エヴァンゲリオンのパイロットの運命を仕組まれた子供たち
スポンサーリンク

『エヴァンゲリオン』の最大の謎である「人類補完計画」。

ものすごく複雑な上に、劇中でまとまった説明がないため、非常に分かりにくいですよね。

この記事は、エヴァンゲリオンを初めて見る人向けに、

  • 人類補完計画とは?

  • ゼーレと碇ゲンドウは、目的が違う

  • 人類補完計画は、『風の谷のナウシカ』がベース

について、分かりやすくまとめました。

ネタバレですので、ご注意ください。


スポンサーリンク

【エヴァ解説】人類補完計画とは?ゼーレとゲンドウは目的が違う

人類補完計画は、新劇場版の「Q」までは、旧劇場版とほぼ同じと考えられます。

「シン」で、旧劇場版の人類補完計画と大きく変わる可能性があるのです。

旧劇と新劇でラストが同じだと、新しくした意味がないですからね。

この記事では、「Q」までの人類補完計画について、エヴァ初心者にも分かりやすく、ざっくりと要点を解説します。

人類補完計画とは?

新劇場版の「序」で、「人類補完計画」は第27次までいってましたね。

人類補完計画について、ざっくり解説します。

人類補完計画とは
  • 人類の進化を変更する計画
  • リリスとの契約
  • ゼーレが計画し、NERVが実行する
  • NERVの三大計画の中で、最も重要
  • ゼーレと碇ゲンドウで目的が違う
  • 人類補充計画の実行方法は、サードインパクト

人類補完計画は、人類の進化に関する計画ですが、リリスとの契約でもあります。

人類がリリスと結んでいる契約内容は、

アダムとリリス以外の使徒を10体せん滅すること

です。

また、人類補完計画で重要なことは、

「人類の進化に関する計画を、サードインパクトで実行しようとしているが、ゼーレと碇ゲンドウの目的が違う」

ということ。

エヴァンゲリオンの世界において、「地球上の生物はどのように誕生したか」という進化の根源には、使徒が関わっています。こちらの記事をご参照ください。

ゼーレの目的は「始原回帰」

エヴァンゲリオンの世界観では、「ひとつの星に、ひとつの生命体」というのがルール。

しかし、地球はアダム系とリリス系の2つの生命体がいるんですね。

アダム系の方が先に地球に来ていましたし、ゼーレはリリス系である人類を「出来損ない」と考えたのです。

アダム系使徒は一個体でひとりの使徒なのに、人間(第18使徒)は何億と個体がありますからね。

ゼーレの目的
  • 人類の進化をリセットして、生まれ直す
  • 神に認められる強力な一つの個体に、生まれ直す

というのが、ゼーレの目的です。

ひとことで言えば、「始原回帰」ですね。

実行方法としては、以下を考えていました。

ゼーレの実行方法
  • サードインパクトで人類を死滅させる
  • すべての生命体はLCL化して、魂は生まれた場所へ還る
  • 強力な個体に宿るひとつの魂に生まれ直す

お菓子作りに例えると、

何十億とある「ひとくちチョコレート」を、ぜーんぶ溶かして「ひとつ」に固め治そう!

という感じでしょうか。

碇ゲンドウの目的は「進化」と「ユイに会うこと」

人類補完計画において、碇ゲンドウはゼーレと違う目的を持っていました。

碇ゲンドウの目的
  • エヴァ初号機に人類の魂を合わせて、強力な使徒に進化させる
    (人類を、人工的に初号機の一個体にまとめる)

  • エヴァ初号機を選んで、ユイに再会する

ゲンドウの目的は、「進化とユイとの再会」なのです。

ゼーレの「始原回帰」とは、方向性が真逆ですね。

裏死海文書には破局が予定されていましたが、ユイの願いは「人類が生き続けること」でした。

ゲンドウは、ユイの意思を引き継いだのです。

エヴァ初号機のコアには、ユイが入っています。

ユイの入ったエヴァ初号機を、地球で唯一の生命体に進化させるというのが、ゲンドウの目的なのです。

2004年までは、ゲンドウはゼーレに忠実でした。

しかしユイを失ってからは、再会することが大きな目的となります。

「欠けた心の補完。不要な身体を捨て、全ての魂を今一つに。そして、ユイの元へ行こう」

というゲンドウのセリフに、集約されていますね。

方法としては

碇ゲンドウの方法
  • 神となり、自分の意思でサードインパクトを起こす
  • LCL化した人類をエヴァ初号機に合わせて、「ひとつの体・ひとつの魂」になる

ということ。

リリスと融合した使徒は、神になります。

いわば碇ゲンドウは、エヴァ初号機を神にしようとしていることになるんですね。

古い神は滅び、新しい神が誕生します。

だから劇中で、ゲンドウがよく「神殺し」と言っていますね。

これに対し、ゼーレはあくまでも「神の子」として生まれ直したいのです。

「サードインパクトって、何?」

「でもミサトたちは、サードインパクトを必死に止めようとしてるよね?」

「サードがあるってことは、ファーストとセカンドがある?」

と疑問に思う方は、こちらの別記事をご参照ください。


スポンサーリンク

【エヴァ解説】人類補完計画は『風の谷のナウシカ』がベース

私見ですが、エヴァンゲリオンの人類補完計画の「バラバラの個体である人類を、ひとつの個体・ひとつの魂に」という発想は、『風の谷のナウシカ』をベースにしていると思います。

映画版ナウシカには出てこないのですが、原作漫画版ナウシカには、「ワンネス」の哲学・思想に貫かれているんですね。

「ワンネス」の思想だけでなく、エヴァのいたるところにナウシカの影があります。

エヴァの庵野監督が、映画版ナウシカの巨神兵を描いたことは、広く知られています。

宮崎駿さんから強い影響を受け、リスペクトしているのでしょうね。

(ちなみに、この記事では碇ゲンドウの「神殺し」について触れましたが、「もののけ姫」も神殺しですね。)

ナウシカは映画版も名作ですが、原作漫画はさらに斜め上をいく圧倒的な面白さがあります。

興味のある方は、ぜひ原作も読んでみてくださいね!

「ナウシカのどこにワンネスが出てくるの?ネタバレでいいから、そこだけ知りたい」という方は、こちらの記事の「王蟲の生態」のところをご参照ください。











スポンサーリンク

【エヴァ解説】人類補完計画と目的まとめ

『エヴァンゲリオン』の最大の謎にして、複雑で分かりにくい人類補完計画。

この記事は、エヴァンゲリオンを初めて見る方向けに、基礎知識を簡単にまとめました。

人類補完計画とは、

  • 人類の進化を変更する計画
  • ゼーレと碇ゲンドウで目的や方法が違う
  • ゼーレの目的は「始原回帰」
  • 碇ゲンドウの目的は「進化」「ユイと再会」
  • 実行方法は、サードインパクト

というのが、この記事のまとめです。

エヴァンゲリオンは、U-NEXTでTV版・漫画・新劇場版を観られます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク