大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』には、宮沢りえさん演じる「りく」が登場します。

北条時政の後妻で、歴史的には「牧の方」と呼ばれている人物ですね。

北条時政とりくは、失脚した後は伊豆に隠居し、二度と政治に関われませんでした。

この記事では

・りく(牧の方)は、最後どうなった?

・りく(牧の方)の死因や享年は?

について、解説をまとめました。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】りく(牧の方)の最後や死因は?

りく(牧の方)は最後どうなった?

北条時政とりくは、畠山重忠を陥れて殺害し、源実朝の暗殺に失敗した後に失脚します。

ふたりは鎌倉から追い出されて、伊豆で隠居することに。

謀反人でありながら、誅殺されずに済んだのは、北条政子と義時の親だったからでしょう。

時政が失脚したのが1205年で、時政が亡くなったのは10年後の1215年。

享年78歳でした。

夫の時政が亡くなった後は、りくは京に戻ります

元々、りくは京で生まれ育った女性ですし、娘夫婦が京にいたからです。

りくのその後の様子は、藤原定家の日記「明月記」に時おり出てきます。

藤原定家は、りくの孫娘の舅です。

親戚だったので、身内の話として知る機会が多かったのでしょう。

りくは最後どうなった?

・りくは、娘婿の藤原国通の家に身を寄せ、贅沢に暮らした

・京に戻ってからも、たびたび鎌倉を訪れていた


・1227年に、時政の13回忌を派手に執り行った

・京の寺社に、孫娘らを連れて派手に参拝していた

などの様子が、「明月記」に書かれています。

りくの贅沢ぶりや派手な振る舞いを、藤原定家は苦々しく思っていたようです。

謀反人として誅殺されてもおかしくなったりくですが、その後もある意味「自分らしく」生きたようです。

北条時政の最後や死因については、別の記事をご参照ください。

北条時政の死因は癌?最後は泰時に嫌われて供養もしてもらえず!

りく(牧の方)の死因と享年は?

りくの死因と享年は、くわしく分かっていません。

ただ、「明月記」の法事などの記録からして、1229年4月に亡くなったのではないかと推測されています。

りくは、生年月日も不詳なので、享年もはっきりと分かりません。

逆に言えば、「明月記」に細かいことが書かれてないことを考えると、病死とか老衰とか、ありきたりの死に方だったのかもしれませんね。

娘夫婦や孫たちに看取られて、亡くなったのではないでしょうか。

謀反人として誅殺されてもおかしくなかったことや、

北条時政が、孫の泰時に謀反人として扱われ、死後ほとんど供養してもらえてないことと比べても、

かなり恵まれて幸せな死に方だったと言えそうです。

ちなみに、1229年に亡くなったとすれば

りくは長生きした

・夫の北条時政より、14年長生きした

・北条政子や義時より長生きした

ということになります。

そういう点も、ある意味「りく(牧の方)らしい」というか、悪運強い感じがします。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】りく(牧の方)の最後や死因まとめ

・りく(牧の方)は、夫の北条時政の死後は、京の娘夫婦の下に身を寄せた

・りくは、京でも贅沢に派手に暮らした

・りくの死因や享年は、はっきりと分かっていない

・りくは、1229年に亡くなったと推測され、北条政子や義時よりも長生きした

スポンサーリンク
スポンサーリンク