大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第26話は、義時が伊豆へ退く決意をするところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第27回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

\裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第26話プチ振り返り
  • 頼朝が死に、頼家が二代目鎌倉殿に就任
  • 義時が、伊豆へ退く決意をする

第27話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 京で暗殺計画が発覚
  • 「鎌倉殿の13人」が結成される

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第27回ネタバレあらすじ(7/10)

頼家就任で、主導権争いが勃発

建久10(1199)年1月、後鳥羽天皇のところにも頼朝死去の報せが入りました。

後鳥羽上皇は、4年前に謁見した源頼家を思い出し、「頼朝の跡目、さぞ重かろう」とつぶやくのでした。

頼家は、御家人たちの前で、二代目鎌倉殿としての所信表明をします。

すると、比企能員は「これより鎌倉殿のご判断を仰ぐときは、必ずこの比企能員を通すように」と御家人たちに告げます。

我慢ならない北条時政は「その役目は北条が引き受けた」と横やりを入れ、早くも主導権争いに。

頼家は、「訴えがあれば、わしが直に話を聞く。比企や北条を特別扱いするつもりはない」と宣言します。

そんな頼家に、梶原景時は「お見事にございます。頼朝さまは最後まで、御家人たちには心を許してはおられませんでした。それがしを除いては」と取り入ります。

頼家は、義時に将来性のある若手の人材選びを頼みます。

義時は、嫡男の北条頼時と異母弟・北条時連を抜擢します。

そして、時連には頼家の動きを逐一知らせるよう言い含めるのでした。

京で暗殺計画が発覚

翌2月、後鳥羽上皇の後見役である土御門通親の暗殺計画が発覚し、公家の一条家とゆかりのある御家人たちが捕らえられました。

一条家は頼朝の縁戚で、大姫を嫁がせようとしたことがありました。

源氏との関係を見過ごせなかった上皇は、鎌倉へ「鎌倉がみずから処罰せよ」と書状を送ります。

頼家は、中原親能に、京へ行って暗殺計画に関わった御家人を処罰するよう命じます。

頼家が若手御家人を集める

頼家の提案により、若手御家人を中心とした勉強会が始まり、三善康信が顧問役となります。

さらに、頼家は朝廷との渉外に必要として、若い御家人たちに蹴鞠を習わせます。

一方の頼家は、山積みになった訴状の処理に追われていました。

侍所別当は、長年務めた和田義盛から梶原景時に代わったために、義盛と景時の言い争いが起こります。

くだらない揉め事にうんざりする頼家でしたが、正室つつじと側女せつの意地の張り合いを見せられて、さらにストレスがたまるのでした。

「鎌倉殿の13人」を結成

義時と頼時は、頼家の力になりたいけれど、手を貸すべきか見守るべきか、迷っていました。

すると、幼い頃から比企の館で頼家を見て育った比奈は、「困ったときほど、助けてくれとは言えない性分だ」と促します。

義時は、景時に「これまで通り、文官4人が訴訟の評議を行い、頼家が裁決する」という方法を提案します。

景時は、「あくまで御家人は取次のみで、最後のお裁きはお願いします」と頼家に進言。

すると、比企能員は自分も加えるよう主張します。

そこへ時政が、「比企が入るなら、北条がいなくてどうする」と負けていません。

最終的に、12人の御家人の評議会となりますが、政子が義時を13人目に加えます。

頼家は、「私はそんなに頼りないか」と不満をもったのでした。

翌朝、頼家の御前に、訴訟取次ぎを行う13人の御家人が顔をそろえました。

頼家は「父上は、最後まで御家人たちに心を許してはおられなかった。私も同じだ」と言い放ちます。

そして、「信じられるのは、こやつらだけだ」といって、6人の若い御家人たちを呼び寄せます。

「新しい鎌倉を皆で築いてまいろうではないか」と言って、若者たちと出ていく頼家を、義時は呆然と見送るのでした。

<第28回あらすじ第26回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第27話の見どころ・史実解説

第27話の見どころ

第27話のみどころは

第27話の見どころ
  • 世代交代と覇権争い
  • 鎌倉殿の13人の結成
  • やさぐれる頼家

ではないでしょうか。

頼朝死去で、頼家が二代目鎌倉殿になると同時に、御家人たちも新世代が政治に加わってきます。

それと同時に、御家人同士のパワーバランスも変わり目となり、衝突が増えることに。

この辺りの「いざこざ」は、27話の全体的な見どころとなっているように思います。

当然、頼家は落ち着かないですよね。

急に山盛りの仕事を託された上に、御家人も妻と側女も、くだらない揉め事ばかりで、頼家はストレス満載

何と言っても、まだ18歳ですからね。

元服しているとはいえ、本人も周りの御家人も不安ですよね。

そこで、いよいよ「鎌倉殿の13人」が結成されるわけですが、頼家はやさぐれてしまいます。

この「やさぐれ状態」は、以後の頼家の基本的なメンタリティとなっていきます。

まあ、気持ちも分かるし、気の毒ではあるんですよね。

頼家の悲劇的な最期の始まりが、第27回となっていますので、どうぞお見逃しなく!

【解説】史実との違い

第27話で一番気になるのは、「十三人の合議制」はどのようにして作られたか?ですね。

史実では、

  • 頼家が就任して3ヶ月後に、合議制が採用された
  • 頼家は反発し、若い御家人数人を取次に指名した

と伝わっています。

『吾妻鏡』を見ると、確かに「ごたごたしてるなー」と思うんですよね。

頼家が、二代目鎌倉殿になったのは2月です。

3月23日には、伊勢神宮でもめごとがあり、六ケ所の地頭職を停止しています。

4月1日には、訴訟でもめた御家人が、相手の鬢髪を切るという騒動が起きています。

群衆が集まって、大騒ぎになってるんですね。

たぶん、これがラストストローとなり、「もう頼家だけじゃ、無理だって」と御家人たちが思ったのでしょう。

4月12日には、頼家がひとりで訴訟を裁くのを取りやめて、13人の合議制が始まります。

どんなふうに13人のメンツが決まったのか詳細不明ですが、

ドラマのように「あっちの顔を立てるなら、こっちだって」となったのでしょう。

反発した頼家は、若手の御家人を自分の側に起きます。

ドラマでは、

  • 北条頼時
  • 北条時連
  • 比企能員の息子2人
  • 他2人

となっていました。

ここら辺は、史実とちょっと違ってそうです。

『吾妻鏡』を読むと

  • 小笠原弥太郎(長経)
  • 比企三郎(宗員)
  • 比企弥四郎(時員)
  • 中野五郎(能成)

の名前が挙がっており、北条家の名前はありません。

北條頼時・時連が頼家の側近だったというのは、ドラマの演出のようです。

戦が終わって、平家という敵がいなくなると、今度は坂東武者同士のパワーゲームが始まります。

で、最初は13人ですが、権力争いの中でお互いをハメ合って、一人減り、二人減り、となっていきます。

御家人デッドヒートで勝ち上がるのは、我らが主人公・北条義時ですね。

「ナンバー2は誰?」「誰が蹴落とされた?」については、下の記事をご参照ください。

鎌倉殿の13人とは誰?名前と経歴や関係を分かりやすく解説!

<第28回あらすじ第26回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第27話の感想

ブログ主の感想

放送終了後に更新します

SNSの反応は?

放送終了後に更新します


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】27話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 京で暗殺計画が発覚
  • 「鎌倉殿の13人」が結成される
スポンサーリンク
スポンサーリンク