大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の前回は、和田一族が挙兵するところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の以下をまとめています。

  • 第41回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブック(完結編)を資料にまとめました。

  \ついに完結編/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第41回ネタバレあらすじ(10/30)

和田義盛が挙兵に驚く

  • 和田一族の挙兵の報せを受け、義時が「甘かった」と後悔する。
  • 館に帰った和田義盛は、息子の義直が出陣したと知り驚愕する。
  • 他の息子たちは、「いま北条を倒さなければ、必ず仕掛けてくる」と主張。
和田義盛
和田義盛

この戦、鎌倉殿に弓引くものではない。

それだけは肝に銘じておけ。

  • 和田義盛は、三浦義村の本心を確認しに行く。
  • 義村は「北条につく」と言って、八田たちと和田館を引き揚げる。

御所が戦場に

  • 和田勢は、三手に別れて「大江広元の館」「義時の館」「御所」を襲撃。
  • 義村が、和田情報を義時に伝える
北条義時
北条義時

われらは御所に行き、鎌倉殿をお守りする。

  • 義時が御所へ行くと、広元と鉢合わせした。
  • 広元は、重要文書を鶴岡八幡宮へ移そうとしていた。
  • 実朝が「戦はしないはずでは」と義時を問いただす。
  • 義時は、「義盛に謀られました」と主張。
  • 西門をまかされた泰時は、泥酔していた。
  • 和田勢は、南門から御所へなだれ込み、三浦勢と大混戦。

実朝が鶴岡八幡宮へ避難

  • 義時と実朝たちは、無事に鶴岡八幡宮へ避難した。
  • 御所から火の手があがる。
  • 実朝は「鎌倉殿の証」のドクロを御所へ忘れたことに気付く。
  • 大江広元が、御所へ戻ってドクロを取って来る。
  • 和田勢は、由比ガ浜で態勢を立て直す。
和田義盛
和田義盛

巴は生き延びろ。

鎌倉の行く末を見届けろ。

それがお前の役目だ。

義時と広元が御家人に根回し

  • 広元たちが、西相模の御家人が、和田に加勢するかもと心配する。
  • 御家人たちに、鎌倉殿の名前で味方するよう書状を出す。
  • 和田の敵は北条なのに、と実朝が花押をためらう。
北条義時
北条義時

和田は御所を攻めたのです。

これは謀反です。

  • 義時と広元に押し切られて、実朝は花押する。

和田義盛の最期

  • 若宮大路の参道を挟んで、和田勢と幕府勢がにらみ合いに。
  • 西相模の援軍が寝返ったと知り、義盛が激怒。
  • 徐々に幕府勢が優勢となる。
北条義時
北条義時

鎌倉殿に陣頭に立っていただきます。

  • 実朝は、義盛を説得するのと引き換えに、義時に条件を出す。
源実朝
源実朝

命だけは取らぬと約束してくれ。

  • 実朝が、降参するよう義盛を説得する。
  • 義盛が説得に応じて、攻撃の構えを解いた途端、三浦勢が矢を射かける。
  • 義盛は、射られて絶命する。
  • 和田合戦は、大勢の死傷者を出して終結。
北条義時
北条義時

力を持つ者を人は恐れる。

恐れることで人はまとまる。

あなたのお父上から教わったことです。

  • 実朝は、今後は後鳥羽上皇を頼みとして、安寧の世をつくると決意する。

義時が和田義盛の職を引き継ぐ

  • 義時は、侍別当だった義盛の職を引き継ぐ
  • 妻のえは、義時が向かうところ敵なしとなったと大喜びする。
  • 義盛の死から18日後、大地震が起こる。

<第42回あらすじ第40回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第41話の見どころ・史実解説

第41話の見どころ

見どころ

・和田義盛の最期

・戦場となる鎌倉御所

ついに、「鎌倉殿の13人」のひとりである和田義盛も、一族郎党滅ぼされてしまいます。

歴史にいう「和田合戦」ですね。

鎌倉の町が戦場になった大合戦です。

かなり切羽詰まったシリアスな内容です。

しかしそんな時も「ドクロ忘れた」と笑いを挟んでくるのが、さすがです。

【解説】史実とドラマの違い

どこからどこまでが史実なのか、確認してみましょう。

おおむね史実通り

・和田勢が、大江広元邸・義時邸・御所を襲撃した

・挙兵時に、三浦勢は北条についた

・義時は、義盛の侍所別当の職を引き継いだ

ドラマの演出

・大江広元が、燃える御所へドクロを取りに帰った

・実朝の名前で、相模の御家人に書状を出した
 →史料では、義時と広元の名前で招集した模様

・実朝が、義盛の助命歎願した

・実朝が、陣頭に立って和田を説得した

・和田義盛は、三浦勢の射殺された
 →江戸義範の郎党に討ち取られた

和田合戦は、2日間にわたって鎌倉の市街の各所で繰り広げられました。

和田勢で、獅子奮迅の戦いぶりを見せたのは、三男の朝比奈義秀でした。

惣門を打ち破って南庭に乱入して、幕府側の御家人をバッタバッタと斬ったそう。

『吾妻鏡』には、朝比奈義秀の戦いぶりが次のように書かれています。

神の如き壮力を明らかにし、彼に敵する軍士に死を免れる者無し

引用元:『吾妻鏡』

2日目の18時頃、義盛の息子・義直が討ち取られます。

和田義盛
和田義盛

今は戦う甲斐もなし

義盛が大号泣しているところへ、江戸義範の郎党が襲って討ち取ったと伝わっています。

合戦後、固瀬川には和田一族の首がさらされました。

その数なんと、234

一族郎党、ことごとく討たれたことが分かりますね。

大河ドラマの和田義盛は、朴訥なお人好しで、愛されキャラでした。

義盛ロスになる人も多いのでは。

畠山重忠も死に、和田義盛も死んだとなると、ドラマはどんどん殺伐となっていきそうですね。

<第42回あらすじ第40回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第41話の感想


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【のえ】

    【北条政子】

    【三浦義村】

    【源実朝】

    【北条時政・りく】

    【畠山重忠】

    【比奈】

          【善児・トウ】

          【キャスト】

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

          大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

          サービス名月額料金無料期間
          NHKプラスなし7日間
          NHKオンデマンド990円なし
          U-NEXT2,189円31日間

          NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

          U-NEXTでは、

          • 無料トライアル期間は600ポイント
          • 有料期間は毎月1200ポイント

          が自動チャージされます。

          そのポイントを使って、NHKオンデマンド

          U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
          • 1話ずつ購入(220円)
          • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

          のいずれかで、お得に視聴することができます。

          U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

          \31日間無料!/

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】41話ネタバレあらすじと感想まとめ

          まとめ
          • 和田合戦が起き、御所が火の海となる
          • 和田義盛と一族が滅ぼされる
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク