ハウルの動く城のハウルとソフィー
スポンサーリンク

『ハウルの動く城』はハッピーエンドで終わりますが、観終わった後に「ソフィーの呪いって、いつ解けたんだろ?」と思ってしまいますね。

ソフィーが時々若返るのと、髪の色は白いままだったので、呪いがいつ解けたのかあいまいです。

この記事では

  • ソフィーの呪いはいつ解けた?
  • 髪の色が戻らなかったのはなぜ?

について、解説します。

スポンサーリンク

【ハウルの動く城】ソフィーの呪いはいつ解けた?

映画の冒頭で、荒れ地の魔女に呪いをかけられて90歳の老婆の姿になったソフィー。

最後はハッピーエンドでハウルと結ばれました。

しかし、「ソフィーの呪いが解ける瞬間」が描かれなかったために、「いつ、どうやって呪いが解けたんだろう?」と不思議ですよね。

ヒントは、映画冒頭のカルシファーのセリフにありました。

「簡単さ。オイラをここに縛りつけてる呪いを解いてくれれば、あんたの呪いも解いてやるよ」

「ハウルとオイラの契約の秘密を見破ってくれたら、呪いは解けるんだ。そしたらあんたの呪いも解いてやるよ」

なので、カルシファーがソフィーの呪いを解いたんですね。

一体、どの場面でカルシファーはソフィーの呪いを解いたのでしょう?

ソフィーは、ハウルを想って恋愛感情が高まってる時は、若返ります。

カルシファーに水をかけてしまった後は、ハウルを助けるのに必死で若返ってましたね。

そのため、どこで呪いが解けたのか分かりにくいですよね。

具体的には、ソフィーが

「どうかカルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」

と言って、心臓をハウルに返した時す。

カルシファーは「オイラ自由だー!」と光りながら飛び去りましたが、あの時にソフィーの呪いも解けたんですね。

ソフィーの若返りについては、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

【ハウルの動く城】ソフィーの髪の色が戻らなかったのはなぜ?

荒れ地の魔女の呪いが解けて、90歳のおばあちゃんから18歳に戻ったはず。

なのに、ソフィーの髪の色は白いままでした。

なぜ、ソフィーの髪の色は戻らなかったのでしょう?

色設計のジブリスッタフには、こんな思いがありました。

 

ソフィーは、途中でおばあさんになって、またもとの若い娘に戻るシーンがありますが、

その間にハウルとの出会いとか、色んな体験をしているわけですから、最初のころのソフィーとは違っているだろうと。

そう思って、ハウルの秘密の小屋がある高層湿原のシーンでふっと娘に戻ったソフィーの髪の色を白髪のままにしてみたら、これが意外に似合っていたのです。

監督も「白髪のままでいったらどうかな」ということで、後半はそれで通しました。

引用:『THE ART OF HOWL’S MOVING CASTLE』

 

様々な体験をした後では「元に戻る」と言っても、ハウルと出会う前のソフィーとは違ういうことを、表現したかったようです。

また、白髪でもすべて同じ色ではなく、後半になるほど微妙に明るい色になっているのです。

ハウルも「ソフィーの髪の色、星の光に染まってるね。きれいだよ」と褒め、ソフィーも「ハウル大好き」と言っています。

以前のソフィーなら、きれいだと言われても素直に喜ばなかったでしょう。

ソフィーも大きく成長したことがうかがえるセリフでした。

ともすると観る側は「髪の色が戻らないってことは、呪いが解けてないってこと?」と思ってしまいますが、実は制作スタッフの深い思いが込められていたんですね。






スポンサーリンク

【ハウルの動く城・まとめ】ソフィーの髪の色&呪いはいつ解けたか

『ハウルの動く城』はジブリ映画らしく大団円でした。

しかし、「ソフィーの呪いはいつ解けたの?」「どうしてソフィーの髪の色は戻らなかったの?」とモヤモヤしている人もいそうです。

  • カルシファーの呪いが解けた時に、ソフィーの呪いも解けた
  • ソフィーの髪の色が戻らなかったのは、様々な体験をして人間として成長したことを表現している

というのが、この記事のまとめです。

現在のところ、ジブリ作品が配信されているVODはありません
 
他のジブリ作品も楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASでどうぞ!
 
借りるのも返すのもとってもラクチンです
スポンサーリンク
スポンサーリンク