エヴァンゲリオンのパイロットの運命を仕組まれた子供たち
スポンサーリンク

『エヴァンゲリオン』では、劇中で「サードインパクト」という言葉がよく出てきます。

葛城ミサトらネルフは、サードインパクトが起きないように必死で戦っていますね。

サードインパクトは、エヴァの中でも最も難しい内容です。

なぜなら、劇中で詳しく説明されない上に、かなり複雑だからです。

この記事では、エヴァンゲリオンを初めて見る方向けに、

  • サードインパクトが起きる条件は?起きるとどうなる?
  • サードインパクトには2種類あり、起きることや意味が異なる

について、分かりやすくまとめています。


スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン】サードインパクトの条件とは?起きるとどうなる?

葛城ミサトやネルフは、サードインパクトが起きないように、必死に戦っていますね。

サードインパクトは、どういう状態になると起こるのでしょう?

サードインパクトの条件
  • 「神」である始祖のアダムもしくはリリスのみ
  • アダムかリリスと融合した使徒は、「神」になる
  • 「神」になると、サードインパクトを起こせる

サードインパクトの条件を一言で言えば、「使徒が、アダムかリリスと融合すること」です。

サードインパクトが起きると、セカンドインパクトと同様の爆発が起きると予想されています。

セカンドインパクトでは、地球の環境は激変し、各国間で紛争が勃発

人類の人口は半分になってしまいました。

人類滅亡をもくろむ使徒たちは、NERV本部地下にいるリリスを目指して、次々と第三新東京市付近にやってきますね。

NERVはサードインパクトを防止するために、

  • エヴァンゲリオンで使徒と戦う
  • 第三新東京市を地下に収納して破壊から守る

ということをやっています。

セカンドインパクトやファーストインパクトについては、別の記事に詳しくまとめていますので、ご参照ください。


スポンサーリンク

サードインパクトの意味は?使徒か人工かで変わる!

サードインパクトで最も分かりにくいことは、

  • NERVは、サードインパクト防止しようとしている
  • SEELEや碇ゲンドウは、サードインパクトを起こそうとしている

ところではないでしょうか。

かなり矛盾しているように思えますよね。

劇中で何の説明もないので、矛盾していることにも気づけず、「何がなんだか、分からない」と感じる人も多いかもしれません。

サードインパクトは実は2種類あるのです。

ゼーレとゲンドウは、人工的にサードインパクトを起こしたい

ゼーレと碇ゲンドウは、人工的にサードインパクトを起こしたいと思っています。

なぜなら、サードインパクトを起こして、人類を「ひとつの魂・ひとつの体」にするのが目的だからです。

これが人類補完計画ですね。 

人類をひとつにまとめるためには、魂のつくられたリリスの「ガフの部屋」という器官に還らなければなりません。

リリスの「ガフの部屋」とは、リリスの卵である「黒き月」のこと。

そして「ガフの部屋」は通常閉じているので、扉を開けないといけないのです。

扉を開けられるのは、リリスかリリスに等しい存在だけ

「ガフの部屋」を、子宮のイメージで捉えると分かりやすかもしれませんね。

「ガフの部屋」の扉を開ける人工的な方法

人工的なサードインパクト
  • リリスにエヴァンゲリオンを融合させる
  • 融合したエヴァンゲリオンに、自らをロンギヌスの槍で貫かせる

ことです。

そうして人類をLCL化して、ひとつにまとめようとしているのです。

これは「何十億個とあるひとくちチョコレートを、ぜんぶ溶かして、ひとつに固め直す」とイメージすれば、分かりやすいでしょう。

これが人類補完計画です。

そしてサードインパクトは、人類補完計画の手段なんですね。

しかしその一方で、ネルフには「サードインパクトを起こさせないように」エヴァンゲリオンで、使徒を撃退させています。

矛盾しているし、かなりややこしいですよね。

さらに、人類補完計画も「ゼーレ版」と「碇ゲンドウ版」の2種類があって、さらに複雑です。

しかしこれらの違いが分からないと、エヴァンゲリオンは全くと言っていいほど理解できません。

ゼーレと碇ゲンドウの目的の違いについては、別の記事にくわしくまとめましたので、ご参照ください。

ネルフは、使徒によるサードインパクトを防いでいる

ゼーレや碇ゲンドウが、人類をひとつにまとめるという人類補完計画のために、サードインパクトを起こそうとしていると前述しました。

しかし、ゼーレの実働部隊であるネルフは、サードインパクトが起きないように、エヴァンゲリオンを使って、使徒と戦っていますよね。

矛盾していますが、一体どうしてなのでしょう?

ゼーレや碇ゲンドウは、

アダム系使徒によるサードインパクトは防ぎたい

のです。

何故かというと、アダム系使徒がサードインパクトを起こすと、リリスの「ガフの部屋」の扉は開かないからです。

扉が開かない
⇒ガフの部屋に入れない
⇒人類はひとつになれず、滅亡するだけ

という流れになってしまうのです。

そのため、ゼーレや碇ゲンドウは、

  • 使徒によるサードインパクトは、絶対に避けたい
  • エヴァを使った人工的なサードインパクトを起こしたい

という、かなり微妙なことをやっているのです。

人工的か使徒によるものかで、サードインパクトの後に起きることが違うんですね。

そのため、

  • 人工的なサードインパクト⇒人類が新生する
  • 使徒のサードインパクト⇒人類滅亡

と、サードインパクトの意味も変わってくるのです。

また、「人工的なサードインパクト」の計画については、ネルフには知らせていません

ネルフが知るのは「新劇場版・破」の後です。

しかも、これらのことは劇中では詳しく説明されないため、観客や視聴者は「何が何だかよく分からない」という状態に陥ってしまうのです。










スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン】サードインパクトの条件や意味のまとめ

『エヴァンゲリオン』を理解するためには、サードインパクトとは何かが分かっている必要があります。

  • サードインパクトの条件は、使徒がアダムかリリスと融合すること
  • サードインパクトには、「人工的」なものと、「使徒による」ものの2種類がある
  • 「人工的」「使徒による」サードインパクトは、それぞれ意味や起きることや違う
  • ゼーレや碇ゲンドウは、人類補完計画の遂行のために、「人工的なサードインパクト」を起こしたい
  • 人工的なサードインパクトの計画は、ネルフには秘密
  • 使徒によるサードインパクトは、人類が滅亡するだけなので、絶対に避けたい
  • 使徒によるサードインパクトを防ぐために、ネルフが活動している

というのが、この記事のまとめです。

U-NEXTでは、『エヴァンゲリオン』のTV版、新劇場版、漫画が配信されています。
 
もっとエヴァを知りたい方は、ぜひU-NEXTでお楽しみください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク