大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

  • 第39回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、まとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

【鎌倉殿の13人】第39回ネタバレあらすじ(10/16)

義時が政治の中心に立つ

  • 承元2(1208)年の春
  • 義時とのえの息子(のちの北条政村)は、すくすく成長
  • 実朝は、疱瘡を患い一時は命の危機に陥る
  • 実朝と千世が子宝に恵まれないため、善哉を猶子(養子)にする
  • 実朝らの状況から、義時は北条一門が政治の中心に立つべきと考える
北条義時
北条義時

政は私が進めます。

鎌倉殿にはそれを見守っていただく。

  • 義時の態度に、実朝は「私は役に立ってるのか」と葛藤する

実朝の和歌の才能が開花

  • 実朝の和歌の才能が開花し、京でも大きな評判となる
  • 源仲章の仲介で、藤原定家が実朝の和歌を添削してくれることになる
  • 源仲章が義時に挨拶にくる
源仲章
源仲章

今後は鎌倉殿のおそばで政を指南するようにと、上皇様に仰せつかりました。

  • 源仲章は、これまで実朝に和歌を教えていた三善康信が、口出すすることを禁ずる

和田義盛が上総国の国司に立候補

  • 実朝が、和田義盛を上総国の国司に推挙したいと政子に相談
北条政子
北条政子

政は、身内とか仲の良さとは無縁な、もっと厳かなものです

  • 政子が実朝をたしなめている会話を、八田知家が立ち聞きしてしまう
  • 「北条でなければ国司にはなれないのか」と御家人の不満がたまる
  • 義時は「二度と北条家に刃向かう者が出ないように」と、政治の仕組みを変える決意をする
  • 泰時の幼なじみ・鶴丸が、義時に「御家人にしてほしい」と頼む
  • 義時は、切的の技比べで目立つ働きができたら、実朝に掛け合うと約束する
  • 義時は、和田義盛を呼び出し「国司の件は忘れてほしい」と要望を却下
和田義盛
和田義盛

変わっちまったよなあ、鎌倉もお前も

義時が実朝を押しやる

  • 三浦義村が、頼家の妻つつじと善哉を連れてくる
  • 義時は、義村に「守護を二年ごとに改める。御家人たちの力を削ぐため」と相談
  • 三浦義村は承諾するものの、義時が去ると怒りに任せて床を殴る
  • 実朝、善哉、時房の3人で蹴鞠をして遊ぶ
  • 切的の技比べで、鶴丸が見事な腕を披露し、義時が実朝に「御家人にしたい」と頼む
  • 実朝は、「和田義盛の国司推挙をとめたのはお前ではないか」と、却下
北条義時
北条義時

私はもう要らないようです。

あとは鎌倉殿のお好きなように進められるがよい

  • 義時が引退すると政治が滞ると考えた実朝は、鶴丸を御家人にすることを許可
北条義時
北条義時

私のやることに口を挟まれぬこと。

鎌倉殿は見守って下さればよろしい。

  • 実朝に世継ぎができないことを案じて、千世が側室の話を勧める
  • 実朝は、「世継ぎを作ることができない。どうしてもそういう気持ちになれない」と告白

善哉が出家して修業に出る

  • 建暦元(1211)年、善哉が出家して「公暁」と名前を改める
公暁
公暁

園城寺で修業をしてまいります

  • 義時は、「修業が終わったら鶴岡八幡宮の別当になっていただく」と約束した

<第40回あらすじ第38回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第39話の見どころ・史実解説

第39話の見どころ

権力を振るう義時と反発する御家人たち

実朝の才能開化と葛藤

今回は、「増長する義時」と「実朝の光と影」が見どころではないでしょうか。

実朝は、「疱瘡で死にかける」→「和歌が京でも大好評」→「義時に頭を押さえつけられる」

と人生の光と影が交錯するような展開になっています。

義時はたびたび「お前、頼朝公に似てきたな」と言われますが。

しかし、頼朝の方がもっと愛嬌がありましたよね…。

義時も、第1回の頃は「私は政治は苦手です。年貢の帳簿を調べてる方が気が楽です」とか言ってたのに。

三浦義村もだんだん腹に据えかねてる感が出てきました。

御家人たちとの関係が今後気になります。

史実とドラマの違い

今回、ドラマのあらすじを見ると、いろいろつなぎ合わせてる感があります。

また、「史実と正反対」というところもあったので、驚きました。

おおむね史実通り

・実朝が、疱瘡を患う

・実朝が、善哉を猶子にする

・和田義盛が上総国の国司になりたいと実朝に頼む

・実朝が、和田の件で政子に相談する


実朝が、藤原定家に和歌を添削してもらう

・義時が、功績のある者を御家人にしてほしいと申し入れる

ドラマの演出

・1209年に、実朝が善哉を猶子にした
 →史実は1206年

・義時が、和田義盛の国司内定を却下した
 →史実は、政子の嫌がらせで和田義盛は国司を却下

・義時が、守護を2年交代に変更した
 →史実は、御家人の猛反発で断念(正反対)


・鶴丸が切的で活躍した
 →『吾妻鏡』に切的大会の話はありますが、鶴丸は架空の人物


・実朝が、渋々と鶴丸を御家人に認めた
 →史実は、実朝がきっぱり却下して義時も納得(正反対)

・千世が、実朝に側室を勧める
 →そこまで明確な史料は残っていない


・実朝が望まなかったため、子供ができなかった
 →そこまで明確な史料は残っていない

・実朝は、泰時に恋をしていた

・実朝が「子どもを作る気がしない」と告白
 →そこまで明確な史料は残っていない

今回、ドラマの演出として非常に目立っているのは、

・義時が、守護を2年交代にした

・実朝が、鶴丸が御家人になることを認めた

という点です。史実は、まったくの正反対

こんなに史実を変えちゃっていいの?とビックリだよ

実朝が善哉を猶子にしたのは、1206年。

実朝が満14歳、善哉が満6歳です。

ドラマでは「実朝に子供ができないから、善哉を猶子にした」となってますが、演出ですね。

政子たち大人の事情で、養子縁組したというわけです。

ドラマでは、実朝は「千世が上皇のいとこだから、側室を取らなかった」と語ってます。

明確に記した史料は見当たらないのですが、確かに納得できる理由ですよね。

史料では、実朝と千世は仲睦まじかったと書かれています。

三谷幸喜さんは、実朝は泰時に恋をしていたという解釈をしたようです。

かなり斬新な演出でしたね…。

また、政子と義時は、こんなふうにはっきりとキャラクター分けされてます。

・歴史的には、政子もかなり権力振るってる

・ドラマでは、政子はホワイト、義時はブラックと分業

・ドラマでは、義時が腹黒いところをすべて背負ってる

基本的に、ドラマの主人公は視聴者に嫌われてはいけません。

「こわーいラスボス」になった義時が嫌われないことに、三谷幸喜さんのすごさを感じます。

<第40回あらすじ第38回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第39話の感想


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【のえ】

    【北条政子】

    【三浦義村】

    【源実朝】

    【北条時政・りく】

    【畠山重忠】

    【比奈】

          【善児・トウ】

          【キャスト】

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

          大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

          サービス名月額料金無料期間
          NHKプラスなし7日間
          NHKオンデマンド990円なし
          U-NEXT2,189円31日間

          NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

          U-NEXTでは、

          • 無料トライアル期間は600ポイント
          • 有料期間は毎月1200ポイント

          が自動チャージされます。

          そのポイントを使って、NHKオンデマンド

          U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
          • 1話ずつ購入(220円)
          • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

          のいずれかで、お得に視聴することができます。

          U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

          \31日間無料!/

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】39話ネタバレあらすじと感想まとめ

          まとめ
          • 実朝が、善哉を猶子にする
          • 和田義盛が、上総国の国司になりたいと申し出るが却下
          • 実朝の和歌の才能が開花
          • 義時が、守護を2年の交代制に変更
          • 義時が、鶴丸を御家人に推挙し、実朝に認めさせる
          • 善哉が公暁に名前を改め、修業に出る
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク