大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の前回は、頼家が病気になるところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第31回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

\裏話が満載/


【鎌倉殿の13人】今回の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 頼家の病気で、後継者問題が深刻化
  • 北条義時が、比企能員を陥れて一族まるごと滅ぼす

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第31回ネタバレあらすじ(8/14)

御家人たちの権力争い

建仁3(1203)年7月、頼家は父・頼朝と同じような重い病状で、回復は期待できません。

比企能員は、娘せつが産んだ一幡を跡継ぎにつけるため、朝廷とのやりとりを勧めようとします。

義時が異を唱えて、大江広元、三善康信、二階堂行政が同意し、状況を見守ることに。

源氏嫡流の血を引く千幡、一幡、善哉の乳母夫を務める御家人たちの権力争いが起こります。

その頃、京で修業していた全成の嫡男が、全成の陰謀に加担したとして誅殺されます。

比企能員が、裏で指図していたのでした。

義時は、十歳の千幡を推すことを決意するのでした。

義時が比企を滅ぼすと決意

8月になると、義時は宿老たちに「鎌倉殿のお役目を、千幡様と一幡様で二つに分けよう」と、意表をつく提案をします。

比企は腹を立てて帰ってしまいます。

義時は、宿老たちに「拒んだのは向こうでござる」と念を押しました。

そして大義名分が立ったとして、比企を滅ぼすことを決意

政子は「一幡の命は助けてあげて」と孫の命乞いをします。

義時は、仏門に入っていただくといってその場を出ますが、

泰時には「戦になったら、母子ともども真っ先に殺せ」と命じたのでした。

その頃、比奈は実家の比企館に行った帰りに、別室での会話を立ち聞きします。

比企が三浦と手を結ぼうと根回ししていることを、比奈は義時に報告。

義時は、幼い千幡が次期鎌倉殿になった時に、代わりに鎌倉を率いる覚悟があるか、時政に問います。

時政は「ある!」と即答し、再び比企能員に「全国を二分する」という案を打診します。

能員は当然ながら断り、交渉は決裂したのでした。

比企一族の最期

翌日、義時は、「一幡が後継者という案を受け入れる」と言って、比企能員に和議を申し入れます。

能員は、肝のすわったところを見せようとして、丸腰で北条館へ出向きます。

すると待ち受けていたのは、武装した北条勢と、味方にしたはずの三浦勢でした。

比企能員は、討ち取られてしまいます。

北条勢はそのまま比企館へ押しかけて取り囲みます。

能員の妻・道は、まず比企尼を逃がし、せつには一幡とともに生き延びるよう言って逃がしました。

せつが廊下を逃げていくと、善児と弟子のトウがたちはだかり、せつを斬り捨てます

善児は、次女に抱かれる一幡をじっと見つめるのでした。

政子の居室で待つ義時のところへ、時房が「すべて決着した」と報告へやって来ます。

時政と義時は、政子やご家人たちに、比企を討ち取ったと報告。

義時は「残念ながら、一幡様はいまだ行方知れず。新たな鎌倉殿には千幡様にお願いすることになりました」と告げます。

その時、頼家が意識を取り戻し「すぐにも一幡に会いたい。せつを呼んでくれ」と言い、義時と政子が愕然とするのでした。

<第32回あらすじ第30回あらすじ>

【鎌倉殿の13人】第31話の見どころ・史実解説

第31話の見どころ

第31話のみどころは

第31話の見どころ
  • 北条家が、比企を一族まるごと滅ぼす
    (比企能員の変)

ではないでしょうか。

ドラマでは、比企能員がかなり権力に執着して、あれこれ根回し政治をしています。

しかし義時も、ここにきて腹黒さが更に増した感がありますね。

「真っ先に一幡様を殺せ。生きていれば、必ず災いの種となる。母親ともども…」

と義時が言う場面では、ゾッとした視聴者も多いのでは。

第1話あたりで「わたしは政治は苦手です」といって、帳簿整理の方が気が楽だと言っていた義時は、

もうどこにもいない感じがしますよね。

【解説】史実との違い

比企の変に関しては、「北条家が、謀略で比企一族を滅ぼした」というのは、歴史の有力説に沿っています。

しかし、細かいところは色々脚色・演出していますね。

比企の変の主な史料としては、北条の正史書『吾妻鏡』と比企の親戚が書いた『愚管抄』があります。

両者の言い分は、食い違うところも多いです。

『吾妻鏡』は言い訳がましく思えるくらい、比企を討つ大義名分について、事細かく書き残しています。

比較してみましょう。

北条の『吾妻鏡』比企の『愚管抄』
首謀者北条政子北条時政
経緯政子が、頼家と能員が時政討伐の密談を盗み聞きする
 ↓
政子が、すぐに時政に知らせる
 ↓
時政が、大江広元に相談に行く
 ↓
政子が、比企討伐を命じる
頼家は、大江広元宅で病に伏していた
(時政は、広元に相談できなかったはず)
一幡焼死した北条に殺害された
頼家政子の命令で幽閉

となっていますが、ドラマでは

  • 義時が首謀者
  • 時政が共謀者
  • 政子は蚊帳の外

みたいになってます。

ドラマ主人公の義時が、首謀者にされてますね。

また、頼家は病気で臥せっていて、何も知らないという演出でした。

比企の変の後に、北条が一気に勢力を増しているので、「北条の謀略で、比企が滅んだ」という見方が主流です。

北条が「比企は陰謀を企てている」とでっちあげて、一方的に攻め入ったということですね。

北条館に招かれた比企能員が丸腰だったことから、信ぴょう性が高いと言えそうです。

ドラマが、史料に沿った再現しているのは

史料に沿って再現
  • 北条が、諸国守護をふたつに分けようと主張した(吾妻鏡)
  • 頼家は、病気で寝たきり(愚管抄)
  • 比企能員は、丸腰で北条館を訪れた(小代文書)

というところ。

ただし「国を分けよう」と主張していたのは、政子だったようです。

ちなみに実際、頼家は病床で、実際に諸国守護を弟・千幡と息子・一幡のふたりに分けています。

なお、せつや一幡を殺害したのは、善児とトウという演出になっていましたが、ふたりとも実在しない人物です。

骨肉の争い過ぎて視聴者が引きそうなので、北条家の汚れ役は善児とトウが引き受けるという演出になっているのでしょう。

善児とトウは、今後も暗躍しそうですね。

<第32回あらすじ第30回あらすじ>

   \比企の変は7巻/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第31話の感想

ブログ主の感想

放送終了後に更新します

SNSの反応は?

放送終了後に更新します


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】31話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 頼家の病気で、後継者問題が深刻化
  • 北条義時が、比企能員を陥れて一族まるごと滅ぼす
スポンサーリンク
スポンサーリンク