NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』も、最終回まで残すところ1カ月を切りました。

「安子とるいは再会して和解する?」

「ジョーはもう働かないの?トランペットを吹くようになる?」

「ひなたと五十嵐は別れたきり、ヨリを戻すことはない?」

など、気になることが満載ですね。

この記事では、

  • 最終回はどうなる?
  • 登場人物別に最終回の結末を予想
  • 安子再登場で、るいと再会する?
  • 錠一郎のトランペット復帰は?
  • ひなたと五十嵐文四郎はどうなる?

について、ネタバレと予想・考察を交えながら解説します。

この記事は、最終回までドラマに合せて随時更新します!

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】23週最終回のネタバレと予想!

川栄李奈が23週最終章をネタバレ

『カムカムエヴリバディ』の最終回は、4月8日(金)放送です。

ついに3週間を切りましたね!

ひなた役の川栄李奈さんが、最終章について以下のように語っています。

最初から見てくれている方が疑問に思ってるところが、全部解消されて、

最後は皆さん納得の結果で終わると思います。(中略)

最終回が放送されたら、1週間ぐらいは余韻があると思います。

それぐらいびっくりすることが起きる最終章です。(中略)

頭の中を整理したくなるような、5回ぐらいは見直したいと思うぐらい、

すごい物語の終わり方になっているので、ほんとに楽しみにしていただけたらと思います。

いまの「ひなた」からは想像ができないような成長ぶりというか、展開になっていきます。

引用:週刊朝日 2022年3月25日号

川栄李奈さんは「最終章」という言い方をしていますね。

おそらく最後の2週間くらいを「最終章」ととらえているのではないでしょうか。

「想像できないくらいひなたが成長している」というのは、21週の最後あたりからの話だと思います。

ひなたは英語がペラペラになって、ハリウッドの映画撮影班の通訳をするのです。

「すごい終わり方」らしいので、ワクワクしますね!

最終回はエピローグ的?クライマックスは最後の1週間

最終回はいったいどうなるのでしょう?

川栄李奈さんの対談記事をふまえて、考察を練り直し、「すごい終わり方」を追加しました。。

カムカムの最終回
  • 最終回までに、すべての伏線が回収される
  • 最終回は、エピローグ的内容になる
  • 安子、るい、ひなたの100年三世代がつながっている
  • 「On the sunny side of the street」が流れる
  • 明るく希望を感じさせる大団円で終わる
  • 「すごい終わり方」をする(川栄李奈談)

という感じではないでしょうか。

ドラマ、映画、長編小説はすべてそうですが、

ラストにクライマックスをもってくることはありません。

ショートショートや短編小説だと、ラストにどんでん返しのサプライズを置き、クライマックスで終わることはあります。

しかし朝ドラは、15分×120回の長い長い物語です。

そのため、最終回はクライマックスではなく、エピローグ的な内容になるはず。

せいぜい、「最後のひとつの伏線が回収される」くらいでしょう。

トーンダウンして物語をまとめ、きれいに終わる形になるのではないでしょうか。

そうしないと、じんわりとした余韻が残らないからです。

具体的に言えば、「るいと安子の再会は、最終回ではない」ということですね。

そのため、『カムカム』は

  • 20週がターニングポイント
  • ラスト2週間で大きく盛り上がる
  • 最後の1週間(とくに火曜~木曜)がクライマックス

になると予想しています。

後述しますが、ドラマ関係者が「映画が、100年よりもっと長い物語をつなぐ」と言っています。

川栄李奈さんも「すごい終わり方」と言ってるので、最終回に映画関係のサプライズがあるかもしれませんね。

また、晩年の安子のキャストは誰か、SNSで盛り上がっています。

ブログ主は、晩年の安子を演じるのは、上白石萌音さんではないかと予想しています。

「安子の笑顔」という伏線も回収するなら、上白石萌音さんが適任だと思います。

誰が安子を演じるか、楽しみですね!

晩年の安子を演じるキャスト候補は4人?宮崎美子or上白石萌音?

最終回前1カ月は、伏線回収ラッシュ!

『カムカム』は、20週で物語の大きな変わり目を迎えます。

19週までは、ひなた京都編は映画村がメイン舞台でした。

SNSを見ると「チャンバラばかりでつまらない」と感じていた人もいるようです。

しかし、19週でひなたと五十嵐が破局すると、20週からは伏線が次々と回収されていきます。

番組のチーフプロデューサーが

「特に20週は大きなターニングポイントになります。注目してください」

と、3/3yahooニュースで語っているのです。

また、別の番組関係者も次のように語っています。

突然登場しなくなった人物や伏線についてはどうぞご心配なく。

これから時間をかけてしっかりと回収されるので、ぜひ期待して見守っていてください。

脚本家の藤本(有紀)さんのマジックを信じていただければうれしいです

引用:Newポストセブン 2022年3月5日記事

順番で言うと、

伏線回収の順番
  1. 錠一郎が音楽復帰を決意
  2. ひなたと五十嵐が再会

  3. 錠一郎が音楽復帰

  4. るいと安子が再会

となりそうです。

最終回は平成?令和?

『カムカム』は、100年3世代の物語です。

最終回では、平成なのか令和なのか気になりますね。

安子が生まれたのは、大正14(1925)年です。

そこから100年とすると、令和7(2025)年です。

100年間には、大正、昭和、平成、令和と4つの時代があります。

すごいですね!

20週は「1993-1994」ですから、平成5-6年

最終回は23週なので、最後の1カ月で結構時代が下るかもしれません。

『カムカム』は、1日で8年~10年くらい物語が飛ぶことがあります。

なので、最終回は

  • 一気に令和に飛ぶかも
  • エピローグ的に、「3人のヒロイン」の「その後の令和」

という内容になるかもしれませんね。

3/30追記

23週のサブタイトルは「2003-2025」です。

やはり、安子が生まれて100年後まで描くようですね!

スポンサーリンク

【カムカム23週最終回】登場人物別に結末を予想!

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1498799008109809669

23週の最終回までに、登場人物はそれぞれどうなっているか、予想をまとめました。

るいと安子は再会するはずですが、もしかすると安子が「死ぬ前に一度、日本に帰りたい」と言う可能性があるかもしれません。

戦争花嫁でアメリカへ移住したした人や、ブラジルなどへ移民として移り住んだ人の

「死ぬ前に一度故郷に」という話は、よく聞くからです。

もともと安子は、絶望して故郷・岡山を離れています。

優しい夫ロバートがいても、戦争花嫁の安子は相当苦労したでしょうし、

文化も食生活も何もかも違うアメリカで、一度ならず日本を懐かしく思ったはず。

安子が一時的にでも帰国するとなると、かなりドラマチックですよね。

ヒロイン3人

まず3人のヒロインから見ていきましょう。

安子

  • キャストは上白石萌音さん
  • 70代~80代で、るいと再会し和解
  • 健康状態によっては、「死ぬ前に一度日本に帰りたい」という展開もあるかも?
  • もしかすると、アメリカでおはぎを作って売っていたかも?

    【3/30追記】

    23週のあらすじからすると「アニーが安子」という展開になる可能性が高そうです。

    再会もアメリカではなく、岡山になりそうですね!

    るい

    • 安子と再会し、およそ半世紀ぶりに和解
    • 視聴者の涙腺が崩壊する再会シーンになりそう

    るいは、心理的には「2度捨てられた」という思いがあったはずです。

    しかし、その誤解が半世紀ぶりにとけるでしょうから、朝から涙せずにいられないのでは。

    会社のお昼休憩時間に観る予定の人は、ハンカチを忘れずに!

    ひなた

    • 英語がペラペラになり、時代劇を救う
    • 五十嵐文四郎と再会し、ヨリを戻す
    • 朝ドラとして望まれているヒロインの結婚まで描かれるのでは?

    やはりヒロインなので、五十嵐文四郎を再登場させる以上は、結婚まで描き切ってほしいですね。

    少なくともプロポーズのシーンがあるのではないでしょうか。

    また、カムカム英語の平川先生の最後のセリフは伏線になっていたはず。

    何度挫折しても、焦らずコツコツ頑張れば、

    ひなたのように英語を話せるようになるかも…という希望を持たせているのではないでしょうか。

    【3/30追記】

    五十嵐がひなたに「デイジーと結婚する」と決意表明しましたね!

    ひなたの結婚がどうなるかについては、この記事の「ひなたと五十嵐が再会する」の章に追記しました。

    大月家と京都編の登場人物

    大月家と京都編で登場した人たちの結末を予想してみました!

    錠一郎

    • ピアノで音楽復帰し、主にトミーのバンドで演奏
    • 30年以上ぶりに働く
    • ピアノの演奏旅行で、るいをアメリカに連れて行く

    トランペットではないけれど、「アメリカで演奏する」という錠一郎の夢が叶いそうですね。

    錠一郎にとっては「るいの願いを叶える」ことの方が重要な様子。

    音楽の楽しさとるいとの「共鳴し合う愛」が、錠一郎に音楽を取り戻させてくれたんですね。

    桃太郎

    • 大学卒業後は、雉真繊維に就職
    • 雉真繊維で、社会人野球を続ける

    五十嵐文四郎

    • ひなたと再会し、ヨリを戻す
    • もう一度夢に挑戦し、役者に復帰?
    • 再び映画村で活動するかも

    ひなたと文四郎は、22週で再会することになっています。

    おそらくオーディションを受けて合格し、役者復帰するのではないでしょうか。

    そしてひなたへプロポーズするのでは?と期待しています。

    文四郎がセリフのある役を獲得

    ⇒映画がヒットする

    ⇒俳優としてやっていけそうな気配が漂う

    ⇒ひなたにもう一度プロポーズ

    という流れになるのかな、と予想しています。

    一恵

    • アラフォーの一恵は、映画村の榊原誠と両想いになる

    一恵は野田家の一人娘です。

    お父さんは一度も登場しませんが、日本舞踊の名取だったはず。

    大学進学の時にも、ベリーから「高校卒業したらお茶の先生に」と言われていました。

    美咲すみれにお茶を教えているところからして、日本舞踊ではなくお茶の先生として生計を立てているようです。

    一人娘で跡継ぎなので、「早く結婚しなさい」と結構うるさく言われているのではないでしょうか。

    錠一郎にフラれたあとのベリーは、速攻で結婚していましたしね。

    一恵が結婚しないのは、榊原誠に長いこと思いを寄せているからでしょう。

    かなり一途ですよね。

    榊原誠は美咲すみれを想っているので複雑ですが、最後は一恵の思いが実ってほしいですね。

    小夜子

    • 出産して、幸せな家庭を築く
    • 長男の小夜吉は、子供の頃の吉右衛門そっくり(キャストは石坂大志くん)

    森岡新平

    • 病気か何かで倒れるかも?

    3/23の放送回で、商店街で酒を運ぶ森岡新平を見たひなたが、「大丈夫なんですか?」と声を掛けました。

    おいでやす小田さん演じる森岡新平は、「お客さんがおる限り、死んでも配達する」みたいなことを言ってました。

    21週時点で、どうやら森岡酒店の店主は、何か病気を患っているようです。

    この伏線も、最終回までに回収されるのではないでしょうか。

    大阪編・岡山編の登場人物

    大阪編と岡山編の登場人物についても、予想してみました。

    竹村夫婦

    • 70代~80代くらいの竹村夫婦が再登場するかも?
    • 錠一郎のステージが大阪なので、るいが挨拶に立ち寄るシーンなどあるかも?

    るいが京都に引っ越してから、連絡をとっている様子もまったく出てきませんでした。

      るいからすると、「大阪のお父さん・お母さん」のはずなので、最終回までに様子を知りたいですね。

      ナイト&デイのマスター小暮

      ・錠一郎とトミーのステージ演奏の時に、再登場するかも?

      トミーの大阪でのステージは、ジャズ喫茶「ナイト&デイ」で行っているようです。

      最終回までに、錠一郎がピアノを披露するシーンがあれば、再登場するかもしれません。

      北沢奈々(旧姓:笹川)

      3/20の放送回では、声だけ出演していました。

      最終回までの物語に、佐々木希さん演じる奈々が再登場する可能性は、あまり高くないように思います。

      錠一郎が東京へ行くシーン、もしくは奈々がステージを見に来るシーンがあれば、再登場するかもしれませんね。

      ロバート

      • るいと安子の再会の時に、ロバートも再登場するのでは
      • もしかすると、ロバートはキャストが変わるかも?
      • アメリカ人男性の平均寿命は75歳くらいなので、「すでに亡くなっていた」という展開もありえそう
      • ロバートがすでに亡くなっていた場合は、るいとの再会を機に、安子が日本に完全に帰国するかも?

      • あらすじからすると、22週以降も勇が再登場しそう
      • 最終回までに、勇と安子と再会するのでは?

      21週から、映画村ではハリウッド映画の撮影班が登場します。

      22週で、どうやら勇がハリウッド映画に出演するようなのです。

      なので、

      • 勇が撮影で渡米する
      • 映画を観た安子とロバートが、勇を観て再会する

      などの可能性があるかもしれませんね。

      雪衣

      • 22週で病気で入院し、るいに過去を打ち明ける
      • 雪衣は22週で亡くなるかも?

      雪衣は、るいに過去のことを告白するようです。

      お盆休みの里帰りの時に、言おうと思えば言えたはずなのに、わざわざ22週にもってきてます。

      里帰りは1994年でした。

      22週は2003年なので、10年近く時間が経っているのです。

      おそらく、雪衣は22週でナレ死するかもしれませんね。

      きぬちゃん

      • 勇が連絡先を調べ、きぬちゃんが京都在住と判明する
      • るいときぬちゃんが、京都で会うのでは?
      • 安子と何度か手紙のやりとりをしているかもしれないが、途中で途切れている可能性が高い
      • 昔の住所を頼りに、るいと錠一郎が安子を探す可能性あり
      • きぬちゃんのキャストが変わる可能性が高い

      渡米した安子と連絡を取り合っている人がいるとするなら、

      絹ちゃんかディッパーマウスの定一かなと思っていたのです。

      しかし、定一は割と早く亡くなっています。

      個人的には、安子再会の流れは「映画村」「錠一郎の音楽復帰」が絡んでくるのでは?と思っていますが、

      意外と「絹ちゃんが安子の居場所を知っている」という線もあるかもしれませんね!

      また、3/21にるいが勇に安子の居場所を尋ねるシーンがありました。

      親友の絹ちゃんは、夫の実家に引っ越したと言っていましたね。

      絹ちゃんと夫の力さんは、疎開先で知り合って結婚しています。

      そしてどうやら、力さんは京都出身のようです。

      きぬちゃんは、赤螺清子と吉右衛門のように、意外とるいの近くにいるのかもしれません。

      きぬちゃんのキャスト予想は以下の記事にまとめています。

      きぬちゃんの孫は小夜子?夫が京都出身で21週に再登場する?

      柳沢健一・慎一

      • 「算太が直接ではないが、健一に何か迷惑をかけた」という伏線が、最終回までに回収されるはず
      • 「たちばなのおはぎ」の伏線回収もあるので、健一と慎一が再登場するかも
      • 安子が「死ぬ前に一度」と一時帰国して、喫茶店で「On the sunny side of the street」を聴くかも?

      錠一郎とるいがディッパーマウスブルースを訪れた時、健一が算太について、何かいいたそうでした。

      子供の時に同じ学校だったと言っていましたね。

      錠一郎が「何かご迷惑おかけしましたでしょうか?」と尋ねると「いや、直接というわけじゃないけど」と言葉を濁してました。

      そのまま話はうやむやになってましたが、これも何かの伏線ではないかと思ってます。

        城田優

        城田優さんは、『カムカム』のナレーションを務めています。

        ところが、22週か23週には「これまでに登場した人物」として出演するようなのです。

        一体誰の再登場として出演するのでしょうか?

        ひなたの初恋の相手・ビリーが大人になったのが、城田優さんかもしれませんね!

        スポンサーリンク

        【カムカム23週最終回ネタバレ】安子とるいが再会!三世代が一気につながる!

        あずきのおまじないが三世代をつなげる

        視聴者の一番気になるところは、

        「安子は再登場する?るいと再会して和解するの?」

        ということではないでしょうか?

        こちらもドラマ関係者が、ちょこっとネタバレしています。

        「それはこのドラマのいちばん大事な部分と言ってもいいですからね(笑い)。

        ヒントだけ出すとしたら、あの“おまじない”です。

        岡山で和菓子屋『たちばな』を営んでいた安子の実家の人たちが使っていた“おまじない”は、

        ひなたにも受け継がれていきます。

        回転焼きの作り方をマスターしましたからね。」

        引用:Newポストセブン 2022年3月5日記事

        「おまじない」と言えば、あんこを作る時のアレですよね。

        「あずきの声を聴け

         時計に頼るな、目を離すな。

        何してほしいか、あずきが教えてくれる。

        食べる人の幸せそうな顔を思い浮かべ

        おいしゅうなあれ、おいしゅうなあれ」

        安子と算太は、父・金太から、

        るいは安子から、

        ひなたはるいから、

        代々「小豆のおまじない」を受け継いできました。

        ドラマでは、三世代が「おまじない」を唱えるシーンがあるかもしれませんね!

        誰が「たちばな」を再建した?

        3/17追記です。

        ジョーとるいが岡山に帰省した際、喫茶店ディッパーマウスブルースに行きましたね。

        ひ孫の慎一が、定一の遺影にお供えしたのは、何と「たちばな」のおはぎでした。

        これも、最終回にむけての伏線でしょう。

        「誰がたちばなを再建したのか?」については、別の記事をご参照ください。

        安子とるい再会のきっかけは算太

        やはり安子とるいは、最終回までに再会するようです。

        再会までのストーリーのきっかけとなるのは、何と算太

        20週では、またもや算太が再登場します。

        クリスマスイヴの日に、算太が回転焼き大月に、るいを訪ねてくるのです。

        そしてついに、るいとひなたは算太が伯父・大伯父だと知ることになります。

        また、算太は病気を患っていることが発覚。

        あらすじによると、錠一郎は、算太も一緒に家族で岡山へ里帰りすることを提案します。

        そしてるいの「安子は入学式をほっぽり出して、ロバートと会っていた」という誤解が解けていくのです。

        3/10までは、「算太も安子に会って、謝るのでは?」と思っていました。

        しかし、3/11に公開された20週の予告動画で、るいは「骨壺」らしきものを持って岡山を訪れています。

        ということで、算太は安子に会うことなく、病死する可能性が高そうですね。

        岡山を出てからの算太の人生については、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

        映画も100年の物語をつなげる

        さて、「小豆のおまじない」だけでなく、3世代をつなげる仕掛けが他にあるようです。

        3世代をつなげるもう1つの大事な要素としてあげられるのが、“映画”です。

        映画の存在が、時間や空間を縦横無尽に駆け巡り、100年どころかもっと長い物語を編むことになっていくのです。

        安子編に出てきたある小道具の存在が、意外にも3世代を一気につなげることにもなりますので

        細かいところまで注意して見てくださいね。

        引用:Newポストセブン 2022年3月5日記事

        『カムカム』で映画というと、やはり時代劇ですよね。

        モモケンも2代にわたって登場しますし、算太は戦前の岡山編から時代劇を観ていました。

        安子とるいの再会への流れは、4パターンを考えていました。

        安子再登場への流れ
        1. アニー平川から、安子につながる

        2. きぬちゃんから、安子につながる

        3. シアトルの日本人協会から、安子につながる
        4. 「サムライ・ベースボール」を観て、安子が連絡してくる

        そして、22週のあらすじからすると、るいと安子の再会は4/7(木)になりそうです。

        渡米はせず、岡山での再会になるでしょう。

        ブログ主は「アニーは安子ではない」と考えていましたが、

        あらすじからすると、どうやら「アニーは安子」という展開になりそうなのです。

        もうひとつ気になっているのは、藤本さんは「新しいことをやりたい」と思ってるらしいこと。

        • ヒロイン3人の100年の物語
        • 五十嵐はひなたと再会するも、デイジーにプロポーズ

        と、かなり斬新なドラマになってます。

        なので、ひょっとすると「安子とるいは再会しないが、別の奇跡が起きる」というパターンもありえるかもしれません。

        例えば、錠一郎がトランペットを吹けるようになるとかです。

        詳細は別の記事にまとめていますので、ご参照ください。

        次に、「3世代を一気につなげる意外な小道具」とは何か、考察してみました。

        【重要アイテム1】モモケンのポスター?

        「細かいところまで注意して見てくださいね」と前述のドラマ関係者が語っているので、意外であまり目立たないもののようです。

        映画関係で、岡山編にも出てきた小道具となると、モモケンのポスターかな?と思いました。

        モモケンの第1回主演作のポスターはこちら。

        https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1455385182647750658

        モモケンポスターは、ちゃんと岡山編にも出てきてますね。

        ひなたは映画村で働いていますし、算太も2代目モモケンと親しい間柄。

        ポスターが小道具として出てきても、違和感がありません。

        「初代モモケンさんや~、懐かしいなあ」と三世代が言っても自然です。

        ただ、「100年どころかもっと長い物語を編む」というのは謎です。

        どんな展開になるか、楽しみに待ちましょう。

        【重要アイテム2】ラジオ?

        前述の関係者の話だと、「3世代をつなぐ小道具」は文脈からして、映画関係のようです。

        もし映画関係ではない場合、ラジオも考えられるなあと思いました。

        【重要アイテム3】雉真稔の英和辞典?

        もうひとつ、気になるアイテムは、雉真稔稔が安子にあげた英和辞典

        安子は、ラジオ英語会話を勉強し始めた幼いるいに、辞典を譲っています。

        るいからすると、唯一と言っていいほどの父親の形見ですよね。

        もしかすると、雉真稔の英和辞典も、最終回までに出てくるかもしれませんね!

        【重要アイテム4】カムカム英語のテキスト?

        雉真稔の英和辞典がアリなら、カムカム英語のテキストも可能性があるかもしれません。

        安子とるいが使っていた、戦後間もない頃のテキストですね。

        ドラマのタイトル『カムカムエヴリバディ』は、ラジオの英語講座のうたい文句みたいな感じですものね。

        るいが懐かしんで、「証城寺の狸ばやし」の節で、「カムカムエヴリバディ~」を歌うかもしれません。

        【3/18追記】

        ひなたの英語については、平川先生の最後の言葉が伏線になってると思います。

        平川先生の幽霊が登場した理由は?セリフが伏線になってる?

        スポンサーリンク

        【カムカム23週最終回ネタバレ】錠一郎が音楽に復帰

        https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1501336972484358152

        トミー北沢も再登場!

        安子とるいの再会に次いで気になるのは、「錠一郎は、またトランペットを吹く?」というところ。

        ネタバレすると

        最終回までのネタバレ
        • 錠一郎は、音楽に復帰する
        • トミー北沢が、錠一郎をサポートする

        ことになるようです。

        メモ帳に楽譜を書くシーンがありましたよね。

        あのシーンを見て、ジャズの世界に錠一郎が戻ることを期待している視聴者のかたもいると思います。

        詳しくは言えないですが、錠一郎が音楽の世界に戻ることをそのまま楽しみに待ってくださっていて大丈夫です。

        ちなみにその横には早乙女太一さん(30才)演じるトミー北沢も寄り添っているので安心してください

        引用:Newポストセブン 2022年3月5日記事

        ジョーがついに音楽復帰するのは、嬉しい限りですね!

        ネタバレすると、21週の3/22(火)に、錠一郎がトミーを京都の大月家に連れてきます。

        しかし、翌日には時代設定が1999年になるので、すぐに音楽復帰するわけではなさそう。

        復帰は、22週か23週になりそうです。

        ジョーは、プロのトランぺッターになって、渡米するのが夢でした。

        ただ、ジョーは30年近くトランペットを吹いていません(働いてもいない)。

        その状態でプロに復帰できるのか?と思いますよね。

        3月15日の放送回では、算太があかね通り商店街で踊るシーンがありました。

        その時にジョーは、おもちゃのピアノを弾いてましたね。

        もしかすると、トランペットではなくピアノや作曲で音楽復帰するのかもしれません。

        錠一郎の病気のモデルは、『カムカム』の音楽担当・金子隆博さんだと思います。

        ジストニアの金子さんは、サックスからピアノに方向転換し、作曲やプロデュースで音楽を続けているのです。

        錠一郎が病気でトランペットを吹けなくなるという設定は、かなり早い段階で決めていたと脚本の藤本さんは言っています。

        藤本さんの念頭には、金子隆博さんの生き方があったはず。

        なので、錠一郎はトランペットから転向して、音楽復帰するかもしれませんね。

        ジョーの音楽復帰については、別の記事に詳しくまとめましたので、ご参照ください。

        錠一郎はいつ頃復帰する?

        ジョーが音楽復帰するとなると、いつ頃になるか気になりますね。

        • 19週で、ジョーは五十嵐に自分の過去を話す
        • 20週で、ジョーはひなたと桃太郎に、トランペッターだったと打ち明ける
        • 20週で、ジョーとるいが、岡山の喫茶店ディッパーマウスブルースに行く

        という流れがありました。

        21週の予告動画では

        • トミー北沢が、大月家を訪問

        • ジョーが「音楽復帰するよ」と言う

        ので、21週か22週には音楽復帰するジョーの姿が見られそうですね!

        スポンサーリンク

        【カムカム23週最終回ネタバレ】ひなたと五十嵐が再会する

        https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1500973330261815304

        ひなたと五十嵐は再会する

        ひなたと五十嵐は、19週で別れてしまいました。

        五十嵐は、29歳になっても、時代劇俳優として芽の出ず焦ります。

        「一番大切なのは、ひなた」と思い至った五十嵐は、

        夢を諦めて、生活のために東京で暮らそうとプロポーズ。

        しかし、夢を追ってほしいひなたと、気持ちがすれ違って、別れてしまいます。

        「ひなたと五十嵐は、もう会うことはない?ヨリは戻さないの?」

        と気になりますよね。

        ひなたと五十嵐は、最終回までに再会するようです。

        恐らく、二人はヨリを戻すのではないでしょうか。

        一度離れ離れになり、時が経って再会するシーンがあるのですが、

        そのときのひなたの心の揺れはチャーミングさであふれています。

        ちなみに、ひなたの青春時代はフォーク全盛期。

        彼女の心情と当時ヒットしたフォークソングがリンクすることがあるかもしれませんね

        引用:Newポストセブン 2022年3月5日記事

        ひなたと五十嵐が別れた時、ひなたは27歳、五十嵐は29歳でした。

        二人とも30代になっていそうですね。

        ひなたの飛び切りの笑顔が観られそうで、楽しみです。

        再会のBGMはチューリップの「青春の影」?

        さて、前述のドラマ関係者は

        「彼女の心情と当時ヒットしたフォークソングがリンクすることがあるかもしれませんね」

        と語っています。

        この言葉でブログ主が連想したのは、チューリップの「青春の影」でした。

        「青春の影」19746月にリリースされた、フォークソンググループ「チューリップ」の大ヒット曲

        財津和夫さんが作詞作曲し、歌う名曲ですよね。

        自分の夢を追いかけていた男が、一人の女性を幸せにすることを生きる目標にして、人生をシフトチェンジするという歌です。

        五十嵐文四郎の心境には、ピッタリではないでしょうか。

        ただ、気になるのは時代性

        『カムカム』では、ドラマの中でテレビやラジオから、さりげなくその時代のヒット曲が流れます。

        20週は「1993-1994」ですね。

        90年代半ばから後半は、小室ファミリーが時代を席巻していました。

        「青春の影」は70年代のヒット曲。

        ひなたと五十嵐が再会する時に、ラジオでさりげなく流れても、ちょっと違和感あるかなあという気がします。

        「昭和の懐メロ」番組を見てて流れるという感じなら、自然ですが。

        ひなたと五十嵐の再会で、フォークソングが流れるか注目しましょう。

        五十嵐はデイジーと結婚の決意表明(3/30追記)

        3/30の放送回で、五十嵐はひなたに「デイジーにプロポーズする」と決意表明しました。

        「わざわざバーに飲みに誘って、その話?」とビックリしました!

        • ひなたと五十嵐は、ヨリを戻す
        • 再会のBGMは「青春の影」

        と予想していましたが、どちらも外してしまいました。

        記事を読んでくださったみなさん、申し訳ないです!ごめんなさい!

        わざわざ五十嵐が再登場するからには、ひなたとの関係に変化がないと不自然と思い、

        「ヨリを戻す」と予想しましたが、逆の展開になりました。

        また、BGMは南こうせつさんの「夢一夜」でしたね。

        こちらの曲は知らなかったので、思いつきませんでした。

        ドラマは、あと1週間あるので、ひなたの結婚にも展開があるかもしれません。

        恋愛・結婚相手としては、

        • これまでに登場した人物(ビリーやジョージ)
        • まったく新しい人物

        が考えられます。

        脚本の藤本さんは「新しいことがしたい」と思っているようです。

        「結婚も出産もしないヒロイン」は、すでに『オードリー』でやっているので、ひなたは違うかも。

        最終回は2025年で、ひなたは60歳になってるので、「ひなたが結婚するのかしないのか」は判明しそうです。

        ひなたもアラフォーですし、幸せになってほしいですよね。

        どうなるか、期待して待ちましょう。

        ひなたの結婚相手役は?五十嵐文四郎とヨリを戻す?

        スポンサーリンク

        【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

        関連記事を読む(ひなた・京都編)

        【ひなた】

        【雉真稔】

        【算太】

        【トミー】

        【桃太郎】

        【吉右衛門】

        【勇・雪衣】

        【映画村】

          【その他】

          【カムカムエヴリバディ】23週最終回のネタバレと予想

          まとめ
          • 最終回前の1カ月前(20週)から、次々と伏線が回収される
          • 最終回前の1週間がクライマックス
          • 最終回は、令和時代かも
          • 安子とるいは再会する
          • 錠一郎は、トミーにサポートされて音楽復帰する
          • ひなたと五十嵐文四郎も再会する
          • 最終回までに、岡山編の登場人物や城田優も再登場する
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク