るろうに剣心 最終章 The Final
スポンサーリンク

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、最後に剣心が闇乃武と戦う場面があります。

闇乃武の三人が「結界」と言って爆死したり、頭領の辰巳相手に、剣心はかなり苦戦したりしていましたね。

「結界って何?」「どうして剣心が、闇乃武に負けそうになったの?」と思った人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • 結界とは?なぜ爆死したの?
  • 闇乃武の正体は?
  • 剣心は、なぜ辰巳に負けそうになった?

について、解説します。


スポンサーリンク

【るろうに剣心】闇乃武の結界とは?

実写映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、最後に剣心が巴を追って、雪山で闇乃武と戦うシーンがあります。

刺客たちは「結界」と言って、爆死していましたね。

「結界って何?あの爆発の意味は?」と思った人も多いでしょう。

この章では、闇乃武と結果について解説します。

闇乃武の結界とは?

まず、闇乃武がアジトにしていた山自体が「結界の森」と呼ばれているところでした。

辞書をひくと結界とは、「修行や修法のために一定区域を限ること」と説明されています。

例えば、陰陽道や西洋の魔法陣なんかで、「ここから先は、魔物は入れない」というように区切られた空間を「結界」と呼んだりします。

また、「魔物が入れないように境界線を引くこと」「結界を張る」と言ったりします。

『るろうに剣心』における「結界」は、そういった一般的な使い方とは、ちょっとちがう印象です。

というのも、『The Beginning』で、剣心が最初に戦った3人の闇乃武衆は、「結界」を張りますね。

「もとより自ら倒せないのであれば、奴を次の仲間に導くのが俺の役目。後は死してこの身を結界となすだけよ」と、一人目の刺客が言っていましたね。

2人の刺客が一回ずつ、合計2回爆発を起こしました。

爆発の閃光で剣心の視力を、爆音で聴覚を一時的にマヒさせて使えないようにしたのです。

そのことを「結界」と闇乃武衆は言っていたのです。

爆発の後も、剣心は山に登り続けているので、「山に入ることを拒む」というような結界の張り方をしていません

一般的には、結界を張ると「物理的に阻まれて、山に入れない」となるのです。

『るろうに剣心』の場合は、そうではなく、「剣心の能力を奪う」ことを「結界」としています。

ちなみに、剣心は雪の冷たさで、触覚もマヒしていたということになっています。

映画では、そこらへんの説明がなかったので、ちょっと分かりにくかったですね。

闇乃武の正体は?

そもそも、闇乃武とは一体何の集団なのでしょう?

ひと言でいえば、幕府の隠密(忍者)です。

四乃森蒼紫は、隠密御庭番衆の頭領。

御庭番衆が江戸城(東)直属なのに対し、闇乃武は京都を中心とした西の隠密でした。

長州藩という攘夷側だった剣心は、幕府からすると敵。

闇乃武は、幕府から抜刀斎討伐の命令を受けていたのです。

剣心の弱みを握るために、雪代巴と縁の姉弟を利用したのですね。

闇乃武のメンバーは?

闇乃武のメンバーは、実写映画では4人登場します。

連鎖刀の村上

巴と居酒屋で出会った後、剣心は正体不明の男に襲われますね。

現場を見た巴が「あなたは本当に血の雨を降らすのですね」と言ったシーンです。

あの時の刺客が、闇乃武の村上でした。

中条

中条は、剣心が巴を探して「結界の森」へ入り込んだ時の、最初の刺客

爆発で剣心の聴覚を一時的に奪いました。

角田

角田(スミダ)は、剣心が中条の後に会った刺客です。

八ツ目無名異と二人で剣心を襲撃しました。

最後は閃光弾で、剣心を一時的に目が見えない状態にしています。

八ツ目無名異

八ツ目無名異は、『最終章 The Final』にも登場しました。

雪代縁の「六人の同士」の一人でしたね。

The Final』ではマスクをつけていて、蒼紫や操と戦いました。

The Beginning』の186465年は、まだ十代ですね。

「結界の森」で剣心を襲った時、角田は爆死しましたが、八ツ目無名異は逃げています。

縁とも顔見知りだったため、『The Final』で縁と手を組んだという流れです。

辰巳

辰巳は、闇乃武の頭領で、実写映画では北村一輝さんが演じています。

原作漫画やアニメの『追憶編』では、60代くらいの老人です。

【るろうに剣心】最後に剣心はなぜ闇乃武・辰巳に負けそうだった?

「結界の森」を奥深く入っていくと、闇乃武の頭領・辰巳がいました。

辰巳は隠密であり、戦闘能が高いのは分かります。

しかし、剣心があれほど滅多打ちにされるのを見て、「どうして?」と不思議に思った人もいるでしょう。

前述したように、辰巳のところへたどり着くまでに、剣心は五感の多くを失っていました

  • 見えない
  • 聞こえない
  • 触覚がない

という状態だったのです。

実写映画では、辰巳が剣心に「聞こえるか抜刀斎、見えるか俺の姿が」と呼び掛けていました。

剣心は、刀で手探りしていましたね。

さすがの剣心も、見えず聞こえずで、辰巳相手に苦戦したというわけです。

最後は、辰巳が自分に斬りかかったタイミングで、「目の前に相手がいる」と感知し、相手を斬ったのでした。

しかし、実際に斬ったのは辰巳ではなく雪代巴でした。

  • 見えず聞こえずなのに、なぜ巴と分かったのか?
  • なぜ巴は、剣心に十字傷をつけたのか?

については、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。

大人気『るろうに剣心』の

  • 実写映画シリーズ
  • TVアニメシリーズ
  • 原作漫画

は、全部まとめてU-NEXTでどうぞ!

『最終章The Beginning』のベースの『るろうに剣心 追憶編』も配信中です!

>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は21年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
















スポンサーリンク

【るろうに剣心】結界や闇乃武まとめ

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』には、闇乃武が巴を利用して、剣心を倒そうとしました。

  • 闇乃武とは、幕府直属の隠密集団
  • 辰巳は、闇乃武の首領
  • 爆発の爆音や閃光で、剣心の聴覚や視覚を奪うことを「結界」と言っている
  • 生き延びた闇乃武の八ツ目無名異は、『The Final』で雪代縁の手下となった
  • 見えず聞こえず、触覚もない剣心は、辰巳相手に苦戦した

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク