ハリーポッターとアズカバンの囚人のピーター・ペティグリュー
スポンサーリンク

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で、ロンが飼っているねずみが、実はピーター・ペディグリューだったことが分かります。

3作目にして、突然そんな話になると驚いてしまいますよね。

この記事では、

  • ピーター・ペディグリューとは何者?

  • ピーターが12年間ハリーを襲わなかったのはなぜ?

  • ピーターはどうしてロンのところにいたの?

という謎について解説します。



スポンサーリンク

【ハリポタ・アズカバン】ピーター・ペディグリューとは何者?

ハリーポッターとアズカバンの囚人のピーター・ペティグリュー

シリーズ第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で登場する、ピーター・ペディグリュー

ロンのねずみに変身していましたが、いったいどんな人物なのでしょう?

ハリーの両親の同級生で友人だった

ピーター・ペディグリューは、以下の人たちとホグワーツ魔法魔術学校の同級生でした。

  • ハリー・ポッターの両親
  • シリウス・ブラック
  • リーマス・ルービン

みんな、友達だったんですね。

1970年代の第一次魔法戦争時は、ピーター・ペディグリューは不死鳥の騎士団に所属していました。

しかし途中から、スパイとなってヴォルデモートに与するようになります。

のちにシリウス・ブラックから裏切った理由を訊かれて、「あの圧倒的な恐ろしい力を見たら逆らうなんて無理だ」と答えています。

力のある者に従うのが良いと判断したんでしょうね。

ハリーの両親やシリウス・ブラックは、ピーターがヴォルデモート側についたことに、気づけませんでした。

ハリーの両親の「秘密の守人」だったが裏切った

ハリーが生まれた当時、両親はヴォルデモートから身を隠すために、魔法を使って家の場所を秘密にしていました。

魔法界には「秘密の守人」というものがあります。

これは、「秘密の守人」という人物を立てれば、その人が自らすすんでバラさない限り、秘密は守られるというもの。

この方法で、ハリーの両親は身を隠していたのです。

最初はシリウス・ブラックがポッター家の「秘密の守人」でした。

しかし、ハリーの両親と一番仲の良いシリウス・ブラックは、「秘密の守人」だろうとすぐ目星がついてしまいます。

だからシリウス・ブラックは、「秘密の守人」をピーター・ペディグリューに変えるよう、ハリーの両親に勧めたのです。

ハリーの両親を知ったピーター・ペディグリューは、ヴォルデモートに秘密を話します。

ヴォルデモートはポッター家を襲いますが、赤ん坊のハリーに魔法をはじかれて、逆に致命傷を負うんですね。

ヴォルデモートが失脚すると、ピーター・ペディグリューは、シリウス・ブラックに罪をなすりつけました。

そして死んだように見せかけて、ねずみに姿を変えて消息を絶ったのです。

ピーター・ペディグリューも、アニメ―ガス(動物もどき)だったんですね。

シリウス・ブラックもアニメ―ガスでした。

アニメ―ガスについては、別の記事にまとめていますのでご参照ください。

スポンサーリンク

【ハリポタ・アズカバン】ピーターが12年間ハリーを襲わなかった理由はなぜ?

ヴォルデモートの名前を言うとどうなるか

前述のとおり、ピーター・ペディグリューはねずみに変身し、ロンに飼われていました。

ヴォルデモートのスパイだったピーター・ペディグリューですが、ロンが魔法学校に入学してハリーと出会っても、とくに襲うことはありませんでした。

どうしてかと言うと、ヴォルデモートが勢力を失っている状態では、ヴォルデモートのために働く意味がなかったからですね。

力をもつ者に従うというのが、ピーター・ペディグリューの生き方。

ヴォルデモートも姿を消し、自分も死んだことになっているので、ロンのところで大人しくしているのが無難だったのです。

【ハリポタ・アズカバン】ピーターはどうしてロンのところにいたの?

ハリーポッターの親友ロンのねずみスキャバーズはピーター・ペティグリュー

アニメ―ガス(動物もどき)のピーター・ペディグリューが、ねずみに姿を変えるのは分かるとしても、どうしてロンに飼われていたのでしょう?

それは、魔法界の情報を常に把握しておきたかったから

  • ウィーズリー家は純血の魔法使い一家

  • ロンの父親は魔法省の役人

  • ロンはハリーと同い年

ということで、ピーター・ペディグリューにとって、ウィーズリー家にいるのは都合が良かったのです。

ロンもハリーも同い年なので、ホグワーツでいずれ同級生になりますもんね。

ヴォルデモートが再び盛り返した時は、いつでもはせ参じられるように備えていました。





スポンサーリンク

【ハリポタ・アズカバン】ピーターが今までハリーを襲わなかった理由まとめ

シリーズ第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で、ロンのねずみの正体がバレます。

ねずみに変身していたピーター・ペディグリューは、

  • ハリーの両親やシリウス・ブラック、リーマス・ルービンの同級生で友人だった

  • 途中からヴォルデモートの手下になった

  • ハリーの両親の「秘密の守人」だったが、裏切った

  • 情報収集のため、ウィーズリー家で飼われていた

  • ヴォルデモートが消息不明の今は、ハリーを襲う理由がなかった

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク