エヴァンゲリオンのパイロットの運命を仕組まれた子供たち
スポンサーリンク
[quads id=6]

『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』は、ラストが怒涛の展開ですね。

カヲルの「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒におとされるとは」の意味が分からず、「何言ってるの?カヲル君」とシンジ同様思った人も、多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • なぜカヲルが13使徒になった?
  • 11の使徒は、初号機か碇シンジ?

について、分かりやすくまとめています。




[quads id=4]
スポンサーリンク

【エヴァQ】カヲルが13使徒に堕ちた理由はなぜ?

渚カヲルが第1使徒とは?

まず、渚カヲルが使徒だったことを知らない人もいると思うので、簡単に説明しますね。

渚カヲルは、アダムを復活させるという「アダム計画」で、人間の肉体にアダムの魂をいれた生物です。

旧劇版では、アダム系の最後になる第17使徒でした。

ちなみに、第18使徒は人類で、リリス系。

新劇場版は「旧劇場版のやり直しの物語」です。

それは「Q」の映画タイトル英語版の

YOU CAN (NOT) REDO.(redoはやり直しの意)

「シン・エヴァンゲリオン新劇場版:||」(:||は繰り返しの音楽記号

からも分かります。

旧劇版で最後の使徒だったカヲルは、新劇場版では第1使徒になりました。

終わりが始まりになっている、ということがポイントです。

リリスとの契約は「使徒を10体せん滅する」こと

次に、ゼーレとリリスとの契約を確認しましょう。

これはゼーレの人類補完計画の一部です。

人類はリリスと「アダムとリリス以外の10体の使徒をせん滅する」という契約をしているのです。

「序」でゲンドウが、「いかなる手段を用いても、我々はあと8体の使徒を倒さねばならん」と言っていたことから分かります。

そのリリスとの契約を満了で、サードインパクトで人類をLCL化してひとつにまとめる計画だったんですね。

しかし、「破」で初号機が覚醒した時点で、10体せん滅していなかったのです。

それで「破」で加持リョウジが「数がそろわぬうちに、初号機をトリガーにするとは。碇司令、ゼーレが黙っちゃいませんよ」と言ったのです。

あせったゼーレは、カヲルにカシウスの槍でサードインパクトを止めさせたのでした。

人類補完計画は、ゼーレとゲンドウのとで2種類あるのです。

別の記事にくわしくまとめましたので、ご参照ください。

11番目の使徒は、碇シンジ?

次に、新劇場版で何体の使徒が倒されたか、確認してみましょう。

すると、カヲルが13番目におとされた理由が見えてきます。

まず、

  • 第1の使徒=渚カヲル(アダムス)
  • 2の使徒=リリス

ですね。この2体はリリスの「せん滅対象」から外れます。

「序」でせん滅されたのは、3体です(第4、第5、第6の使徒)。

「破」でせん滅されたのは、5体です(第3、第7、第8、第9、第10)。

ここまでで8体ですね。

Q」でせん滅されたのは、第12の使徒(6号機に潜んでた)と、第13の使徒(カヲル)です。

これで10体です。

ちなみに、第11の使徒がいないことに気づきませんか?

実は、劇中で「第11の使徒」と呼ばれている使徒がいないのです。

しかし、マリは第12の使徒を「最後の使徒」と呼んでいました。

ということは、第12の使徒が出てくるまでに、第11の使徒は登場していたはずなのです。

私見では、碇シンジが第11の使徒と識別されたのではないかと思います。

というのも、零号機を捕食した第10の使徒から、綾波レイを助けようとして、碇シンジは第10の使徒のコアに接触していますよね。

「使徒と浸食」の可能性は高いですし、そもそもエヴァがサードインパクトを起こしたという時点で、人類からすればかなりの脅威です。

そのため「使徒」に認定されたのではないでしょうか。

Q」の冒頭では、救出された碇シンジの足の裏に「BM-03 S.IKARI??」と書いてありました。

また、BSSチョーカーに使徒封印用呪詛文様が、びっしり書き込まれていました。

はじめは初号機が第11の使徒とされたのかと思いました。

しかしヴィレがヴンダーの主機にしたことから、碇シンジが第11の使徒にされているのだと思います。

「Q」の冒頭の戦闘シーンでも、突如12秒間覚醒状態でしたしね。

シンジはゲンドウの人類補完計画には必要な「駒」ですので、せん滅するわけにはいきません。

そこで「凍結」して、せん滅対象から外したのでしょう。

[quads id=1]

カヲルを13使徒にしたのはゲンドウの策略

さて、「Q」で第12の使徒が出てきた時点で、「これを倒せば9体目」という状態ですね。

リリスの契約を満了するためには、第12の使徒と、もう1(13の使徒)を倒せばいいわけです。

そこで、第12の使徒に浸食された13号機のパイロット・渚カヲルを、「第13の使徒」にしたわけですね。

もちろんこれはゲンドウの計画です。

第1の使徒=渚カヲル=アダムスなので、契約対象外です。

しかし、「第12の使徒に浸食されたから、渚カヲル(アダムス)ではなくなった」という状態にすれば、せん滅対象になるわけです。

だからカヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒におとされるとは」と言ったんですね。

カヲルが自爆したので、10体せん滅完了

ゼーレのモノリスたちは「良い。これで全て良い」と満足し、電源を切られてましたね。

1使徒の渚カヲルが、最後の第13の使徒となったわけですから、カヲルは

「はじまりと終わりが同じというわけだ。さすがリリンの王、シンジ君の父親だ」

と言い、マリは

「これがゲンドウ君の狙いか」

と言ったのですね。

ゲンドウにとって、渚カヲルは邪魔な存在でした。

  • せっかく初号機でサードインパクト起こしたのに、カヲルが阻止した
  • カヲルはシンジを幸せにすることを生きる目的としてるので、いつ横槍を入れられるか油断ならない

と思っていたわけです。

しかしゼーレの少年なので、あからさまに排除するわけにもいきません。

そこで、ゼーレに「カヲルを13番目の使徒にすれば、リリスとの契約を満了できる」ともちかけたのでしょう。

12の使徒に浸食させることで、

  • 渚カヲルを第13の使徒にして、せん滅
  • 13号機を覚醒

ことができたわけです。

ダブルプレーで試合終了という感じですね。

13号機がダブルエントリーになっているのも、カヲルを陥れつつ13号機を覚醒させるためだったのです。

13号機の覚醒により、フォースインパクトが起ります。

しかしカヲルが「ガフの扉は僕が閉じる」と言って、13号機に槍を刺し、自爆して、フォースインパクトを阻止しました。

その様子を見てゲンドウは「ゼーレの少年を排除し、13号機の覚醒へと導いた」と満足気でしたね。

 個人的には、6号機が自律型に改造されたり、ドグマで槍で刺されて凍結されているのも、ゲンドウが仕組んだからだと思います。

とにかく、「Q」は「序」「破」に輪をかけて分かりにくいですよね。

「意味わからん」と思った方は、別の記事をご参照ください。



















[quads id=1]
スポンサーリンク

【エヴァQ】カヲルが13使徒におちた理由まとめ

『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』のカヲルの「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒におとされるとは」というセリフは難解ですね。

シンジと同様に、「意味が分からない」と思った人は多いでしょう。

カヲルが13番目の使徒になったのは

  • 碇ゲンドウの計画だった
  • リリスとの契約を満了できるから
  • 同時に13号機を覚醒させる計画にもカヲルを利用できるから

というのが、この記事のまとめです。

U-NEXTでは、『エヴァンゲリオン』のTV版、新劇場版、漫画が配信されています。
 
もっとエヴァを知りたい方は、U-NEXTでお楽しみください!
(※2021年3月現在の情報です。配信状況が変わる場合がございます。契約時に視聴可能かご確認ください)
[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク