NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』では、20週の3/18に松村北斗さん演じる雉真稔が、再登場しました。

稔とるいの親子シーンに感動して、朝から泣いた人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • 雉真稔が、終戦記念日に再登場した理由と意味は?
  • 緻密に計算された演出を解説
  • 撮影したのは真冬の1
  • SNSの反応は?

について、まとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】雉真稔の再登場は安子の祈りへのアンサー?

雉真稔が再登場!

3/18に、雉真稔が再登場しました。

実は前日の夜に、公式アカウントでこんなツイートがあったのです。

体どんな内容かと期待していましたが、宣言通りにたくさんの強い思いが伝ってくる内容でした。

稔さん再登場の場面を振り返ってみましょう。

終戦記念日に岡山の神社に参拝したるいは、白昼夢を見ます。

右隣に立っていたのは、父親の雉真稔

「お父さんですか?」とるいが語りかけると、稔は

「どこの国とも自由に行き来できる

 どこの国の音楽も自由に聴ける。自由に演奏できる。

 るい、お前はそんな世界を生きとるよ」

と、るいに言ったのでした。

それは、稔の願いであり、娘を「るい」と名前づけた理由でもありました。

白昼夢から覚めたるいは、父の形見の英和辞典を抱きしめて

「わたし、アメリカに行きたい。お母さんを探しにアメリカに行きたい」

と錠一郎に語ります。

松村北斗さん演じる稔さんの真っ直ぐなまなざしと、透明感がすごかったです。

朝からジーンとくる名場面でした。

再登場タイミングの理由と意味は?

さて、雉真稔がこのタイミングで再登場したのは、なぜでしょう?

前日の放送回で、勇が「終戦の日まで岡山におってくれたら、ええ供養になろうがの」と言っていました。

1994815日は、終戦49年目。

法事でいうと、ちょうど50回忌だったわけです。

仏教でいう50回忌は、一般的に「弔い上げ」の上げ法要と言われています。

つまり、法要としては最後なので、大きな区切りの意味を持つのです。

ドラマでは、赤ん坊のるいを背負った安子の回想シーンがありました。

終戦の日に、稔の無事を神社で懸命に祈っていましたね。

祈る安子の背中で、赤ん坊のるいは空を見上げていました。

そして、50回忌の同じ日に、るいも同じ神社に参拝したのです。

お盆は、死者があの世からこの世に帰ってくると言われています。

あの世とこの世が、つながりやすい時期と言えるでしょう。

るいは、白昼夢を見るような形で、父・稔と会話しました。

観ていて、「稔は、生きては帰ってこられなかったけれど、いつもるいと安子を想って、見守ってたんだろうな」

と多くの視聴者が思ったはず。

49年前の安子の祈りに、稔が応えたような印象を受けました。

そして、るいが渡米を決意したことから、

るいと安子の再会・和解へとつながっていく重要な意味ももっていましたね。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】雉真稔の再登場シーンは緻密に演出された

死者とつながった奇跡の1分間

終戦記念日も50回忌も、特別な日ですよね。

しかもお盆なので、「あの世から先祖が帰ってくる」という特別な時期

よーく観ると、

  • るいが神社で稔と会話
  • ひなたと平川先生と会話

という2つのシーンは同時進行しており、黙とうのサイレンが鳴っている間に起きているのです。

おそらく終戦記念日の正午のはずですが、1分間だけ死者と生者がつながったのでした。

いくつもの「特別」が重なって、奇跡が起きたような感じです。

とてもドラマチックで、すごい演出ですよね。

彼岸の入りにお盆シーンを放送

法要関係で気になったことが、もうひとつあります。

それは、稔再登場の放送回が3/18だったこと。

3/18は、春の彼岸の入りだったのです。

春分の日の前後3日間を合わせた1週間は、春のお彼岸。

お彼岸も、ご先祖さまをご供養する時期ですね。

やはり、あの世とこの世がつながりやすい時期なのです。

我が家もそうですが、お彼岸にはお墓参りをします。

春のお彼岸に、ドラマのお盆シーンを合わせたのでしょう。

ものすごく芸が細かいというか、計算されつくした演出だったように思います。

春のお彼岸には、「ぼたもち」をお供えするおうちも多いでしょう。

でも、前日のディッパーマウスブルースのシーンが印象深かったので、

「おはぎ」を食べたい気持ちになりますね。

呼び方が違うだけで、同じ食べ物ですが。

なお、同日にカムカム英語の平川先生も再登場しました。

平川先生は、ひなたの妄想や白昼夢ではなく「幽霊」だったのでは?と思ってます。

別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

平川先生の幽霊が登場した理由は?セリフが伏線になってる?

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】再登場のお盆シーンは1月撮影

さて、大月家が岡山に里帰りしたのは8月でした。

しかし撮影は、2022年の1月だったそう。

「神社のシーンは、前々日くらいに雪が降っていたんです。

真夏のシーンなので雪があるわけにはいかなかったんですが、

スタッフが頑張って雪が見えないようにしてくれました。

他にも、美術スタッフが夏の花を飾ったり、陽炎を出したり、

技術スタッフが夏の太陽のような照明を作ってくれたり…。

深津さんもオダギリさんも寒い中、夏の衣装で耐えてくださいました。

引用元:ORICONニュース 2022年3月18日記事 

今年はとても寒い冬でしたが、半袖のキャストも!

きっと、見えないところにカイロを貼っていたでしょうが、すごい役者魂を感じますね。

雉真稔役の松村北斗さんも、自身のブログで

「雪の残る街で仕事をした。夏のつもりで生きた」

と旨のことを書いていたそうです。

吐く息が白くならなかったはずはないのですが、上手に編集したのでしょうか。

すごいですね!

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】雉真稔の再登場に対するSNSの反応は?

3/18に雉真稔が再登場すると、SNSでは「稔さん」がトレンド入り

「カムカム」では、ほとんどの登場人物が呼び捨てされますが、雉真稔は「稔さん」とさん付け。

松村北斗さん演じる稔の徳の高さのようなものが、伺えますね。

朝から涙した人が多かったようです。

最終回までに、るいと安子も再会するでしょうが、朝から号泣する人がたくさん出そうですね!


当ブログでは、『カムカムエヴリバディ』の解説・考察記事を、毎週提供しています。

よろしければ、ブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『カムカムエヴリバディ』のカテゴリー記事一覧

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】雉真稔の再登場まとめ

まとめ
  • 50回忌の終戦記念日の正午、黙とうのサイレンが鳴る1分間だけ、死者とつながる演出だった
  • 49年前の同じ日に、赤ん坊のるいを背負った安子も、稔の無事を祈っていた
  • 雉真稔が再登場するお盆のシーンは、春の彼岸入りの318日に放送された
  • お盆のシーンの撮影は1月に行われ、雪が積もる寒い日だった
スポンサーリンク
スポンサーリンク