大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、主人公の父親である北条時政が主要キャラとして登場します。

坂東彌十郎さん演じる北条時政は、お茶目で憎めない性格で、従来の時政像をくつがえす人物像です。

第1回目から毎回登場するので、時政の最期や死因が気になる人も多いでしょう。

この記事では、

・北条時政の死因は?

・北条時政は、なぜ孫の泰時に供養してもらえなかった?

・北条時政のお墓の場所はどこ?

について、解説をまとめました。

スポンサーリンク

北条時政の死因と享年は?

北条時政の死因は、腫物による病死です。

享年78歳で、伊豆で亡くなっています。

源平合戦の時代を生きた武士としては、結構長生きしたと言えそうです。

ただ、死因が「腫物」というのは、ちょっとピンとこないですよね。

具体的には、何の病気だったのか考察してみました。

【時政の死因1】癌?

「腫物ができて死亡する病気」と言えば、やはりまず思い浮かぶのはガンですよね。

日本でガンという病名が一般的に使われるようになったのは、江戸時代末期です。

なので、鎌倉時代だと「腫物」と呼んでいたろうと思います。

悪性腫瘍であるなら、目立つくらいに腫れ上がっていたのではないでしょうか。

【時政の死因2】皮膚病?

腫物なので、皮膚病の可能性も高いです。

例えば、膿皮症という病気の場合は、どんどん化膿していき、外科手術しないと治らない場合もあります。

鎌倉時代の医療だと、重篤な皮膚病だと死に至った可能性もありそうです。

【時政の死因3】敗血症や髄膜炎?

腫物にばい菌が入って悪化し、敗血症や髄膜炎を合併し、亡くなる場合もあります。

腫物そのものではなく、合併症で死ぬということですね。

敗血症は、インフルエンザのような症状がでた後に、意識がもうろうとしたり呼吸が速くなって、死に至ります。

髄膜炎は、ばい菌が脳の髄膜に侵入して、死に至ります。

髄膜炎の場合も、風邪のような症状が出た後に、意識を失ったりけいれんを起こしたりして亡くなります。

鎌倉時代だと「腫物ができた後に、急に具体が悪くなって亡くなった」という感じだったかもしれません。

スポンサーリンク

死後の北条時政とお墓の場所は?

孫の泰時に供養してもらえなかった理由は?

北条時政が死んだのは、1215年2月6日でした。

北条時政は、伊豆の小さな豪族でしたが、鎌倉幕府の執権にまで昇りつめた人物。

しかし、評判はよろしくありませんでした。

畠山重忠を陥れて殺害したり、孫の源実朝の暗殺を謀るなどしたため、失脚してしまいます。

そのため、孫の北条泰時は「北条時政は謀反人」として、法要・供養をしませんでした

北条家の初代は、北条義時としており、時政の存在を否定したのです。

北条泰時は、源頼朝や政子、義時は厚く供養していたそうですから、時政はよほど忌み嫌われていたのでしょう。

お墓の場所はどこ?

北条時政のお墓は、静岡県伊豆の国市の願成就院にあります。

頼朝の奥州征伐の勝利祈願として、建立されたお寺ですね。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第21回で、仏師の運慶が伊豆に来て阿弥陀如来像を彫るシーンがありました。

あの阿弥陀如来像などは国宝に指定されてます。

この願成就院に、時政のお墓があります。

晩年は不遇をかこった時政ですが、やはり初代執権にまでなっただけあって、お墓も立派ですね。

願成就院

・所在地:静岡県伊豆の国市寺家83-1

・拝観時間:10~16時(最終受付15時半)


・休館日:火曜・水曜

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【のえ】

    【北条政子】

    【三浦義村】

    【実朝】

    【北条時政・りく】

    【畠山重忠】

    【比奈】

          【善児・トウ

          【キャスト】

          新しいタブでプレビュー

          スポンサーリンク

          北条時政の死因と最後まとめ

          まとめ

          ・北条時政の死因は、腫物による病死

          ・享年78歳

          ・孫の北条泰時は、時政を謀反人として供養しなかった

          ・お墓は、伊豆の国市の願成就院にある

          スポンサーリンク
          スポンサーリンク