映画『マトリックス』シリーズ
スポンサーリンク

『マトリックス・レザレクションズ』では、前作で死んだはずのネオとトリニティーが生き返っていました。

生き返らせたのは、アナリストでしたね。

「なぜ死んだネオとトリニティーを、わざわざ生き返らせたの?」

「なぜまた、二人をポッドに入れたの?」

と思った人も多いでしょう。

この記事では、

  • ネオとトリニティーが、生き返った理由は?
  • アナリストは、どうやって生き返らせた?

について、分かりやすく考察と解説をまとめました。

スポンサーリンク

【マトリックス・レザレクションズ解説】アナリストがネオとトリニティーを生き返らせた理由は?

『マトリックス4』では、アナリストが

  • ネオとトリニティーを生き返らせた
  • マシンシティの電力畑で向かい合わせでポットに接続

ということをしていました。

「なぜふたりを生き返らせたの?」と疑問ですよね。

分かりやすく解説します。

【背景】休戦でマシンシティは電力不足に

まず、3作目の『レボリューションズ』の後に起きたことから、押さえておきましょう。

『マトリックス3』のラスト
  • トリニティーが死亡
  • ネオとエージェント・スミスも死亡
  • 7番目のマトリックスの創造

  • 預言者は生き返って復活
  • マシンシティと人間は休戦

ということが起きました。

「設計者」は、「マトリックスから出たい人間は、出してやる」と言っていました。

これが『マトリックス3』のラストシーンですね。

その後、マトリックスから出た人間が多かったのでしょう。

マシンシティは電力不足となり、マシン同士が戦争を始めました。

結果、どうなったかというと

『マトリックス4』までに起きたこと
  • 預言者は「新しい力が起きる」と予言して死亡
  • 7番目のマトリックスが終了
  • アナリストが8番目のマトリックスを創造

となったのです。

アナリストは、「設計者」を「前任者」と言ってたので、「設計者」も死亡したのでしょう。

おそらく、「電力不足でマシンシティを危機に陥れた」ということで、「使えないプログラム」として削除されたと思われます。

ネオとトリニティーが復活することになった背景には、「深刻な電力不足」があったのですね。

【解説】アナリストがネオとトリニティーを生き返らせた理由は?

では、電力不足とネオやトリニティーに、どんな関係があるのでしょう

アナリストのセリフをヒントに、考えてみましょう。

アナリストは

アナリストのセリフ
  • ネオが悪夢を見る理由は、アウトプットを最大にしたから
  • ネオが苦しむほど、エネルギーが増える
  • アナリストは、就任以来、毎年発電量を増やしている

と言っていました。

つまり、マシンシティの電力不足を、ネオで補っていたのですね。

ネオは人間なので、肉体があります。

しかし「救世主」なので、普通の人間とは異なって、マトリックスでは超人的でしたよね。

なので、発電量も膨大なのでしょう。

しかし、ネオは簡単にポッドに接続されたわけではありませんでした。

ネオが、抵抗して拒絶する様子がありましたね。

ネオからしたら、またマトリックスに繋がれるなんて、到底受け入れません。

アナリストは、何年もソースコードを試行錯誤した結果、トリニティーも生き返らせたのです。

アナリストのセリフ
  • 2人を生き返らせるのは費用がかかる
  • ネオとトリニティーは、2人そろって価値がある
  • しかし、2人が触れ合うと、マシンシティには危険

ということで、接触しないように、向き合う形でポッドに接続したのです。

すると、アナリストいわく「驚いたことが起こった」のです。

ネオは、ポッドに接続されて「電池」になることを受け入れたのですね。

アナリストは、

アナリストのセリフ
  • 前任者(設計者)は、正確さと好んで、人間の心を嫌った
  • だから、設計者は、ネオにとっての世界はトリニティーだと分からなかった
  • 人間の感情は、フィクションを現実に仕立て上げる
  • マトリックスの抵抗者は、ゼロになった
  • 8番目のマトリックスの成功のカギは、ネオとトリニティー

と言っていました。

「手にしていないものを切望しながら、失うことを恐れている」ということが、

「99.9%の人間にとっての現実だ」とも言っていましたね。

7番目のマトリックスまでは、人間の心理プログラムは「預言者」でした。

預言者が「選択を与える」という方法を編み出したことで、人間たちはマトリックスを受け入れたと言っていましたね。

アナリストは、ネオとトリニティーをつかって「欲求と恐怖」で、人間たちにマトリックスを受け入れさせることに成功したのです。

だから「抵抗者はゼロ」になったのです。

マトリックスから出ようとする人間がいなくなったため、電力供給は右肩上がりになったんですね。

結果、「選択」という心理プログラムは必要なくなり、預言者は削除されたのでしょう。

まとめると、

ネオとトリニティーが生き返った理由
  • アナリストは、電力不足をまかなうために、ネオを生き返らせた
  • ネオにマトリックスを受け入れさせるため、トリニティー生き返らせ、向いのポッドに入れた
  • ネオとトリニティーの「切望しながら失うことを恐れる」という心理は、そのままマトリックスの安定につながった
  • マトリックスに抵抗する人間が、ゼロになった
  • 電力供給は、右肩上がりとなった

ということですね。

スポンサーリンク

【マトリックス・レザレクションズ考察】アナリストは、どうやってネオとトリニティーを生き返らせた?

アナリストは時間を巻き戻した

アナリストは、「電力不足解決」のために、ネオとトリニティーを生き返らせたことが分かりました。

しかし、アナリストは、どうやって2人を生き返らせたのでしょうか?

おそらく、得意の「バレットタイム」を使ったのでしょう。

アナリストは、時間を巻き戻すことができます。

生き返らせたというより、時間を巻き戻して、2人が死なないようにしたのではないでしょうか。

アナリストはエージェント・スミスを説得した

また、アナリストは、「再生させてくれるよう、スーツどもを説得した」と言っていましたね。

また、最後にトリニティーが「よくもリセットしようとしたわね」と言ったら、

「それはスーツどもだ」とアナリストが返答しました。

「スーツども」とは、増殖したエージェント・スミスたちでしょう。

アナリストは、『レボリューションズ』のラストまで時間を巻き戻し、スミスたちを説得したのだと思います。

  • ネオと戦うな(お前も死ぬぞ)
  • ネオを殺すな(お前も死ぬぞ)

など言ったのかもしれません。

ネオとスミスは戦いを回避したことで、どちらも死ななかった(生き返った)と考えられます。

スミスも生き返ることになったんですね。

アナリストは、スミスをネオの監視役として、上司にしたのでしょう。

スミスは怒り心頭で、復讐すると言っていましたね。

『レボリューションズ』の最後で、デウス・マキナがネオの遺体を回収していました。

しかし、その後またマトリックスにつながれて「電池」にされたんですね。

ネオとトリニティーからすると、屈辱以外の何物でもないでしょう。

『レザレクションズ』のラストで、トリニティーは、アナリストをあごが外れるほど蹴っ飛ばしていました。

ネオは「それくらいして当然」と言ってました。

 けれど最後は「あなたにお礼に来たの。2度目のチャンスをくれたから」とも言っていました。

アナリストが、トリニティーとネオを生き返らせたお礼というわけですね。

トリニティーは、新たな能力を身に付けていました。

メロヴィンジアンも復讐する気満々でしたね。

スミスも、「大きな夢がある」と言っていました。

『マトリックス5』に続く予感がしますね。

スポンサーリンク

【マトリックス】考察・解説記事まとめ

スポンサーリンク

『マトリックス』シリーズの無料で観る方法は?

2021年12月現在、『マトリックス』の三部作を無料で観られる配信サービスを確認しました。

5社で

  1. 『マトリックス』
  2. 『マトリックス リローテッド』
  3. 『マトリックス レボリューションズ』

の三部作を配信しています。

無料期間を利用すれば、三部作を無料で視聴できます

U-NEXTだと、三部作にプラスして『アニマトリックス』も視聴できます。

『アニマトリックス』は、

  • 『マトリックス』の前日譚
  • スピンオフストーリー

などのオムニバス・アニメです。

22年1月28日追記

1月28日から、『マトリックス・レザレクションズ』のプレミア配信が始まりました。

プレミア配信
  • U-NEXT(1980円)
  • プライムビデオ(1980円~)

内容を別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

『マトリックス・レザレクションズ』の動画配信はどこ?

サービス名月額料金無料期間
(初回登録)
配信数特徴
U-NEXT2189円31日間25万本配信数が
業界最多
Hulu1026円2週間7万本追加課金なし
日テレ系
ABEMAプレミアム960円2週間15000作品独占配信多い
dTV550円最大31日間非公開音楽充実
Prime Video500円30日間非公開Amazon会員

\31日間無料/

スポンサーリンク

【マトリックス・レザレクションズ解説】ネオとトリニティーが生き返った理由まとめ

『マトリックス・レザレクションズ』では、『レボリューションズ』で死んだはずのネオとトリニティーが、生き返っていました。

まとめ
  • ネオとトリニティーを生き返らせたのは、アナリスト
  • ネオを生き返らせたのは、マシンシティの電力不足を解決するため
  • トリニティーを生き返らせたのは、ネオがマトリックスを受け入れるようにするため
  • ネオとトリニティーがマトリックスに接続されることで、人間の抵抗者がいなくなった
  • 8番目のマトリックスで不要になった、「預言者」と「設計者」は削除された(死亡)
スポンサーリンク
スポンサーリンク