NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』では、安子がロバートと再婚してアメリカへ渡りました。

すぐに10年後の「大阪編」が始まりましたが、安子の消息は出てきませんね。

「安子は、その後どうなったの?」と気になります。

この記事では、

  • 安子は、渡米してその後どうなったのか?
  • 安子はアメリカで差別された?
  • ロバートの子どもを生んだ?

など、いろいろな視点で考察をまとめました。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ考察】安子はその後アメリカでどうなった?

1222日の放送回で、安子はロバートと再婚して渡米することを決めました。

「え、こんなふうに、るいと生き別れるの?」とショックでしたよね。

アメリカへ渡った安子は、その後どうなったのか、考察してみました。

安子とるいが再会するかどうかについては、別の記事にまとめたのでご参照ください。

安子は戦争花嫁になった

安子のように、戦後アメリカ兵と結婚した日本人女性は、「戦争花嫁」と呼ばれました。

45000人ほどいたそうなので、ちょっとした地方都市の人口くらいいますよね。

米兵相手の水商売などで知り合う女性も多かったので、蔑視されることも多かったようです。

アメリカ赤十字社は、アメリカ文化を教える「花嫁学校」を日本国内に、100校以上開校しました。

当時は、日本国内のあちこちに進駐軍がいたということなのでしょうね。

また、戦争花嫁になる人が多かったことも分かります。

安子は偏見・差別にさらされた?

安子たち戦争花嫁が渡米したのは、昭和20~30年代です。

現代でも日本人は、黄色人種として差別される傾向にありますよね。

当時は、今よりさらに偏見・差別にさらされたそうです。

アメリカ人からすると、真珠湾攻撃は卑怯なやり方ですから、日本人には風当たりが強かったでしょう。

アメリカでは、人種解放の民権運動が始まる前。

バスなどの公共交通機関の座席は、白人は前、黒人は後ろと決まっていました。

日本人は、真ん中辺りに座らなければならなかったようです。

安子が住んだ場所によっても、生活は左右されたでしょう。

南部などの州だと「日本人は一人もいない」という町がたくさんあったはず。

そうすると、友達をつくるのも大変で、孤独を感じたかもしれません。

また、長い間日本語を使わないと、日本語を忘れる人も多くいます。

一方、サンフランシスコやシアトル、サクラメント、ロスなどの西部なら、日本人はたくさんいました

日本人町もあったので、友達もつくりやすいですし、心の支えにもなったでしょう。

ただ、安い賃金で働く日本人を嫌うアメリカ人も多くいました。

やはり偏見・差別は免れなかったと思います。

日本人である以上、安子はアメリカのどこにいても、偏見・差別という苦労はしたでしょうね。

安子はアメリカを転々とした?

帰国したロバートが軍人を続けたか、退役したかでも、安子の生活は大きく違っていたはずです。

アメリカは戦争の多い国なので、頻繁に赴任先が変わります

赴任地を転々とするうちに、日本の親戚と連絡が途絶えた戦争花嫁は、とても多かったそう。

安子も、あちこちとアメリカ国内を転居したかもしれません。

一箇所に落ち着いて、周りの人と人間関係を築いて、という生活にはなりにくいですよね。

あるいは、ロバートが海外の前線に送られると、安子はアメリカでひとり待っていなければなりません。

数カ月から数年にわたる場合もあります。

安子ひとりで長期間、別居生活するのは、精神的にかなりしんどいのでは。

南部だと相談する友達もいなくて、かなり孤独ですよね。

ロバートの性格なら、安子のために軍人を退役したかもしれないなと思います。

安子は稔を戦争で失いました。

ロバートも失うのではと不安になりますよね。

ロバートなら、安子の心配や不安を少しでも減らそうとしたのでは。

安子が暮らしやすい町で、民間の仕事をして暮らしたかもしれませんね。

どこであっても、ロバートが頼りで、ロバートに左右される暮らしだったかもしれません。

安子は音信不通になった?

前述しましたが、夫が軍人だと転居が多いため、音信不通になった戦争花嫁は多かったそうです。

また、昭和2030年代と言えば、1ドル360円の固定為替の時代。

国際電話は、おそろしく高額でした。

「もしもし、元気にしてる?」

「うん、元気にしてるよ」

という会話だけで、当時のお金で3000円したそうです。

昭和26年の大卒銀行員の初任給と、同じくらいしたのです。

そもそも安子は、「るいを日本において、アメリカに渡った」という経緯があります。

1223日の放送回では、勇が

「ねえさんが、るいを置いてアメリカへ行くなんて、よほどのことがあったんじゃろ」

というようなことを言っていました。

安子は、渡米してから雉真家とは連絡をとっていないようです。

安子が連絡を取り合うとしたら、

  • 豆腐屋の絹ちゃん
  • 喫茶店ディッパーマウス・ブルースのマスター

くらいでは。

それも、頻繁に連絡を取り合うという感じではない気がします。

安子はロバートの子どもを生んだ?

安子がロバートとアメリカへ渡ったのは、1951(昭和26)年です。

安子は、1925(大正14)3月生まれ。

26歳で渡米したんですね。

まだ若いので、ロバートとの間に子どもができたと考えるのが自然でしょう。

るいには、異父妹弟がいそうですね。

安子はおはぎを作って売った?

その後、安子はアメリカで何か仕事をしたか、考えてみましょう。

子育てがひと段落ついた頃には、働き始めたかもしれませんね。

「たちばな」でも対応上手だったので、接客業は向いていそうです。

日本人コミュニティのある町なら、日本の文化を伝える活動なども考えられます。

あるいは、やはりおはぎなどの和菓子をつくって売ったかもしれません。

日本人町なら、小豆などの食材も手に入れやすいです。

アメリカ人相手、日本人相手、どちらにも買ってもらえそうですよね。

村雨辰剛さんが「円満」コメント

1月13日の追記です。

1月13日の『あさイチ』にロバート役の村雨辰剛さんが登場しました。

博多大吉さんから「海の向こうで元気にやってますか?」と『カムカム』ネタの質問をしたんですね。

村雨辰剛さんは「元気でやってます」「もちろん、円満です」答えていました。

ロバートと安子は、元気に仲良くやっているようで、ちょっと安心しましたね。

★3/10追記です。

NEWポストセブンの芸能ニュースによると、最終回までに安子が再登場しそうです。

最終回については、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

【ネタバレ】最終回どうなる?伏線をどう回収するか予想!

【考察】誰がたちばなを再建しておはぎを作ってる?


当ブログでは、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

カムカムエヴリバディのカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む(ひなた・京都編)

【ひなた】

【雉真稔】

【算太】

【トミー】

【桃太郎】

【吉右衛門】

【勇・雪衣】

【映画村】

    【その他】

    スポンサーリンク

    【カムカムエヴリバディ】の見逃し配信をお得に観るには?

    連続ドラマ小説『カムカムエヴリバディ』は、平日は毎日あるので見逃すと、あっという間に進んでしまいますよね。

    見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

    サービス名月額料金無料期間
    NHKプラスなし7日間
    NHKオンデマンド990円なし
    U-NEXT2,189円31日間

    NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

    U-NEXTでは、

    • 無料トライアル期間は600ポイント
    • 有料期間は毎月1200ポイント

    が自動チャージされます。

    そのポイントを使って、NHKオンデマンド

    U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
    • 1話ずつ購入(220円)
    • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

    のいずれかで、お得に視聴することができます。

    U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

    \31日間無料!/

    スポンサーリンク

    【カムカムエヴリバディ考察】その後の安子inアメリカまとめ

    ロバートと再婚して渡米した安子は、その後どうなったかを考察しました。

    • 安子は、日本人ということで偏見・差別にあう苦労をした
    • ロバートが軍人を続けた場合、安子も赴任地を転々とした
    • ロバートの性格から、退役して安子が幸せになる暮らしを模索したのではないか
    • 安子が連絡するなら、親友の絹か喫茶店のマスターが考えられる
    • 安子は、渡米してしばらくすると、日本と音信不通なったかも
    • 安子は、ロバートの子どもを生んだ可能性が高い
    • 日本人町のある土地なら、安子はおはぎを作って売ったかも
    • 1/13の「あさイチ」でゲストの村雨辰剛さんが「円満です」とコメント

    というのが、この記事のまとめです。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク