るろうに剣心 最終章 The Final
スポンサーリンク
[quads id=6]

実写映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、最後の方で弟の縁が、巴に会いにやって来ます。

翌日、巴は闇乃武の首領・辰巳に会いに行きました。

「何のために、辰巳に会いに行ったの?」と思った人もいるのではないでしょうか?

この記事では、

雪代巴は、なぜ闇乃武・辰巳に会いに行ったのか

について、解説します。



[quads id=4]
スポンサーリンク

雪代巴はなぜ闇乃武・辰巳に会いに結界の森へ行った?

池田屋事件と禁門の変が起きた後、長州藩は朝敵とされました。

剣心と雪代巴と薬売りの夫婦となって、身を潜めていましたね。

そして1230日の晦日に、弟の縁が巴に会いに来ます

縁は、

  • 巴が京に出た後、縁もすぐ後を追った
  • 江戸の父親には会っていない
  • 巴の居場所が分かったのは、闇乃武の連絡係だから

だと言いました。

巴は、翌朝早く、結界の森の辰巳に会いに行きました。

なぜかというと

  • 縁をまきこみたくないから
  • 闇乃武の辰巳にウソの報告をして、剣心を守ろうとしたから

です。

もともと、巴は剣心に復讐するために近づきました。

同じく幕府から抜刀斎討伐を命じられていた闇乃武と、手を組んだのです。

辰巳は、巴に剣心の懐に入り込んで、弱みを握るよう命じていました。

しかし、剣心の人柄を知るうちに惹かれてしまった巴は、復讐する意思がなくなってしまいます。

穏やかに二人で暮らしているところへ、縁が

  • 抜刀斎に天誅を下すつもり
  • 闇乃武の連絡係になっている

ことが分かったため、巴は「何とかしなければ」と思ったのです。

そこで日記に

「あの人は、これから先も人を斬る。けれどさらに先、斬った数より大勢の人を必ず守る。ここで決して死なせてはならない。私が必ず命に代えても守る」

と書き記します。

巴は、決死の覚悟で辰巳に会いに行きます。

剣心について、嘘の弱みを報告しに行ったのです。

しかし辰巳の方が上手で、巴を剣心の弱みとして利用

「ありもしない弱みに期待するより、作ってしまった方が無難」と言っていましたね。

さらには、死んだいいなずけの清里明良の話を持ち出して、巴に釘を刺します。

巴からすれば、剣心を助けたい、けれど清里明良にも面目ない思いだったでしょうね。

「命に代えてでも」と覚悟して家を出てきた巴は、辰巳の前に立ちはだかって、剣心を守りました

巴がなぜ剣心に十字傷をつけたのかは、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。

大人気『るろうに剣心』の
・実写映画シリーズ
・TVアニメシリーズ
・原作漫画
は、全部まとめてU-NEXTでどうぞ!
『最終章The Beginning』のベースの『るろうに剣心 追憶編』も配信中です!

>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は21年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

















[quads id=1]
スポンサーリンク

【まとめ】巴はなぜ闇乃武・辰巳に会いに結界の森へ行った?

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、雪代巴が闇乃武の辰巳に会いに行くシーンがあります。

  • 巴は、「縁を巻き込まないため」「剣心の嘘の弱みを報告するため」に辰巳に会いに行った
  • 辰巳は、初めから巴を剣心の弱みにするべく利用した
  • 自分の命に代えても剣心を守る覚悟だった巴は、辰巳の前に立ちはだかって、斬られた

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク