風の谷のナウシカのクシャナのおぞましき体とは
スポンサーリンク
[quads id=1]

映画『風の谷のナウシカ』で、トルメキアの皇女クシャナが、「わが夫となる者は、さらにおぞましきものを見るであろう」と言う場面があります。

  • クシャナが義手である理由は?
  • クシャナの「さらにおぞましき」体とは?
  • 原作のクシャナは五体満足なのに、なぜ映画では「おぞましき体」なの?

について解説します。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【ナウシカ】クシャナの体が義手の理由はなぜ?

映画『風の谷のナウシカ』では、後半にクシャナが甲冑をはずして見せるところがあります。

左手が義手でしたね。

義手である具体的な理由は、映画では明かされていません

ナウシカの父・ジルや城おじたちは、手足が石のようになる病気を患っていることが、映画の中で語られます。

クシャナも同じ病気なのでしょうか?

ナウシカの世界では、腐海の毒に長年さらされると、体が石化します。

原作では、病名は明らかにされていませんが、世界を汚染した人間の「業病」とされているんですね。

しかし「石化の病」は、体が徐々に石のように固くなり、動かなくなる病気です。

手足がなくなるわけではありません

おそらく、クシャナは蟲に襲われ、噛まれたではないかと思います。

映画の中盤、アスベルに襲撃されて、ナウシカやクシャナが腐海に水上着陸する場面があります。

クシャナは動揺し、銃で蟲を撃ち殺そうとしますね。

ナウシカから「あなたは何を怯えているの?迷子のキツネリスのように」と言われます。

蟲を殺せば面倒なことになると、クシャナも分かっているはず。

それでも銃をつかって身を守りたいと思うほど、蟲が怖いようです。

あの場面は、クシャナが蟲を非常に恐れていることを表現し、後半の義手を見せる場面の伏線にもなっているんですね。

また、クシャナは両足甲冑を付けています。

上の場面では、右腕は甲冑を外していますね。

しかし、左手と両足は甲冑をつけたままです。

このシーンから、両足も義足の可能性がうかがわれます。

左手と両足を蟲に食べられるような目に遭えば、蟲を異様に恐れるのも道理ですよね。

スポンサーリンク

【ナウシカ】クシャナの「さらにおぞましき」体とは?

風の谷のナウシカのクシャナのおぞましき体とは

クシャナは城おじたちに義手を見せ、さらに「わが夫となる者は、さらにおぞましきものを見るだろう」と言います。

わが夫となる者」と限定していますね。

ということは、服を脱いだらもっと「おぞましい」傷などがあるのでしょう。

左手と両足を蟲に食いちぎられたものの生きているということは、蟲と相当格闘したのではないでしょうか。

そうすると、体の他の箇所にも深い傷がたくさん残っていそうです。

手術の痕がひどいのかもしれませんね。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【ナウシカ】原作のクシャナの体との違いは?映画はなぜ「おぞましき体」?

https://twitter.com/yutaitai_injp/status/1340603515568148481

映画では、クシャナが蟲により「おぞましい体」になったことが語られます。

原作のクシャナの体は、どうなのでしょう?

(ここから原作ネタバレです)

原作では、クシャナは普通の体です。

義手・義足ではなく、五体満足です。

なので、原作にはクシャナが

  • 義手を見せる場面はない
  • 「わが夫となる者は、さらにおぞましきものを見るであろう」と言う場面もない
  • 蟲を忌み嫌ったり、憎んだりもしていない
  • クシャナが憎んでるのは、父と兄たち

なのです。

映画と原作漫画では、クシャナのキャラクター設定がこんなに違うのは何故でしょう?

原作漫画は全7巻ありますが、映画は2巻の途中までです。

ほんの最初の部分しか、映画化されていないんですね。

漫画の方が、ストーリーがもっと複雑です。

映画は、原作の世界観を保ちながら、子どもにも分かるように、もっと単純化されています。

そのため、

「クシャナが腐海を焼き払うために、巨神兵を使いたがる」というストーリーに変えてあります。

クシャナが腐海を焼き払いたい動機として、「蟲を憎んでいるから」という分かりやすいキャラクター設定が必要だったのでしょう。

そのため、「蟲に襲われて、手足がないクシャナ」という設定にしたのだと思います。

映画も面白いですが、原作はさらに斜め上をいく面白さがあります。

漫画のクシャナは、トルメキア全軍で兵から人気No1の士官です。

ナウシカなみに人気がある、かっこいい女性ですよ。

ぜひ読んでみてくださいね!








[quads id=1]
スポンサーリンク

【ナウシカ】クシャナの体の謎まとめ

映画『風の谷のナウシカ』では、クシャナが義手で、人に見せない部分には「おぞましい」傷などがあるとされています。

  • クシャナが義手なのは、蟲に食いちぎられたから
  • 両足も義足の可能性が高い
  • 原作のクシャナは五体満足
  • 映画のクシャナが「おぞましい体」なのは、腐海を焼き払う動機づけのため

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク