ハウルの動く城のハウルとソフィー
スポンサーリンク

『ハウルの動く城』では、映画冒頭でハウルがソフィーに「探したよ」と声をかけます。

ハウルとソフィーは初対面のはずなので、意味不明のセリフですよね。

この記事では、

  • ハウルの「探したよ」のセリフの意味は?
  • ハウルはなぜソフィーを探してた?

について、解説します。

スポンサーリンク

【ハウルの動く城】「探したよ」の意味は?なぜ探してた?

映画の冒頭、ソフィーが路地裏でナンパされます。

二人の兵士にからまれて、ソフィーは足止めされてしまいますね。

そこへ現れたのが、ハウル。

初対面のはずのソフィーに「やぁやぁ、探したよ」と言って、肩を抱きます。

ハウルはなぜ、ソフィーに「やぁやぁ、探したよ」と言ったのでしょう?

それは映画の後半で明かされますが、ソフィーが子供時代のハウルに

「私はソフィー!私きっと行くから!未来で待ってて!」

と言ったから。

ハウルは子どもの頃から、ソフィーを探していたのです。

ハウルがソフィーの肩を抱いた時、指輪が光っています。

この指輪は、探しているものの方向を教えてくれる魔法の指輪でした。

ハウルはソフィーに指輪を貸します。

  • 王宮のサリマンの追手から、ハウルの動く城に帰る時
  • ソフィーがカルシファーに水をかけた後、子供時代のハウルに会う時

に指輪が光って、ソフィーを導いてくれました。

ハウルもこの指輪を使って、ずっとソフィーを探していたのです。

時系列にストーリーを並べ替えると、

  1. 子供時代のハウルがカルシファーと契約する場面に、ソフィーが遭遇
  2. ソフィーが「私はソフィー!私きっと行くから!未来で待ってて!」とハウルに言う
  3. ハウルが指輪を使って、ソフィーを探す
  4. ハウルがソフィーを見つけ「やぁやぁ、探したよ」と言う

となるのです。

ハウルの一途さと、ソフィーとの絆の強さが感じられる名場面ですね。









スポンサーリンク

【ハウルの動く城】「探したよ」の意味まとめ

『ハウルの動く城』では映画冒頭で、初対面のはずのハウルがソフィーに「探したよ」と言います。

ちょっと意味不明ですよね。

  • ハウルが「探したよ」と言ったのは、子どもの頃からソフィーを探していたから
  • ハウルがソフィーを探したのは、子供時代に会った時に「私はソフィー!私きっと行くから!未来で待ってて!」と言われたから
  • ハウルは、魔法の指輪を使ってソフィーを探しだした

というのが、この記事のまとめです。

現在のところ、ジブリ作品が配信されているVODはありません
 
他のジブリ作品も楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASでどうぞ!
 
借りるのも返すのもとってもラクチンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク