実写映画『るろうに剣心・京都大火編』の登場人物ネタバレ相関図とキャスト
スポンサーリンク

2014年に公開されたシリーズ第2弾の『るろうに剣心 京都大火編』では、剣心に強敵が現れ、ますますおもしろくなりました。

この記事では、『るろうに剣心 京都大火編』の

  • 登場人物のネタバレ相関図とキャスト
  • くわしいネタバレあらすじ

を解説します。


スポンサーリンク

【るろうに剣心・京都大火編】登場人物ネタバレ相関図&キャスト

『るろうに剣心 京都大火編』の登場人物ネタバレ相関図はこちら。

実写映画『るろうに剣心・京都大火編』の登場人物ネタバレ相関図とキャスト

1段目が役名、2段目がキャスト名です。

以下のようにグループ分けしています。

  • ピンク:神谷道場
  • グリーン:明治政府
  • グレイ:志々雄一派
  • ブルー:隠密

シリーズ第2弾の『京都大火編』では、主要登場人物が増えましたね。

  • 剣心が新月村で助ける三島栄次
  • 剣心が神社で対決する沢下条張(刀狩りの張)

も相関図に入れたかったのですが、スペースに入りきれませんでした。

『京都大火編』で新しく加わった登場人物も、みなそれぞれに個性が強く魅力的。

剣心と同じく影の人斬り役だった志々雄真実(藤原竜也)

志々雄の右腕である剣客・瀬田宗次郎(神木隆之介)

江戸城の隠密御庭番衆の御頭・四乃森蒼紫(伊勢谷友介)

剣心が旅の途中で出会う隠密・港町操(土屋太鳳)

最後に少しだけ登場する比古清十郎(福山雅治)

剣心に志々雄討伐を依頼する、明治政府の内務卿・大久保利通(宮沢和史)

個人的には、剣心と瀬田宗次郎の対決が、一番の見どころではないかと思っています。

2021年4月は、金曜ロードショーで『るろうに剣心』の1作目が放送されます。

コロナなどで延期になっていた「最終章」が公開されるからですね。

2021年は1作目しか放送されないのは、

2020年にも1~3作目を放送した

というのもあるでしょうが、

2作目以降は、伊勢谷友介さんがキャスティングされているから

と思われます。

今後は、『るろうに剣心』のTV放送は制限されると思うと、ちょっと残念ですね。

『るろうに剣心』シリーズの別の作品の相関図などについては、こちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク

【るろうに剣心・京都大火編】ネタバレあらすじをくわしく!

剣心、志々雄討伐を頼まれる

1878(明治11)年、兵庫県の摂津鉱山。

斎藤一は、志々雄真実のアジトに踏み込むも、討伐隊は壊滅。

万策尽きた明治政府の大久保利通は、緋村剣心に志々雄の討伐を依頼します。

志々雄は、かつて剣心を同じように維新側に雇われて、人斬り役をしていました。

しかし明治政府の正当性をくつがえすような行為をしていたため、口封じされることに。

抹殺されたはずの志々雄は生き延びて、明治政府の転覆をもくろむようになったのです。

薫や左之助は引き留めますが、剣心は政府の依頼を受けることに。

受諾の返事をするために内務省へ向かう途中、大久保利通の暗殺現場に行き合わせます。

石川県士族の暗殺計画を利用して、志々雄の手下である瀬田宗次郎が、先に大久保を暗殺したのでした。

剣心が京都へ向かった後、入れ違いに四乃森蒼紫が剣心を探しにやって来ます。

剣心の居場所を言わない相楽左之助は、蒼紫に滅多打ちにされるのでした。

剣心、操と出会う

京都へ向かう剣心は、小田原で巻町操に刀を盗まれそうになります。

剣心と操がもみ合っているところへ、助けを求めてきたのは三島栄次

栄次の新月村は、志々雄一派の襲撃を受けたのです。

剣心は、志々雄の手下をすべて倒したものの、瀬田宗次郎に、逆刃刀を折られてしまいます

京都にたどり着いた剣心は、操の家である葵屋に滞在することに。

操の祖父であるは、幕末には隠密御庭番をしており、隠れみのとして料亭を営んでいたのです。

翁は、剣心に四乃森蒼紫について教えます。

江戸城の隠密御庭番衆の御頭だった蒼紫は、仲間をすべて口封じのために殺されていました。

守るべき仲間も憎むべき幕府もない蒼紫は、やり場のない怒りを剣心に向けているというのです。

操は、蒼紫が変わってしまったことを知らず、今も慕い続けているのでした。

剣心、逆刃刀真打をもらい受ける

剣心は、新しく逆刃刀を鍛えてもらうために、作者である新井赤空を探します。

しかし赤空は、すでに亡くなっていました。

代わりに、息子である青空を訪ねますが、刀はつくらないと断られます。

剣心と入れ違いに青空を訪ねてきたのは、志々雄の手下である刀狩りの張

青空の赤ん坊を人質にして、赤空の最後の刀を差しだすよう強要します。

助けを求められた剣心は、張と戦うことに。

青空は、赤空が最後につくった御神刀を剣心に授けたのですが、それは逆刃刀でした。

御神刀は2本打ち、出来が良い真打ちは神に捧げる習わしだったのです。

剣心は逆刃刀真打をもらい受け、志々雄との戦いに臨むことになりました。

京都大火

志々雄の企ては、池田屋事件をなぞって、京都大火を起こすことでした。

東京から剣心を追ってきた神谷薫明神弥彦も、剣心に加勢することに。

深夜になって火をかける志々雄一派と、食い止めようとする警官で、町はごった返します。

そのころ葵屋では、剣心を探してやってきた蒼紫と、蒼紫の眼を覚まさせようとする翁が対決。

操は翁が蒼紫に斬られるのを見て、呆然となってしまいます。

一方、剣心は志々雄や十本刀が町にいないのは、東京に向かったからと見破ります。

瀬田宗次郎が薫を連れ去るのを見て追いかけ、志々雄の船に乗り込んだのでした。

そして剣心は、海へ突き落された薫を助けようと、自分も海に飛び込みます。

気を失い浜へ流れついた剣心を、比古清十郎がかついで運ぶのでした。











スポンサーリンク

【るろうに剣心・京都】登場人物相関図&キャスト・ネタバレあらすじまとめ

シリーズ第2弾の『るろうに剣心 京都大火編』では、剣心に強敵が現れます。

  • 剣心は、大久保利通から、志々雄真実の討伐を依頼される
  • 志々雄真実は、幕末では影の人斬りだったが、明治政府を転覆しようとしていた
  • 志々雄の手下の瀬田宗次郎との戦いで、剣心の逆刃刀が折れる
  • 剣心は逆刃刀の作者の息子・新井青空を助け、もう一振りの逆刃刀をもらい受ける
  • 志々雄一派は、京都大火の隙に政府を攻撃するべく東京へ向かう
  • 海に落ちた薫を助けようとして、剣心も海へ落ち漂着する

というのが、この記事のまとめです。

大人気『るろうに剣心』の実写映画シリーズ、TVアニメシリーズ、原作漫画は、全部まとめてU-NEXTでどうぞ

※本ページの情報は21年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク