ハウルの動く城のハウルとソフィー
スポンサーリンク
[quads id=1]

『ハウルの動く城』では、カルシファーがソフィーに取引を持ちかけます。

「ハウルとの契約を見破ってくれたら、ソフィーの呪いを解いてあげる」と言いましたね。

しかし、カルシファーとハウルの契約内容は秘密

具体的な説明はないため、「どんな契約?」と気になりますよね。

この記事では、

  • カルシファーの正体は?
  • カルシファーとハウルの契約内容とは?
  • 契約を続けてたらハウルはどうなってた?

について、解説します。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【ハウルの動く城】カルシファーの正体は火の悪魔

ハウルの動く城には、暖炉にカルシファーがいます。

カルシファーの正体は火の悪魔

城に入り込んだソフィーに初めてあったとき、「火の悪魔」と自己紹介してますね。

かわいらく、ほのぼのした感じの悪魔です。

しかし、ハウルと契約する前は星の子でした。

ハウルと契約後、星の子から火の悪魔になったのです。

スポンサーリンク

【ハウルの動く城】カルシファーの契約とは?

ハウルとカルシファーは、契約を結んでいることが劇中たびたび触れられます。

しかし、どのような内容の契約かは、はっきりと明かされません。

ハウルとカルシファーの契約の内容は?

ハウルとカルシファーの契約は、どんな内容なのでしょうか?

カルシファーは、もともとは星の子でした。

地上に墜ちると死んでしまいます。

草原に流星群が墜ちて、仲間の星の子が次々と死んでいきましたね。

カルシファーはあの時、生きながらえるために、ハウルの心臓をもらったのです。

ハウルの心臓を得た星の子は、大きな力を得て火の悪魔となります。

そしてハウルが悪魔の力を使えるようにしたのです。

お互いにメリットがある契約だったのですね。

劇中では、ソフィーがカルシファーを一度外へ連れ出して、城を崩しました。

その後、城を造り直すという荒わざをやりましたね。

その時ソフィーは、カルシファーに髪の毛を与えています。

カルシファーは、「目か心臓ならもっとすごいぞ」と言いました。

カルシファーにとって、最上級のエネルギーの源は心臓なのでしょう。

ハウルが死ねばカルシファーも死に、逆もしかりということで、一蓮托生の契約になっているのです。

先に契約解除したがったのはカルシファー

子ども時代のハウルと契約を結んだカルシファー。

初対面のソフィーに「オイラをここに縛りつけている呪いを解いてくれ」と頼みます。

「ハウルにこき使われてる」と言って、契約解除したいと言いました。

  • 暖炉から出られない
  • 契約の秘密は話せない
  • 城を動かしたり、隠したりする
  • お風呂にたびたび給湯
  • ハウルの人(悪魔)使いが荒い

など、制限や仕事が多いのですね。

また、黒い鳥の姿にたびたび姿を変えるハウルを「あんまり飛ぶと、戻れなくなるぜ」と心配してもいました。

[quads id=1]

カルシファーと契約が続いたら、ハウルはどうなってた?

映画冒頭で

「ハウルとオイラの契約の秘密を見破ってくれたら、呪いは解けるんだ。

そしたらあんたの呪いも解いてやるよ」

と、ソフィーとカルシファーは取引します。

ソフィーは見事に見破り、呪いを解きました。

そして、ソフィーがカルシファーに命を吹き込む魔法をかけます。

映画では触れられていませんが、原作ではソフィーも魔法を使えるのです。

「カルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」

と祈り、二人はどちらも助かりました。

逆に、もしカルシファーとハウルの契約が続いていたら、どうなっていたのでしょう?

マダム・サリマンのセリフによれば

「あのままだと、荒れ地の魔女のようになってしまう」

とのことでした。

サリマンやソフィーのセリフなどからすると、

  • 悪魔に身も心も食いつくされる
  • 怪物(黒い大きな鳥)の姿から戻れなくなる
  • 魔王になる

ということになったでしょう。

ソフィーが大きな黒い鳥のハウルに「あなたの力になりたい」と言った時、ハウルは「もう遅い」と言いました。

確かに、はじめはツバメの姿だったのが、どんどん顔も羽に覆いつくされて、1本足の巨大な怪鳥になってましたし。

呪いが解けたのは、結構ギリギリだったかもしれませんね。

ソフィーの呪いがいつ解けたのかについては、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。







[quads id=1]
スポンサーリンク

【ハウルの動く城】カルシファーの契約まとめ

『ハウルの動く城』では、カルシファーがソフィーに「ハウルとの契約を見破って、呪いを解いてくれ」と頼みます。

秘密の契約なので、具体的な内容については明かされませんでした。

「どんな契約なの?」と思った人は多いでしょう。

  • 地上に墜ちると死ぬ星の子は、ハウルの心臓を得て、火の悪魔カルシファーとなって生きながらえた
  • ハウルは心臓と引き換えに、悪魔の力を使えるようになった
  • ハウルにこきつかわれるカルシファーは、ハウルとの契約を見破ってくれたら、ソフィーの呪いも解くと取り引きした
  • カルシファーとの契約が続けば、ハウルは荒れ地の魔女のようになり、怪物の姿から戻れなくなったと思われる

というのが、この記事のまとめです。

現在のところ、ジブリ作品が配信されているVODはありません
 
他のジブリ作品も楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASでどうぞ!
 
借りるのも返すのもとってもラクチンです
[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク