アニメ映画『時をかける少女』タイトル
スポンサーリンク

アニメ映画『時をかける少女』では、千昭が真琴に「未来で待ってる」と言って別れます。

千昭のセリフから、「その後、千昭と真琴は再会したのでは?」と気になりますよね。

真琴も、明るく「やりたいことが見つかった」という希望を感じる結末でした。

しかし、千昭と真琴がその後再会することはなかったはずです。

この記事では、

千昭と真琴が、その後会えなかった4つの理由

について、考察をまとめました。

スポンサーリンク

【時をかける少女/その後】千昭と真琴は会えない!

【理由1】真琴にタイムリープを知られたから

その後、千昭と真琴が会えなかった一番大きな理由は、タイムリープのルールです。

功介と果穂が踏切で一度死んだ時、千昭はタイムリープして二人を助けました。

そして真琴に自分の素性を話した時、次のように語っています。

過去の住人に、タイムリープの存在を知らせてはならない。

俺はルールを犯した。

だから、お前とはもう会えない。

そう言って、千昭は消息不明となっています。

もう1度タイムリープできると知った真琴は、7月13日に戻りました。

そして千昭に「千昭の住む時代のこととか、全部話してくれた」と打ち明けます。

千昭は「何で話しちゃうんだよ、俺のバカ!」とショックを受けていました。

そして、未来へ帰っていきます。

真琴が、タイムリープの存在を知ってしまったので、もう会えないのです。

魔女おばさんも、「いつか必ず戻って来る」と言った高校のクラスメイトと、会えていません。

実は、魔女おばさんもタイムリープ体験者でした。

魔女おばさんの芳山和子は、原作小説の主人公です。

アニメ映画は、原作小説の「後日談」なんですね。

芳山和子は、未来からやって来た深山一夫と出会います。

原作小説でも、深山一夫は再会を約束して未来へ帰るのです。

しかし、後日談のアニメ映画では会えていません。

それは、魔女おばさんがタイムリープを知ってしまったからと考えられます。

ルールに則って、深山一夫は二度と芳山和子と会えないのでしょう。

ペナルティが科せられると分かっていて、なぜ真琴が最後に「タイムリープを知ってる」と言ったのかは、別の記事をご参照ください。

真琴は最後になぜ千昭の正体を知ってると告白した?

\原作は魔女おばさんが主人公/


【理由2】千昭はタイムリープの資格を失ったかも

その後、千昭と真琴が会えなかった理由の2つ目は、千昭がタイムリープの資格を失った可能性が考えられます。

千昭は、前科がついてしまいました。

タイムリープは、ひとつ間違えると歴史を大きく変えてしまいます。

そのため、厳しいルールが科せられていそうです。

前科1犯になってしまった千昭は、タイムリープの資格を失ってしまったかもしれません。

【理由3】真琴のチャージも切れたから

映画では、タイムリープして過去に戻ると、回数も戻りました。

その理屈で言うと、「7月13日に戻った時点で、真琴はフルチャージ状態に戻ったのでは?」と思いますよね。

腕のあざは、少なくとも90回以上になっていないと整合がつきません。

なので、「ルール違反だけど、真琴はその後、未来に行ったかも?」

と思いました。

しかし、最後にもう一度タイムリープした時に、真琴と千昭は次の会話をしています。

「お前、どっから来た?飛べんのか?」

「もう飛べない」

真琴が、タイムリープをチャージした初日の7月13日に戻ったのに、なぜフルチャージではないのか、謎です。

ともあれ、真琴が千昭に会いに未来へ行くこともできない状態でした。

なぜ、真琴のタイムリープ回数が、最後に1回増えたのかは、別の記事をご参照ください。

なぜ1回増えた?最後のタイムリープ前に真琴が戻ったから!

【理由4】千昭は遠い未来から来てたから

映画の中で、千昭は未来のいつの時代から来たのか明かしていません。

しかし、原作小説だと西暦2660年から来ています。

原作小説で未来から来たのは、千昭ではなく深山一夫です。

深山一夫は、魔女おばさんこと芳山和子が、高校生の時に出会った未来人。

原作小説とアニメ映画の内容を照らし合わせると、千昭の方が後の時代と考えられます。

そうすると、真琴の時代から600年以上未来なのです。

普通に生きていると、真琴が千昭と再会できた可能性はまずありません。

以上、4つの理由から、千昭と真琴はその後、再会することはできなかったと思います。

千昭の時代や、最後の「未来で待ってる」と言った意味や理由は、別の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

細田守監督の作品を無料で観る方法は?

アニメ映画『時をかける少女』を観て、細田守監督の他の作品を観たくなった人もいそうです。

2022年7月1日現在、細田守監督の作品を最もお得に観られるのはHuluです!

5本の作品が、見放題で配信中です。

見放題配信中
  1. 『時をかける少女』2006年
  2. 『サマーウォーズ』2009年
  3. 『おおかみこどもの雨と雪』2012年
  4. 『バケモノの子』2015年
  5. 『未来のミライ』2018年

『竜とそばかすの姫』+スペシャル映像は、550円の有料で視聴できます。

サービス名月額料金無料期間特徴
Hulu1026円2週間日テレ系

\2週間無料/

※当記事の情報は、2022年7月1日現在です。
最新情報は、公式HPからご確認ください。

スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭と真琴のその後まとめ

まとめ

千昭と真琴は、その後再会できなかったと考えられる

  1. 真琴にタイムリープを知られたから
  2. 千昭がタイムリープの資格を失った可能性あり
  3. 真琴のチャージも切れたから

  4. 千昭は遠い未来から来てたから 

スポンサーリンク
スポンサーリンク