NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の視聴者の間では、「水田きぬの孫は、小夜子ではないか?」という噂が飛び交っています。

21週では勇がるいに、きぬちゃんの連絡先を調べると言っていました。

きぬちゃんの現在が分かって、再登場しそうな気配です。

この記事では、

  • きぬちゃんの孫は、藤井小夜子?
  • きぬちゃんの再登場はいつ?
  • 70代きぬちゃんのキャストは誰?

について、考察をまとめました。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】水田きぬの孫は藤井小夜子?

朝ドラ視聴者の間では「小夜子は、きぬちゃんの孫ではないか?」という噂がたっています。

果たして「水田きぬの孫は、藤井小夜子」という可能性について、考察してみました。

きぬの疎開先(旦那の出身地)が京都?

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1462922597822308356

3/21の放送回で、るいが勇に安子の居場所を尋ねるシーンがありました。

勇は、安子の友達・水田きぬの名前を挙げました。

きぬちゃんは家族全員で夫の実家に引っ越したとのこと。

きぬちゃんの夫は、水田力さん(小林よしひさ)で、疎開先で知り合っています。

きぬちゃんの上のお姉さんが嫁いだ家に、ご縁を頼って疎開したんですね。

旦那さんの力さんは、戦後にきぬちゃんを追いかけて岡山までやって来ます。

そして、水田家に婿入りする形できぬちゃんと結婚しました。

なので、きぬちゃんの夫・力さんは長男ではないでしょう。

そして、きぬちゃんの旦那さんは、どうやら京都出身のようなのです。

https://twitter.com/4april07/status/1505711387871682562

ブログ主は、岡山編の録画はすべて消去したので確認できず。

けれど、観返した視聴者の情報によると、上のお姉さんの嫁ぎ先は、京都の農家だったそう。

ということは、「きぬの現在は、夫の里に引っ越した」ので、ぬちゃんは京都在住ということになりますね!

水田きぬは1951年に出産

きぬちゃんと安子は同級生

なので、きぬちゃんも1925年生まれか、もしくは1926年の早生まれのはず。

安子がるいを生んだのは、1944(昭和19)年です。

安子が結婚したのは雉真稔の出征前で、出産したのは戦時中でした。

一方の水田きぬちゃんが、出産したのは第38話で、1951(昭和26)年

るいが安子に「I hate you(大嫌い)」と言ったその日に、きぬちゃんの出産シーンがありました。

雪衣はつわりで妊娠が発覚し、

行方知れずだった柳沢健一がディッパーマウスブルースに帰って来たのも、

同じ第38話でしたね。

「安子だけが、めちゃ不幸」という非常に印象的な放送回でした。

ということは、

  • 安子ときぬちゃんは、同い年
  • るいと、きぬちゃんの子供は7歳違い

ということです。

ひなたは、1965年生まれです。

同級生の藤井小夜子も1965年か、1966年の早生まれのはず。

1951年生まれのきぬの子どもと、小夜子の年齢差は14~15歳

「小夜子がきぬちゃんの孫」というのは、ちょっと無理がありそうです。

小夜子の苗字は藤井

小夜子の苗字も気になります。

フルネームは「藤井小夜子」ですね。

水田小夜子ではないので、仮にきぬちゃんの孫だとすると、「きぬの娘の子」となりそう。

あるいは、前掲のTwitterにあったように「きぬの姉の孫」という可能性はありそうです。

きぬちゃんの上のお姉さんが、「藤井」姓という線ですね。

藤井小夜子が転校生の意味は?

しかし、もうひとつ気になることがあります。

小夜子は、転校生でした。

よその場所から、ひなたの小学校区域に引っ越してきてます。

小夜子がきぬの身内なら、引っ越してくる意味があるのか?というのが気になります。

「小夜子は、最初はきぬと岡山に住んでたけど、小2で京都に引っ越しました」

と言うには、前述のとおり年齢も苗字も合いません

「小夜子は、きぬの姉の孫でした」とするなら、もともと京都在住のはずなので、引っ越す必要がないはずです。

以上、年齢や名前、引っ越しなどの点から、藤井小夜子は水田きぬとは、直接関係ないように思います。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】きぬちゃん再登場ならキャストは誰?

きぬちゃんは23週で再登場?るいと京都で会う?

きぬちゃんと小夜子は、特に親戚というわけではなさそうです。

しかし、きぬちゃんは京都に引っ越したそうなので、最終回までにるいと京都で会いそうですね。

あるいは、ひなたの映画村とつながる可能性もあるかもしれません。

安子が渡米後も連絡を取っているとすれば、きぬちゃんしかいなさそうです。

21週では、るいが錠一郎の演奏旅行で渡米し、安子を探しました。

ロバートがシアトル出身だったので、シアトルの日本人協会に安子のことを調べてもらってるようです。

しかし、21週では見つかりませんでしたね。

22週では、また勇が再登場するので、23週以降にきぬちゃんの行方が分かり、再登場するかもしれません。

70代きぬちゃんのキャストは誰?小牧芽美?

21週以降に、きぬちゃんが再登場するとなると、キャストが変わりそうです。

21週のサブタイトルは「1994-2001」

22週のサブタイトルは「2001-2003」です。

1994年時点で、安子ときぬちゃんは69歳

2001年時点で、76歳

2003年時点で、78歳です。

岡山編で10~20代のきぬちゃんを演じていたのは、小野花梨さん。

きぬちゃんは、岡山編以来、回想シーンでも登場していないと記憶しています。

なので、キャストが変わる可能性が高いです。

『カムカム』でキャストが変わるのは、2パターン。

一つ目は「代替わりを一人二役する」というパターン。

赤螺吉右衛門や、桃山剣之介が一人二役パターンですね。

きぬちゃんのお母さん・水田花子を演じていたのは、小牧芽美さん。

ただし、岡山編での水田花子は、40代~50代という設定だったはず。

「一人二役」パターンでの配役なら、老けメイクをして「きぬちゃん」で再登場するかもしれません。

もうひとつは、「年をとるとキャストが変わるパターンです。

勇や雪衣がこのパターンでしたね。

もし全然違う女優さんがキャスティングされるなら、70代~80代の女優さんになりそうです。

ブログ主の予想としては

晩年のきぬちゃんは誰?
  • 倍賞美津子さん
  • 前田美波里さん
  • 宮本信子さん

が、晩年のきぬちゃんぽいかなあと思いました。

由美かおるさんも70代で「時代劇」というつながりもあるので、きぬちゃん役だったら話題になりそうです。

でも、きぬちゃんのイメージとは、ちょっと違いますよね。

ちなみに、晩年の安子は、キャスト変わらず上白石萌音さんだと予想しています。

やはり「笑顔の伏線」がありますので、回収するには上白石萌音さんが適役ではないでしょうか。

晩年の安子のキャストは宮崎美子or上白石萌音?

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む(ひなた・京都編)

【ひなた】

【雉真稔】

【算太】

【トミー】

【桃太郎】

【吉右衛門】

【勇・雪衣】

【映画村】

    【その他】

    スポンサーリンク

    【カムカムエヴリバディ】きぬちゃんの孫まとめ

    まとめ
    • 年齢から、小夜子は水田きぬの孫ではないと思われる

    • 小夜子がきぬちゃんの姉の孫だとすると、もともと京都育ちのはずなので、転校する理由がないはず

    • 小夜子は、きぬちゃんの身内である可能性は低い

    • 京都在住のきぬちゃんが、るいと再会するシーンで再登場しそう

    • 晩年のきぬちゃんを、母親の花子役だった小牧芽美さんが一人二役するかも
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク