大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第11話は、弟の義円が頼朝と尋ねてくるところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第11回のネタバレあらすじ
  • 見どころと史実解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを、まとめて読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

  \裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第10話プチ振り返り
  • 常陸の佐竹義政を征伐
  • 八重をめぐって亀や頼朝が動く
  • 頼朝の弟たちが集まる

八重をめぐる頼朝と義時の会話が面白かったですね。

第11話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 義時が八重にフラれる
  • 義経が、義円に行家の軍に加わるよう勧める
  • 梶原景時が、善児を使って伊東父子を暗殺

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第11回ネタバレあらすじ(3/20)

義時が八重にフラれて男泣き

義時に(小栗旬)夫婦になる話を持ちかけられた八重(新垣結衣)は、義時を軽く袖にします

義時は男泣きし、仕事に打ち込むことで悲しみを紛らわせるのでした。

政の規模が大きくなり、義時の仕事も増えていたのです。

1180年には、鎌倉の御所が完成します。

義時は、挙兵以来の豪族たちの武功を取りまとめます。

頼朝は、武功を元に御家人たちに恩賞を分け与えることにします。

頼朝は、伊東家と江間次郎の所領を召し上げて、北条家に与えることに。

他の論功行賞は、義時に一任したのでした。

  • 和田義盛は、侍所別当
  • 梶原景時は、義盛の配下・侍所の所司
  • 上総広常は、御家人筆頭

などの采配をふるいます。

義盛は、決起した時に「一番の働きをしたら、侍大将にしてくれ」と頼み、

頼朝も「働き次第で侍所の別当にする」と約束していたのでした。

頼朝は、御家人一同を侍所へ集め、所領を与えて主従の契りを交わします。

関東に、独自の政権が生まれたのでした。

北条家の人間模様

政子が御台所となり、格下扱いとなったりくは、おもしろくありません。

夫の時政も、働きのわりには頼朝から軽んじられていると感じるのでした。

一方、義時の妹・実衣は、全成と親しく心を通わせていきます。

義円は、武術に優れ、孫子を語り、和歌も詠みます。

頼朝や政子から評判の良い義円に、義経は嫉妬を感じるのでした。

また京では、以仁王をかくまった園城寺や、平家に盾突く東大寺を、清盛が焼き討ちにします。

義円が行家と鎌倉を出立

1181年、頼朝討伐を命じて、平清盛が亡くなります

後白河法皇は、大喜び。

平宗盛は、政権を後白河法皇に返上しますが、遺言を守って頼朝追討の院宣を求めます。

京の情勢に反応したのは、頼朝の叔父・源行家

頼朝から相手にされなかったため、弟たちを説得して平家を討伐しようとします。

義経たちは応じませんが、義円は京で行家に世話になったことがあり、むげにできません。

義円を邪魔に思っていた義経は、行家と出立するよう義円に言います。

義円は、頼朝宛ての手紙を義経に託して、行家と出立。

義円が鎌倉を出ると、義経は手紙を破り捨てるのでした。

一部始終を見ていた梶原景時は、頼朝に知らせます。

頼朝は義経を呼び、叱責。

男子に恵まれない頼朝は、いずれは義経に跡を継がせたいと考えていると告げます。

行家の軍勢は、墨俣川で平家の軍勢と戦い、義円は討ち死にしたのでした。

伊藤祐親と祐清が死亡

政子が懐妊すると、男児が欲しい頼朝は、願掛けをします。

戦で捕らえた者たちに恩赦を与えることにしたのです。

義時は、三浦の館へ行き、伊東祐親と伊東祐清に恩赦を伝えました。

その頃、畠山重忠は、伊藤祐親の雑色だった善児を捕らえます。

処遇に困った重忠は、梶原景時に相談。

善児の持ち物の中から、宗時の物が出てきて、「宗時を討ったのは善児では」と疑います。

御堂では、全成が祈祷していました。

祐親が殺した頼朝の長男・千鶴丸が成仏すれば、功徳によって再び男としての生を受けると言います。

全成は、伊藤祐親が生きている限り、千鶴丸は成仏しないだろうと頼朝に告げます。

全成の言葉を聞き、梶原景時は即座に計略をめぐらせたのでした。

梶原景時は、善児に伊藤祐親と祐清を殺させます

しかし景時は「自害した」と報告したのでした。

祐親と祐清の遺体がないことから、自害を疑った義時に、景時は「頼朝の指図」と言うのでした。

義時は頼朝に「人を許す心が徳となるのではないですか」と詰め寄ります。

しかし、頼朝の心を動かすことはできませんでした。

全成が占うと、千鶴丸を殺めた者が生きているため、成仏できないという結果がでます。

梶原景時は、善児を雇おうとしていました。

<第12回あらすじ第10回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第11話の見どころ・史実解説

第11話のみどころは

第11話の見どころ
  • 義時がフラれて男泣き
  • 義経の陰謀
  • 伊藤祐親と祐清の暗殺

ではないでしょうか。

三谷幸喜さんは、人間のダメなところにスポットを当てて、チャーミングに仕立てるのが得意。

三谷さんにかかると、後に執権となって権力を振るう北条義時も、フラれて泣いてしまうんですね。

落ち込んだ時の処方箋は、男性の場合は「仕事か酒」と昔から相場が決まっているようです。

11話では、いくつもの陰謀がめぐらされます。

  • 義経が義円に嫉妬して陰謀をめぐらせ、手紙を破り捨てた
  • 梶原景時が、伊藤祐親と祐清を暗殺した

というのは、史実ではありません

  • 義経は、頼朝をとても慕っていた
  • 梶原景時は、義経のことをたびたび頼朝に讒言していた
  • 伊藤祐親は、千鶴丸を殺害したことを悔いて、自害した

のは事実です。

この辺りを膨らませた演出でしょう。

三谷幸喜さんは

「義経は、ヒーローだからと美化されすぎ。

もっと人間臭いダメなところもあったはず」

と考えているのかもしれません。

ことさら義経をダークに描こうとしているように感じます。

その他、11話で個人的に気になるキャストは、平重盛を演じる小泉孝太郎さん。

源平マニアのブログ主は、義経が一番好きですが、平家では平重盛が大好きです。

平重盛とは対照的で、平家の長男にして人格者、雅で仕事もできる人物なのです。

清盛が、横暴で傲慢な政治をしなければ、平家は重盛の代で盤となったに違いありません。

平家が武士として手腕を発揮したのは、清盛の代まで。

息子たちは、武士というよりも公家に近い育ちをしているため、戦には向いていませんでした。

軍神・義経に、あっという間に滅ぼされてしまいます。

<第12回あらすじ第10回あらすじ>


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第11話の感想

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【八重】

【北条政子】

【三浦義村】

【比奈】

【源義経】

【静御前】

【大姫】

【善児】

【キャスト】

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】11話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 八重にフラれた義時が、男泣きに泣く
  • 義円は、行家の平家討伐軍に加わる
  • 男児出産の願掛けで、伊藤祐親や祐清が赦免される
  • 梶原景時が、善児を使って伊東父子を暗殺
スポンサーリンク
スポンサーリンク