朝ドラ『ちむどんどん』タイトル
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、和彦が正直な気持ちを会いに打ち明けるところで第14週が終わりました。

第15週は、優子の再婚話が起こります。

この記事では、『ちむどんどん』の第15週「ウークイの夜」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【ちむどんどん】15週ネタバレあらすじ(7/18~7/22)

【第71回あらすじ】ウークイの日に家族が集まる(7/18)

1978年8月。沖縄のお盆、ご先祖様をあの世へお見送りする最も重要な日「ウークイ」

比嘉家の四きょうだい、賢秀、良子、暢子、歌子が久しぶりにやんばるの実家に顔をそろえました。

母・優子に起こった再婚話が気になったからです。

一方、新聞社の和彦のもとに、沖縄での大きな仕事のチャンスが舞い込んできたのでした。

【第72回あらすじ】兄妹が優子を問いただす(7/19)

お盆の頃、ひさしぶりにやんばるに帰省した暢子と賢秀。

良子と歌子と四人そろったきょうだいは、優子に向かって、自分たちに何か隠していることがあるのかと問いただします。

その頃、和彦は取材で沖縄に入り、嘉手刈(津嘉山正種)という老人の取材に挑戦していました。

けれど、気難しそうな嘉手刈は、和彦に何も語ろうとはしないのでした。

【第73回あらすじ】優子と房子の過去が明かされる(7/20)

優子は、久しぶりにそろった賢秀、良子、暢子、歌子の四きょうだいに、自身の過去を話しはじめました。

これまで四人には秘められていた、亡き父と優子のなれそめなどについてです。

同じころ、東京のフォンターナでは房子が二ツ橋に、自身の過去について語っていました。

また、鶴見では三郎が田良島に、ずっと秘めてきた過去の思いを語るのでした。

【第74回あらすじ】暢子ら兄妹が感慨に浸る(7/21)

暢子と賢秀、良子、歌子の4人は、優子から賢三とのなれそめや太平洋戦争の体験など、初めて聞きました。

過去のいきさつを知って、それぞれ感慨に浸ります。

暢子らきょうだいは、多くの苦難を経て今日まで生きてきた優子の思いを受け止めたのでした。

ここが気になる!

『ちむどんどん』は、沖縄復帰50年を記念して制作されました。

その割には、沖縄戦の話が出てこないな…と思っていた視聴者も多かったと思います。

ようやく、優子や賢三の若い頃の話が明かされます。

とくに賢三は、戦時中は中国に渡っており、過酷な体験をしているはずです。

ドラマ序盤では、毎朝太陽に向かって詫びると言っていましたし。

第15週は、ターニングポイントのような週になるかもしれませんね。

【第75回あらすじ】暢子が偶然再会する(7/22)

暢子と賢秀、良子、歌子の四きょうだいは、ウークイの夜に母・優子から過去の話を聞きました。

母の話を受けて一夜があけて、四人は思いを新たにしてそれぞれの人生の課題に向き合おうとします。

そんな中、懐かしい場所を散策していた暢子は、偶然ある人物と再会を果たします。

ここが気になる!

懐かしい場所というのは、第1回の放送から何度も登場している、海辺のシークワーサーの木の場所かなと思いました。

再会を果たすとなると、久しぶりに会う感じがしますよね。

と思いきや、16週のあらすじを読むと、沖縄に来ている和彦と、山原村でばったり会うようです。

そして16週は、月曜からSNSがかなり荒れそうですよー。

<第16週あらすじ第14週あらすじ>


当ブログでは、朝ドラ『ちむどんどん』の

  • ネタバレあらすじ
  • 解説・考察記事

毎週更新しています。

よろしければ『ちむどんどん』のカテゴリをブックマークして下さいね!

『ちむどんどん』のカテゴリー記事一覧

登場人物別の解説・考察記事の一覧は、以下のリンクで全てチェックできます。

来週のネタバレあらすじを最終回まで!解説・考察記事の一覧も!

スポンサーリンク

【ちむどんどん】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【ちむどんどん】15週ネタバレあらすじ(7/18~7/22)まとめ

まとめ
  • ウークイの日に、比嘉家が全員集合
  • 4兄妹が、優子に隠し事はないか問いただす
  • 優子、房子、三郎が、それぞれの過去について語る
  • 暢子が偶然、ある人と再会する
スポンサーリンク
スポンサーリンク