アニメ映画『時をかける少女』タイトル
スポンサーリンク

アニメ映画『時をかける少女』では、間宮千昭が未来からタイムリープしてやって来ます。

しかし、いつの時代なのかは説明されていません。

「千昭は、何年後の時代からやって来たの?」

と気になりますよね。

この記事では、

  • 千昭はいつの時代からやって来た?
  • 千昭の時代は、どんな世界?

について、原作小説をヒントに考察をまとめました。

\原作は魔女おばさんが主人公/


スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭は何年後のいつの時代から来た?

原作小説では西暦2660

千昭がいつの時代からやって来たのか、原作小説をヒントにしてみましょう。

原作小説の主人公は、紺野真琴ではなく、芳山和子です。

つまり、魔女おばさんがヒロインなんですね。

アニメ映画は、原作小説の「その後」を描いた作品なのです。

芳山和子も中学3年生の時に、タイムリープを体験します。

  • 理科実験室で、ラベンダーの香りを嗅いでタイムリープ
  • クラスメイトの深山一夫が、未来から来ていた

というのが、原作小説です。

ちなみに担任も、福島先生でした。

深山一夫は、西暦2660年からやって来た科学者だったのです。

タイムリープする薬を開発していた深山一夫は、材料にするラベンダーを採取するために過去にやって来ます。

深山一夫の時代には、ラベンダーは採れなくなっていたからです。

アニメ映画だと、ラストで魔女おばさんが、真琴に学生時代の恋愛話をします。

その時、男子2人と写っている写真立てが出てきます。

「いつか必ず戻るって言ってた」というのが、深山一夫です。

写真立ての横には、ラベンダーの花も飾られていました。

千昭は、ラベンダーではなく「くるみ」の装置でタイムリープしていました。

方法が違うので、時代も若干違うのかもしれませんが、千昭も数百年先から来ているのではないでしょうか。

ちなみに、深山一夫の時代は、千昭の時代ほど荒廃していなかったと記憶します。

なので、千昭は2660年より後の時代から来ているのかもしれませんね。

千昭の時代は荒廃した未来

千昭の時代の世界の様子は、セリフから伺うことができます。

  • 絵画「白梅ニ椿菊図」は消失している
  • 川は地面を流れていない(=水がない?)
  • 広い空を見たことがない(=地下生活?)
  • 自転車に初めて乗った
  • 人が少ない(=人口減少)
  • 野球がない

千昭のセリフからすると、世界は荒廃した末期的な状態のように思えます。

火星や月のように「昔は水があったんだけど」みたいなイメージですよね。

広い空を見たのは初めてと言っているので、映画『マトリックス』のザイオンのような地下生活なのかもしれません。

また、人口も少なそうです。

千昭が「お前らといるのがあんまり楽しくて」と言ってるので、未来はあまり楽しくなさそう。

「白梅ニ椿菊図」という絵を観に来た理由は、はっきりとは言っていません。

しかし、魔女おばさんの「世界が終ろうとしていた時、どうしてこんな絵が描けたのかしらね」というセリフはヒントになりそうです。

千昭の住む未来も、「歴史的な大戦争と飢饉の時代」なのかもしれませんね。

千昭が絵を観ずに帰った理由や、帰らなければならないと分かっていて真琴に告白した理由は、別の記事をご参照ください。

千昭はなぜ帰った?絵より大切な4つの理由を考察!

千昭が告白した2つの理由は?なぜキスを避けたかも考察!

スポンサーリンク

細田守監督の作品を無料で観る方法は?

アニメ映画『時をかける少女』を観て、細田守監督の他の作品を観たくなった人もいそうです。

2022年7月1日現在、細田守監督の作品を最もお得に観られるのはHuluです!

5本の作品が、見放題で配信中です。

見放題配信中
  1. 『時をかける少女』2006年
  2. 『サマーウォーズ』2009年
  3. 『おおかみこどもの雨と雪』2012年
  4. 『バケモノの子』2015年
  5. 『未来のミライ』2018年

『竜とそばかすの姫』+スペシャル映像は、550円の有料で視聴できます。

サービス名月額料金無料期間特徴
Hulu1026円2週間日テレ系

\2週間無料/

※当記事の情報は、2022年7月1日現在です。
最新情報は、公式HPからご確認ください。

スポンサーリンク

【時をかける少女】千昭の時代まとめ

まとめ
  • 原作小説では、深山一夫が西暦2660年からやって来て、芳山和子(魔女おばさん)と出会っている
  • 映画と小説の内容からすると、千昭は深山一夫より後の時代と考えられそう
  • 千昭の住む未来は、「歴史的な大戦争と飢饉の時代」の可能性がある
スポンサーリンク
スポンサーリンク