ピクサー映画「トイ・ストーリー」タイトル画像
スポンサーリンク

ピクサーの人気シリーズ『トイ・ストーリー3』では、アンディが大学に進学することになります。

アンディは、ウッディだけ大学に持って行き、他のおもちゃは屋根裏に置いておくつもりでした。

ウッディもアンディと一緒に行くつもりでしたが、土壇場で仲間を選びます。

この記事では

  • ウッディは、なぜアンディではなく仲間を選んだ?
  • ウッディは、なぜボニーの家に行くようメモを貼った?

について、考察をまとめました。

スポンサーリンク

【トイストーリー3】なぜウッディはアンディではなく仲間を選んだ?

ウッディが仲間を選んだシーン振り返り

まず、ウッディが仲間を選んだシーンを、簡単に振り返っておきましょう。

ごみ処理場から生還したおもちゃたちは、無事アンディの家に帰りつきます。

水を浴びて汚れを落とした後、ウッディ以外は「屋根裏」の段ボールに入り込みました。

ウッディとバズたちは、それぞれに別れの短い挨拶をかわします。

ウッディも、「大学」の段ボールに入り、中からアンディとママたちの会話を見守っていました。

そして、段ボールの中にあった、幼い頃のアンディと仲間たちの写真をみつめるのです。

ウッディは飛び出すと、「屋根裏」の段ボールに、ボニーの住所をメモして貼ります。

そして、自分も「屋根裏」段ボールに入り込んだのでした。

ウッディがアンディではなく仲間を選んだ理由は?

ウッディの運命の分かれ道は、「大学」の段ボールの中で、幼いアンディと仲間の写真を見たことでした。

ウッディが仲間を選んだ理由は、複合的だったろうと思います。

  1. 元々、みんな一緒にいることが大切だと思っていたから
  2. 加えて、ごみ処理場での地獄のような体験を通して、今まで以上に絆が強くなったから
  3. 一緒に引っ越しても、大人になったアンディは一緒に遊んでくれないから
    (引っ越すと孤独になると予想できたから)
  4. 仲間と一緒に、ボニーの家で暮らす方が幸せだと思ったから

劇中、ウッディは何度も

「みんな一緒にいられる」

「何があっても一緒だ」

「いま大切なのは、みんなと一緒にいることだ」

「ずっと一緒にやってきたのに」

と言っていました。

最後に段ボールの中から覗き見たママが「ずっと一緒にいられたらいいのに」というセリフは、

すべてのおもちゃの気持ちを代弁してましたね。

ママのセリフにうながされるように、幼いアンディと仲間の写真を見たウッディは、仲間を選んだのでした。

ウッディは、常に持ち主であるアンディの気持ちを優先する、とても忠実なおもちゃでした。

なので、アンディの意思通りに、一度は「大学」の段ボールに入ります。

けれど、最後は自分の意思で、仲間とずっと一緒にいることを選びました。

大人になって遊んでくれないアンディについて行くより、仲間とボニーの家で暮らす方が、幸せそうですよね。

仲間も、屋根裏よりは、優しく遊んでくれる子どもの家に行く方が、良さそうでしたもんね。

ウッディは、仲間をまた助けたことになります。

仲間と一緒に幸せになる道を選んだんですね。

ウッディの友情の厚さは、最後にアンディがボニーに言ったセリフでも回収されています。

アンディとウッディの最後のセリフは、下の記事にまとめたのでご参照ください。

最後のセリフ(アンディ&ウッディ)全文!感動で号泣する人続出!

ウッディがボニーの家を選んだ理由は?

ウッディが、おもちゃがボニーの家に行けるようメモを貼った理由も、確認しておきましょう。

ごみ処理場の溶鉱炉から脱出した後、ウッディたちはアンディの家に帰ろうとします。

その時、ウッディは「やっぱり、屋根裏はいいところじゃないよ」と仲間のことを心配していました。

引っ越し間際になって、ウッディは仲間と一緒にいることを決断します。

ラストの時点で、ウッディとみんなが一緒に暮らせる場所としては、

  1. サニーサイド保育園
  2. ボニーの家

のどちらかでした。

保育園だと、またいもむし組の子供相手のタフな生活になりそうです。

ボニーなら、おもちゃを大切にしてくれそうですよね。

また、ボニーの家の先住のおもちゃも、優しくフレンドリーなので、うまくやっていけそうです。

以上のことから、ウッディは仲間と一緒にボニーの家で暮らすことにしたのでした。

スポンサーリンク

『トイストーリー』解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

「トイ・ストーリー」シリーズをお得に観るには?

ピクサー人気シリーズ「トイ・ストーリー」は、3種類にカテゴライズできます。

  1. 劇場版
  2. TVシリーズ
  3. ボーナスコンテンツ

2022年6月14日現在、オススメの動画配信サービスは以下の通りです。

  • シリーズ作品をたくさん観たいなら、Disney+
  • ポイント利用でお得に観たいなら、U-NEXT

有料レンタルで、コンテンツが多くて料金が安いのは、U-NEXTでした。

●劇場版

作品名U-NEXTDisney+
トイ・ストーリー199円
トイ・ストーリー2199円
トイ・ストーリー3199円
トイ・ストーリー4199円

●TVアニメ

作品名U-NEXTDisney+
トイ・ストーリー・オブ・テラー199円
トイ・ストーリー謎の恐竜ワールド199円

●トゥーン/ボーナスコンテンツ

作品名U-NEXTDisney+
ハワイアン・バケーション×
ニセモノバズがやって来た×
レックスはお風呂の王様×
エピローグ
(トイ・ストーリー3)
×
スタジオストーリー:
クリーンスタート
(トイ・ストーリー3)
×
音声解説
(トイ・ストーリー4)
×
訪問!ピクサーの収録現場
(トイ・ストーリー4)
×
サービス名月額料金
年額料金
無料期間初回登録時
ポイント
Disney+ 990円/月※
9900円/年
U-NEXT2189円/月31日間600pt
※Apple App Storeからのご入会は、月額1,000円(税込)です。

\ディズニー見放題/

\3本までならお得/

※当記事の情報は、2022年6月14日現在です。
配信内容は変更になる場合がありますので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【トイストーリー3】なぜウッディは引っ越さなかったか

まとめ
  • ウッディが引っ越さなかった理由は、アンディについて行って孤独になるより、仲間と一緒にボニーの家で暮らす方が幸せだと思ったから
  • みんなで一緒に行くことで、仲間を屋根裏暮らしから救った
スポンサーリンク
スポンサーリンク