪
199円

450円

330円~

300円~
アナ雪2
199円

450円

330円

299円
アナ雪
家族

199円
×
330円

300円
月額料金990円2189円1958円960円550円500円
ポイント
Tポイント

dポイント

Amazon
ポイント
無料期間なし31日間2週間 2週間 7日間30日間
特徴Desney専門業界最多の配信数DVDレンタル独占配信多い音楽充実Amazonプレミアム
  • Disneyプラスは、2021年10月で無料期間を廃止
  • 「月額料金だけ」で見られて、かつ無料期間があるのは「TSUTAYA DISCAS」
  • 有料レンタルの場合、保有していればポイント支払いOK
  • U-NEXTは、無料トライアル期間中に600ポイントがもらえるので、お得(有料期間は1200ポイント)
  • ABEMAプレミアムは、ポイントサイトを経由してポイントを獲得できる

総合的に見て、『アナ雪』をお得に観られるのは

  • TSUTAYA DISCAS
  • U-NEXT

だと言えそうです。

\600ポイントもらえる!/

\初回2週間無料!/

スポンサーリンク

【アナ雪】クリストフの生い立ちと両親まとめ

『アナと雪の女王』のクリストフの生い立ちは、謎めいていますね。

  • クリストフの両親については、映画でもインタビューでも明かされていない
  • クリストフは、孤児院にいたがなじめなかった
  • クリストフは、死にかけていたスヴェンを助けて仲良くなった
  • クリストフが、トロールの養子になったのは、アナがきっかけだった
  • 英語圏では、劇中歌の歌詞から「クリストフが着てるのは、スヴェンの母親の毛皮ではないか」とミラー紙が報じた

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク