NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

NHKの朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』も、るいの「大阪編」に入りました。

1227(41)の放送では、男性客がクリーニングのクレームを言いにやって来ます。

「こわもての田中」と呼ばれていますが、実は「岡山編」にも登場していました。

この記事では、

  • こわもての田中は「岡山編」のどこで出てきた?
  • こわもての田中は、何の伏線?

について、解説と考察をまとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】クリーニング店のクレーム客こわもての田中の正体は?

竹村クリーニング店に、「服に穴が空いていた」とクレームをつけたのは「こわもての田中」でした。

こわもての田中は、「岡山編」にも登場しました。

「大阪編」にも登場したからには、何かの伏線となっている気がしますよね。

こわもての田中は算太の借金取りだった

1227(41)の放送で、るいの働く竹村クリーニング店に、「服に穴が空いていた」と男性の客がクレームを言いに来ました。

「どこかで見たことあるな」と思った人もいるかもしれません。

119(7)の放送で、たちばなの店に押し掛けてきた、算太の借金取りが「こわもての田中」でした。

金太が算太を勘当するきっかけになりましたね。

こわもての田中が、再び登場したわけです。

生まれる前の話なので、もちろんるいは知りませんよね。

クリーニングを出してるという状況から、竹村クリーニング店の近所に住んでいるのかもしれません。

けれどるいは「見かけない客」と言っているので、何か目的があって服をクリーニングに出した可能性もあります。

「服に穴が空いてた」というのは、ただのイチャモンということですね。

【考察】誰かがこわもての田中から借金する?

「大阪編」にも、こわもての田中が登場しました。

「何かの伏線?」と思ってしまいますね。

こわもての田中は、借金取りなのでヤクザな仕事をしていると推測できます。

今後の展開の中では

  1. ふたたび算太がらみで問題が起こる
  2. 「大阪編」からの登場人物が、借金を抱える
  3. 竹村クリーニング店に、嫌がらせを続ける

などが考えられるのではないでしょうか。

算太の借金を振り返ってみましょう。

出征前に、算太は大阪のダンスホールで働いていました。

ダンスホールが閉店した後、算太は借金をしながら大阪で暮らしていましたね。

戦後に岡山に帰って来たものの、またお金をもって失踪してしまいます。

安子は、算太が大阪にいると考えて探しに行きました。

「大阪編」でも算太は大阪にいて、またこわもての田中から借金しているのかもしれません。

考えられる別のパターンは、「大阪編」の登場人物がこわもての田中に借金するというもの。

あるいは借金ではなくても、こわもての田中とトラブルを抱えるのかもしれません。

  • 大月錠一郎(ジョー)
  • トミー
  • ジャズ喫茶の小暮洋輔

などがトラブルを抱えるのかもしれませんね。

また、竹村クリーニング店をターゲットにしていることも考えられます。

いずれにしても、今後何かしら面倒が起こりそうな気配です。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】の見逃し配信をお得に観るには?

連続ドラマ小説『カムカムエヴリバディ』は、平日は毎日あるので見逃すと、あっという間に進んでしまいますよね。

見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】こわもての田中まとめ

『カムカムエヴリバディ』では、「岡山編」に登場したこわもての田中が、「大阪編」にも登場します。

  • こわもての田中は、算太の借金取りだった
  • 「算太が再び問題を抱える」
    「大阪編の人物が借金を抱える」
    「竹村クリーニング店が嫌がらせを受ける」
    などの展開が考えられる

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク