朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、暢子が和彦を好きだと気づくところで第12週が終わりました。

第13週は、フォンターナのスタッフ3人が退職する事件が起こります。

この記事では、『ちむどんどん』の第13週「黒砂糖のキッス」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】13週ネタバレあらすじ(7/4~7/8)

【第61回あらすじ】和彦と愛の関係に変化(7/4)

暢子は、房子と酒を交わすうちに、和彦への恋心を自覚します。

生まれて初めて経験する感情に振り回される暢子は、二ツ橋から助言を受けたのでした。

一方、結婚に向けて順調に進んでいたはずの和彦と愛の関係にも、変化があらわれます。

そんな中、フォンターナでは、大事件が勃発したのでした。

【第62回あらすじ】厨房スタッフが3人退職(7/5)

暢子が務めるイタリア料理店フォンターナで、厨房のスタッフが3人同時に退職をするという大事件が起こります。

通常なら営業することはできません。

しかし、オーナーの房子は、店は休まないと宣言します。

果たして無事に一日を終えることができるのでしょうか。

そんなとき、暢子と話すために、愛がやってきます。

【第63回あらすじ】暢子が和彦への思いを断ち切る(7/6)

暢子は愛とも話して、料理に改めて専念することを宣言します。

和彦への思いを断ち切る決意をしました。

だがそんな矢先、あまゆで和彦と暢子は二人で時間を過ごすことになってしまいます。

一方、沖縄やんばるでは、教師としての壁にぶつかっている良子が、久しぶりに別居中の夫・石川の元を訪ねたのでした。

【第64回あらすじ】歌子がまさかの決断(7/7)

暢子は、和彦への想いを諦め、仕事にまい進しようと決意しました。

しかし、その思いとは裏腹に、和彦との距離はどんどん縮まっていきます。

一方、沖縄やんばるでは、智が暢子との結婚に向けて本格的に動き出したのでした。

その頃、亡き父・賢三の過去を知る人物が比嘉家を訪ねてきます。

これまで明かされなかった賢三の過去を聞いた歌子が、まさかの決断をするのでした。

ここが気になる!

賢三の過去を知った歌子が、大きな決断をするようです。

智と暢子の結婚話も進んでいるので、智を好きな歌子の気持ちも大きく揺れそう。

自分の気持ちを整理するためにも、将来を見据えて上京するなどの決断をするのかもしれませんね。

【第65回あらすじ】愛がファッション特集を担当(7/8)

愛は、念願のファッション特集の担当になります。

新聞記者として大きなチャンスをつかみますが、企画に苦戦。

追い詰められた愛は暢子、和彦、智に協力を頼みます。

4人は複雑な思いを抱えたまま、力を合わせて企画を考えるのでした。

<第14週あらすじ第12週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【ちむどんどん】13週ネタバレあらすじ(7/4~7/8)まとめ

まとめ
  • 和彦と愛の関係に変化が現れる
  • フォンターナのスタッフ3人が退職を申し出る
スポンサーリンク
スポンサーリンク