実写映画『るろうに剣心伝説の最期編』の登場人物ネタバレ相関図とキャスト
スポンサーリンク

『るろうに剣心 京都大火編』の続編である『伝説の最期編』はシリーズ3作目。

殺陣のアクションシーンがさらにパワーアップして、見どころが盛りだくさん!

この記事では『るろうに剣心 伝説の最期編』

  • 登場人物のネタバレ相関図とキャスト
  • 簡単ネタバレあらすじ
  • くわしいネタバレあらすじ

を解説します。


スポンサーリンク

【るろうに剣心・伝説の最期編】登場人物ネタバレ相関図とキャスト!

『るろうに剣心 伝説の最期編』の登場人物ネタバレ相関図はこちら。

実写映画『るろうに剣心伝説の最期編』の登場人物ネタバレ相関図とキャスト

1段目が役名、2段目がキャスト名です。

以下のようにグループ分けしています。

  • ピンク:神谷道場
  • グレイ:志々雄一派
  • グリーン:明治政府
  • ブルー:隠密

シリーズ第3段は、とにかく殺陣のシーンが多いですね。

やはり剣心の殺陣シーンは、スピード・迫力ともにしびれましたね。

  • 師匠・比古清十郎VS弟子の剣心
  • 剣心VS四乃森蒼紫
  • 剣心VS瀬田宗次郎

斎藤一が十本刀と戦うシーンは、かなり短かったですね。

  • 斎藤一VS不二
  • 斎藤一VS宇水

左之助も大活躍でした。

  • 相楽左之助VS悠久山安慈

ただ、原作漫画を知っている人だと、左之助と安慈の決闘は、ちょっと物足りない感じだったかもしれません。

そして何といっても、クライマックス

見どころ殺陣シーン
  • 剣心VS志々雄真実
  • 志々雄真実VS4人(剣心・左之助・蒼紫・斎藤)

のアクションシーンは、圧倒的!

インタビューでは、志々雄演じる藤原竜也さんは、相手が4人だったので相当大変だったそう。

他の4人は、「4分の1で済んで助かった」という感じだったようです。

【るろうに剣心・伝説の最期編】簡単ネタバレあらすじ!

この章では、「さくっと簡単に」あらすじをネタバレで解説します。

  • 海岸に打ち上げられていた剣心を助けたのは、師匠の比古清十郎でした
  • 剣心は、清十郎から飛天御剣流の奥義を学びます
  • 志々雄一派の鉄鋼船が浦賀沖に現れ、政府に「抜刀斎をさらし首」にするよう要求
  • 剣心と明治政府は、剣心を打ち首にする芝居をうち、志々雄一派を欺きます
  • 斎藤一は、十本刀の不二と宇水を倒します
  • 鉄鋼船に乗り込んだ左之助は、安慈と対決
  • 瀬田宗次郎は剣心に敗れ、信念が崩れて混乱し絶叫
  • 剣心は志々雄と刀を交えるも、パワーに圧倒され吹き飛びます
  • かけつけた斎藤一と左之助の二人がかりでも、志々雄を倒せません
  • 蒼紫も現れ、四人vs志々雄の乱闘に
  • やけどで発汗細胞が壊滅している志々雄が、動けるのは15分程度
  • 心配した駒形由美が止めようと、志々雄と剣心の間に割って入ります
  • 志々雄は、由美ごと剣心を刺し貫きます
  • 剣心の「天翔龍閃」に志々雄が破れ、鉄鋼船も爆発して沈没
  • 一件落着後、剣心が薫に「(新しい時代を)共に見守って下さらぬか」と、求愛のような告白
スポンサーリンク

【るろうに剣心・伝説の最期編】ネタバレあらすじも詳しく解説!

るろうに剣心の佐藤健

剣心、清十郎から奥義を会得

海に落ちて浜へ流れついた緋村剣心は、比古清十郎に助けられます。

剣心は、子供時代の夢を見ていました。

人買いに連れられていた剣心は、夜盗に襲われます。

夜盗から助けてくれたのが、若き日の比古清十郎。

「死ねば同じむくろ」と言って、墓穴を掘って人買いも夜盗も弔う剣心を、清十郎は弟子にしたのでした。

意識が戻って薫を探す剣心でしたが、丸3日もたっていると知って愕然とします。

そして、清十郎に飛天御剣流の奥義を教えて欲しいと頼むのでした。

剣心は清十郎に稽古をつけてもらいますが、こてんぱんにやられます。

清十郎は剣心に、頬の傷について尋ねます。

そして、「今のお前に欠けているものが何なのか、証明してみろ」と一晩時間を与えました。

しかし剣心は、自分に欠けているものが分かりません。

清十郎は、「己に欠けているものを見いだせぬうちは、敵に勝つことはできん。勝てたとしても、お前の心に住み着いた人斬りには打ち勝つことなどできん」として、師の役目として剣心に引導を渡そうとします。

清十郎の容赦ない太刀に、剣心のは手が震え「俺はまだ死ねない」と強い意志が芽生えたのでした。

「生きようとする意思」を得た剣心は、清十郎から飛天御剣流の奥義を会得します。

剣心、蒼紫と対決

その頃、浦賀沖に志々雄一派の鉄鋼船が現れ、周辺の村は大騒ぎになります。

志々雄は、明治政府に「民衆の前で抜刀斎をさらし首にしろ」と要求。

斎藤一の反対もむなしく、政府は志々雄の要求をのむことに。

一方、漁船に助けられた薫も意識が戻り、左之助や弥彦と東京に帰ります。

また、巻町操は翁の指示で、清十郎の元にいる剣心を訪れます。

そして薫が生きていることを剣心に伝えたのでした。

剣心は、御庭番衆から江戸への抜け道を教わりますが、四乃森蒼紫が待ち伏せていました。

「この時をオレは10年待った。この戦いを終わらせねば、俺は前に進めぬ」と言う青紫を、剣心は倒し東京へ向かいます。

葵屋で操に介抱される蒼紫は、「翁の仇を取りたいなら、遠慮なくやれ」と言います。

しかし操は「あなたには生きてもらうわ、翁の分も」と答えたのでした。

瀬田宗次郎、剣心に敗れる

剣心が神谷道場へ戻ると、薫は不在でした。

恵は新しくあつらえた着物を剣心に渡し、「這ってでも必ず帰ってきて。必ず治してあげるから」と諭します。

そこへ警官たちが乱入し、剣心は捕縛されて連行されてしまいます。

「悪いが生贄になってもらう」と言う伊藤博文に、「志々雄に近づけば勝機はある」と剣心は返し、乗り込むことに。

政府は、剣心を公開斬首するというビラをまき、剣心を囚人として浦賀へ連れて行きました。

薫や左之助、弥彦も剣心を追いかけますが、止めることができません。

民衆や志々雄一派が見守る中、剣心の首が斬られたと思ったその瞬間、剣心の縄が切られます。

斬首人は斎藤一で、志々雄一派に近づいて欺くために、一芝居うったのです。

警官と志々雄の十本刀が乱闘となり、斎藤一は不二と宇水を倒します

剣心たちは志々雄の鉄鋼船に乗り込み、左之助は安慈と戦うことに。

剣心は再び瀬田宗次郎と戦い、打ち負かします。

「強さだけではいけて行けぬ」という剣心に、足を打たれ刀を折られた宗次郎は「僕が間違ったのか」とショックを受けます。

「強い方が正しいというのは志々雄の理屈。一度や二度の戦いで真実の答えが出るくらいなら、誰も生き方を間違ったりはせん」という剣心の言葉に、信念を崩された宗次郎は絶叫するのでした。

志々雄、剣心の「天翔龍閃」に敗れる

剣心は志々雄と刀を交えますが、パワーで圧倒されます。

斎藤一や左之助もかけつけましたが、志々雄は手ごわく敵いません。

さらには蒼紫も現れ加勢し、四人がかりで志々雄を追い詰めます。

重度のやけどで発汗細胞が壊滅してる志々雄は、せいぜい15分程度しか動けません。

心配した駒形由美が、剣心と志々雄の間に入って、戦いを止めようとします。

志々雄は、由美もろとも剣心を刺し貫きます

由美を裏切ってまで勝とうとする志々雄に剣心は驚きますが、志々雄は「てめえのモノサシで計るんじゃねえ」と意に介しません。

また、由美も「嬉しい、初めて戦いでお役に立てて」と笑顔を見せ、絶命したのでした。

背中まで刺し貫かれた剣心と、汗をかけず体温が限界まで上がっている志々雄が一騎打ち。

最後は剣心が飛天御剣流奥義「天翔龍閃」で志々雄を倒します。

志々雄は「久しぶりに愉しい時間だったぜ」と笑い、由美を抱きかかえて階段を上ります。

そして「地獄で会おうぜ抜刀斎」と言い残し、断末魔の叫びをあげて絶命したのでした。

剣心や左之助は、寸でのところで脱出。鉄鋼船は爆発して沈みます。

剣心、薫と生きていく

志々雄の一件が終わり、剣心と薫は神谷道場で移り行く季節を感じていました。

「季節が巡って、剣心が抜刀斎だった時代は、どんどん遠ざかっていく」とつぶやく薫に、剣心は「こうやって生きていくでござるよ。見守って下さらぬか」と返したのでした。
















スポンサーリンク

【るろうに剣心・伝説の最期編】登場人物ネタバレ相関図とあらすじまとめ

実写映画シリーズ第3作となる『るろうに剣心 伝説の最期編』は、『京都大火編』の続編です。

  • 剣心は、比古清十郎から飛天御剣流の奥義を会得
  • 斎藤一は、十本刀の不二と宇水を倒した
  • 左之助は、安慈と対決し、倒した
  • 瀬田宗次郎は剣心に敗れ、自分の信念が崩れて衝撃を受ける
  • 剣心、斎藤一、左之助、蒼紫の四人vs志々雄の殺陣シーンが見どころ
  • 志々雄は、駒形由美ごと剣心を刺し貫く
  • 剣心の飛天御剣流の奥義「天翔龍閃」に、志々雄が破れる

というのが、この記事のまとめです。

大人気『るろうに剣心』の実写映画シリーズ、TVアニメシリーズ、原作漫画は、全部まとめてU-NEXTでどうぞ!

※本ページの情報は21年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク