ゲド戦記のポスター
スポンサーリンク

ジブリ映画『ゲド戦記』は、魔法使いやまじない師が登場するファンタジーです。

中でもクモは、中性的で妖しげな雰囲気の、謎めいた魔法使いですね。

この記事では、

  • クモの正体とは?
  • ハイタカがクモにした仕打ちとは?
  • 世界の均衡が崩れたのは、クモが原因だった
  • クモが最後に怖い姿になったのはなぜ?

について、解説します。


スポンサーリンク

【ゲド戦記】怖いクモの正体は?ハイタカの学友の男の魔法使い

ジブリ映画『ゲド戦記』には、クモというミステリアスな魔法使いが登場します。

中性的で物静かだけれど、永遠の命に執着しており、ラストはかなり怖いですよね。

そしてハイタカとも過去に何か因縁のある関係のようです。

クモの正体は一体何なのでしょう?

原作小説では、ハイタカとクモは二人とも、ローク島の学院で学ぶ魔法使いでした。

『ハリー・ポッター』でいうと、ホグワーツ魔法学校に通う学生同士といった感じ。

ハイタカは、「ロークの学院始まって以来の秀才」と評されるほどの魔法使いでした。

しかし自分の才能におごったハイタカは、死者の魂と「影」を呼び出してしまいます。

昔のハイタカは、クモと似たようなことをしてたんですね。

ハイタカは「影」と戦った結果、顔に大きな傷を負うことになったのです。

映画では、「影」に付きまとわれるのはアレンという設定になっていますね。

クモもまた、「ハブナーのクモ」と呼ばれる優秀な魔法使いでした。

「ハブナー」というのは、原作小説の世界で一番人口の多い島の名前です。

ハブナーの魔法使いと言えばクモ、というくらい有名だったのでしょう。

映画では中性的に描かれているクモですが、原作では性別は男性となっています。

【ゲド戦記】ハイタカがクモにした仕打ちとは?

映画の中で、ハイタカとクモが対面したとき、こんなセリフが交わされます。

「黄泉の国の境で別れて以来だな、ハブナーのクモ」

「大賢人になったそうじゃないか。祝いを言うぞ。きさまが私にした仕打ちを忘れんぞ」

二人の過去に、何かあったことがほのめかされますね。

「仕打ち」というからには、結構インパクトのある出来事だったようです。

一体、何があったのでしょうか?

かつてクモは、『知恵の書』を使い、お金をもらって死者を黄泉の国から呼び出していました

ある時、師の魂を呼び出されて怒ったハイタカが、クモを黄泉の国へと連れて行きます。

クモは、ハイタカにかなり抵抗したり、泣きわめいたりするのですが、敵いませんでした。

ハイタカから、恐怖の底に突き落とされます。

クモは改心することを誓い、ハイタカは東へ、クモは西へと別れます。

しかし、改心すると誓ったのは表面的なことで、腹の底ではハイタカへの復讐心をもっていたのですね。

【ゲド戦記】世界の均衡が崩れたのはクモが原因

ハイタカにこらしめられたクモでしたが、まったく改心しませんでした。

映画では

「確かに教訓は得たよ、黄泉の国の境でな。私は決して死など受け入れないと」

と言っていましたね。

クモは、永遠の命にむしろ執着するようになりました。

古の魔法の書をかき集めて、「最大にして最終うの魔法」を編み出します。

生死両界の扉を分かつ扉をあけようとしたのです。

映画冒頭で、家畜が原因不明の疫病で大量に死んだり、竜が共食いしたりと「世界の均衡が崩れている」と言っていましたね。

均衡が崩れたのは、クモが魔法の力を誤った使い方をしていたためなのです。

原作でも同様の設定となっていました。

3作目の『さいはての島』で、世界の均衡が崩れている原因を探そうと、アレンとハイタカが旅に出るシーンから始まります。

ハイタカには、「クモのせいではないか」という心当たりがあり、クモを探しだして戦うというストーリーでした。

【ゲド戦記】クモは最後なぜ怖い姿になった?

映画のラストでは、処刑されそうになるハイタカとテナーを助けようとして、アレンがクモに斬りかかります。

魔法の剣でクモの腕を斬ると、クモはみるみる老人の姿に。

魔法で隠していた本来の姿が現れました。

すらりとした肢体も変わり、目もおちくぼんでドクロのような顔になってしまいました。

どす黒いヘドロのようなものまで、あふれる始末。

「死んだ死んだ、かわいそう」とつぶやく姿も、理性を失っているようでした。

かなり怖かったですよね。

クモは最後に、なぜあんなにも醜く怖い姿になったのでしょう?

それは、クモの自分勝手さや、不死に執着することの愚かさや醜悪さなどを、分かりやすくビジュアル化したためと思われます。

『もののけ姫』でも、タタリ神となったナゴの神というイノシシから、生きてるヘドロのようなものが出てました。

恨みつらみのおどろおどろしさが、すごくよく表現されていましたよね。

『もののけ姫』より後につくられた『ゲド戦記』でも、同じ手法を使ったのでしょう。








スポンサーリンク

【ゲド戦記】怖いクモの正体まとめ

ジブリ映画『ゲド戦記』に登場する、いかにも悪い魔法使いのクモ。

最初は中性的で妖しい美しさがありましたが、ラストはかなり怖い姿に変わりました。

  • クモは、ハイタカと同じローク島の学院で学ぶ魔法使いだった
  • 「ハブナーのクモ」と呼ばれる優秀な魔法使いだった
  • クモは、死者を呼び出す禁忌の魔法を使ったため、ハイタカに黄泉の国の恐怖の底に落とされた
  • クモはハイタカに改心を誓ったが、本心は逆で、不死の力を得ようとした
  • クモが、再び魔法の力を誤った使い方をしたために、世界の均衡が崩れ始めた
  • クモが最後に怖い姿になったのは、自分勝手さや醜悪さなどを、ビジュアル化したため

というのが、この記事のまとめです。

2021年4月現在のところ、ジブリ作品が配信されているVODはありません
 
他のジブリ作品も楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASでどうぞ!
 
借りるのも返すのもとってもラクチンです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク