大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の前回は、公暁が修業に出るところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第40回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブック(完結編)を資料にまとめました。

\ついに完結編/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第40回ネタバレあらすじ(10/23)

泉親衡の乱が勃発

<健暦2(1212)年、春>

  • 後鳥羽上皇が、鎌倉幕府に、火事で焼けた閑院内裏の修復をさせる。
  • 和田義盛の館に、修復工事に反対する御家人たちが集まる。

<健暦3(1213)年2月>

  • 泉親衡の乱が勃発。
  • 加担者に、和田義盛の息子や甥がいたことが発覚。
  • 義盛の息子や甥は、「誘われて親衡の話を聞きに行っただけ」と釈明。
  • 親衡は、御家人たちをそそのかした後、消息不明に。
  • 大江広元が「上皇が、鎌倉を揺るがそうとしている」と進言
大江広元
大江広元

北条が鎌倉の政を動かしているのが、お気に召さないようです。

  • 泉親衡を名乗り、御家人をたきつけたのは、実は源仲章と判明。

義時と義村が、和田義盛を陥れる

  • 和田義盛が、親衡に関わった身内を歎願する。
  • 義時は、大江広元との密談で、上総之介広常を思い出す。
北条義時
北条義時

最も頼りになる者が最も恐ろしい…

消えてもらうか

  • 翌日、和田一族が赦免を求めて御所の庭に集結。
  • 和田胤長を、陸奥国へ流罪と決める。
  • ショックを受けた胤長の娘(6歳)が急死。
  • 和田義盛は、三浦義村に不満をぶつける。
三浦義村
三浦義村

いっそのこと北条を倒して、俺たちの鎌倉をつくるってのはどうだ?

  • 泰時が、「なぜ和田を追い詰めるのか」と義時に質問する。
北条義時
北条義時

北条の世を盤石にするため、和田には死んでもらう

  • 納得できない泰時が、義時と口論になる。
  • 三浦義村が、「もう一押しで、和田は間違いなく挙兵する」と伝えに来る。
  • 和田を焚き付けながら裏切る三浦に、泰時がショックを受ける。
  • 三浦胤義が、三浦義村を疑って腹を探る。
三浦義村
三浦義村

そうやって俺は生きてきた。

三浦はまだ生き残っている。

つまりそういうことだ。

  • 政子が、和田とのいさかいを穏便に済ませようとして、義時と話し合う。
  • 義時は、「誰も死なせたくないのは、自分も同じ」ととりつくろう。
  • その後、義時は広元に「和田をたきつける良い手を思いついた」と打ち明ける。

実朝が巫女のおばばに会いに行く

  • 実朝が、千世を永福寺に連れて行き、巫女のおばばに会わせる。
  • おばばは、自分が見た夢の話をする。
おばば
おばば

鎌倉が火の海になる。たくさんの血が流れる。

義盛と子供らが死ぬ。由比ガ浜にヒゲ面の首が並ぶ。

  • 平盛綱が駆け込んできて、実朝に御所に戻るよう伝える。
  • 義時は、義盛を怒らせるため、和田胤長の館を没収していた。
北条義時
北条義時

戦には大義名分がいるのです。向こうが挙兵すれば、それは謀反。

実朝と政子が仲裁に入る

  • 実朝が、政子に相談する。
  • 政子が義盛に、挑発に乗らないよう伝える。
  • 政子の手引きで、義盛は御所に忍び込み、実朝と接見する。
源実朝
源実朝

いつまでもそばにいてくれ。

和田義盛は、鎌倉一の忠臣だ。

  • 実朝と政子が、義時と義盛の二人を呼び寄せる。
  • 実朝が「北条と和田に手を取り合って欲しい」と頼む。
  • 義時と義盛は、鎌倉のために尽くすことで合意する。
  • 政子が義時を呼び止めて、叱り飛ばす。
北条政子
北条政子

戦をせずに鎌倉を栄えさせてみよ!

和田義盛
和田義盛

政はお前に任せるよ。

力がある時は、俺に言え。

これからも支え合っていこうぜ、小四郎。

勘違いした和田一族が挙兵

  • 和田の館では、義盛の帰りが遅いのは北条の罠にはまったからだと大騒ぎ。
  • 義村は、三浦胤義、八田知家、長沼宗政に手の内を明かす。
三浦義村
三浦義村

挙兵したら寝返ることになってる

  • 八田や長沼は、義村につくことを決意。
  • 和田勢は、まず大江広元の館を襲って、広元を人質にとる戦略を立てる。
  • 和田義直が先発隊を率いて出陣する。

<第41回あらすじ第39回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第40話の見どころ・史実解説

第40話の見どころ

見どころ

・腹黒い北条義時と三浦義村

・義時を叱責する北条政子

・純粋で単純な和田義盛

今回は、それぞれのキャラクターの個性が際立つ回ですね。

どんどんダークサイドにはまっていく北条義時と、昔と変わらず真っ直ぐな和田義盛。

北条政子の「戦をせずに鎌倉を栄えさせてみよ!」のセリフには、誰もが共感するのでは。

【解説】史実とドラマの違い

第40回の内容は、どこからどこまでが史実なのか、確認しましょう。

おおむね史実通り

・泉親衡の加担者に、和田義盛の息子と甥がいた

・和田一族がそろって御所で助命歎願した

・和田の息子は放免されたが、胤長は陸奥国へ流罪になった

・胤長の娘は、ショックで急死した


・義時が、和田胤義の館を没収した

・義時が、和田一族を挑発しまくった

・義村は、最終的に北条家についた

ドラマの演出

・泉親衡は、実は源仲章だった
 →史実では、ちゃんと別人

・朝廷が鎌倉を陥れるために、泉親衡の乱を画策した
 →歴史家の間では、義時が計画した可能性が指摘されている

・三浦義村が、和田を陥れた
 →最後に三浦が寝返ったのは事実だが、謀略は演出

・実朝と政子が、義盛と義時を仲裁した
 →実朝が、書面で義盛に真意を確認した

・政子が、義時を叱責した
 →史実なし


・和田一族は、義盛が北条家の罠にはまったと勘違いして挙兵
 →勘違いからではなく、計画的に挙兵した

前回、和田義盛が上総国の国司になりたいと申し出て、却下されました。

ドラマでは、義時が反対したからとなってましたね。

しかし、史実では政子が難癖つけて潰したのでした。

和田に力をつけてほしくなかったのは、政子も同じだったんですね。

今回、ドラマでは実朝に相談された政子が、

・和田に挑発に乗らないよう説得する

・義時を叱責する

という場面がありますが、ドラマ演出ですね。

政子が、和田を助けようとしたとは思えません。

一方で、義時が和田を挑発しまくったのは、史実も同じです。

「和田が挙兵しそう」と噂が立ったので、実朝が「どういうつもり?」と書面で真意を問うています。

和田義盛
和田義盛

上(実朝)に恨みはござらん。

ただ相州(義時)の傍若無人の仔細を問いたださんがために用意している

腹芸ができない、真っ直ぐな性格の和田義盛らしい返事ですよね。

来週は、ついに鎌倉が戦場となる「和田合戦」です。

お見逃しなく!

<第41回あらすじ第39回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第40話の感想


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【のえ】

    【北条政子】

    【三浦義村】

    【源実朝】

    【北条時政・りく】

    【畠山重忠】

    【比奈】

          【善児・トウ】

          【キャスト】

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

          大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

          サービス名月額料金無料期間
          NHKプラスなし7日間
          NHKオンデマンド990円なし
          U-NEXT2,189円31日間

          NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

          U-NEXTでは、

          • 無料トライアル期間は600ポイント
          • 有料期間は毎月1200ポイント

          が自動チャージされます。

          そのポイントを使って、NHKオンデマンド

          U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
          • 1話ずつ購入(220円)
          • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

          のいずれかで、お得に視聴することができます。

          U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

          \31日間無料!/

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】40話ネタバレあらすじと感想まとめ

          まとめ

          ・北条家の地位を盤石にするため、義時が和田一族を滅ぼそうと謀略

          ・実朝と政子が、和田と義時の仲裁をする

          ・義盛が北条の罠にはまったと勘違いして、和田一族が挙兵する

          スポンサーリンク
          スポンサーリンク