『ハウルの動く城』のうましかての意味とシーン
スポンサーリンク

ジブリの人気映画『ハウルの動く城』では「うましかて」というナゾのセリフが出てきます。

聞きなれない言葉ですよね。

この記事では、

  • 「うましかて」の意味は?
  • どのシーンでつかってた?

について、解説します。





スポンサーリンク

【ハウルの動く城】「うましかて」の意味は?どのシーンで言ってる?

『ハウルの動く城』では、ハウルとソフィーとマルクルが3人で朝食を食べるシーンがあります。

ベーコンと目玉焼きがとっても美味しそうですよね。

『ハウルの動く城』のうましかての意味とシーン

テーブルに食事をならべた後、ハウルが

「諸君、いただこう。うまし糧を」

と言い、マルクルが

「うまし糧!」

と復唱します。

「うましかて」とは「美味(うま)し糧」のこと。

つまり、「おいしい食べ物・食事」の意味ですね。

キリスト教圏の欧米では、信仰深い家だと「食前の祈り」を捧げます。

「ここに用意されたものを祝福し、わたしたちの心と体を支える糧としてください」

という文言です。

日本だと、「いただきます」とひと言で食べ物に感謝していますね。

『ハウルの動く城』はヨーロッパが舞台。

「いただこう、うまし糧を」は、ハウル流の食前の感謝の祈りなのでしょう。

食後に言えば「ごちそうさま」の意味でも使えそう

日本では、聞きなれない言葉なので、耳だけだと分からないですよね。

そのため「馬鹿手」という漢字が思い浮かんで「?」と思った人も多いようです。

『ハウルの城』でこの言葉を知って気に入り、自分の日常で使う人も増えたようです。

金曜ロードショーで放送されたら、「うましかて」の場面でツイートする人が多そうですね。









スポンサーリンク

【ハウルの動く城】うましかての意味とシーンまとめ

『ハウルの動く城』でつかわれる「うましかて」というナゾの言葉があります。

『ハウル』で初めて聞く人がほとんどのようです。

  • 「うましかて」は朝食のシーンで使われる言葉
  • 「うましかて」は漢字で書くと「美味し糧」で、「おいしい食べ物・食事」の意味
  • 「いただこう、うまし糧を」は、ハウル流の食前の祈り

というのが、この記事のまとめです。

現在のところ、ジブリ作品が配信されているVODはありません
 
他のジブリ作品も楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASでどうぞ!
 
借りるのも返すのもとってもラクチンです
スポンサーリンク
スポンサーリンク