エヴァンゲリオンのパイロットの運命を仕組まれた子供たち
スポンサーリンク
[quads id=6]

『エヴァンゲリオン新劇場版:序』では、ラストシーンの渚カヲルのセリフが気になった人は、多いのではないでしょうか。

「また3番目とはね。変わらないな、君は。会える時が楽しみだよ。碇シンジ君」と言いますね。

意味深で、重要な意味がありそうです。

この記事では、

  • 最後のシーンの渚カヲルのセリフの意味は?
  • 月面に9つの棺桶がある意味は?
  • 月面の巨人の正体や血の意味は?

についての考察をまとめています。

旧劇場版のネタバレを含みますので、ご注意ください。



[quads id=4]
スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン序】最後のカヲルのセリフの意味は?

『エヴァンゲリオン新劇場版:序』のラストで、「ネルフ第7支部 発掘用仮設基地」にいるカヲルが、次のセリフを言います。

「また3番目とはね。変わらないな、君は。会える時が楽しみだよ。碇シンジ君」

意味深で、気になるセリフですよね。

このセリフから、

  • 渚カヲルは、碇シンジを知っている
  • 碇シンジは、以前も「3番目」だったことがある

ことが分かります。

しかし、渚カヲルが「序」で登場するのは、最後の月の場面だけです。

なので、TV版などもあわせて考察してみます。

TV版だと

  • 碇シンジは、「サード・チルドレン」
  • 渚カヲルは、第17使徒

でした。

新劇場版では、

  • 碇シンジは、「第3の少年」
  • 渚カヲルは、第1使徒

です。

さらには、TV版の使徒の番号は、新劇場版ではズレています

例えば、

使徒名TV版新劇場版
サキエル第3使徒第4の使徒
シャムシェル第4使徒第5の使徒
ラミエル第5使徒第6の使徒

というふうに、TV版と新劇場版では、番号や使徒の呼び方が、違っているのです。

カヲルをはじめとする使徒は番号が変わっているのに、シンジは「また3番目」なんですね。

このことから、新劇場版は旧劇(TV版+旧劇場版)の次の世界なのではないかと推測できるのです。

つまり、転生している可能性をほのめかしているように思えるんですね。

ちなみに『シン・エヴァンゲリオン新劇場版:||』のタイトル最後にある「:||」は、楽譜で使われる「リピート」記号なのです。

つまり「反復する」物語と言えるでしょう。

しかし、今回は「使徒たちの番号が違う」ということから、「単に同じことを繰り返す世界(人生)ではない」と考えられます。

新劇場版は、旧劇場版とは違うラストになるでしょう。

同じ映画を創る意味もないですしね。

それは

  • 碇ゲンドウの計画が、どのような筋書きになっているか
  • シンジたちは、どのように行動するか

で変わってくると思われます。

キリスト教には「予定説」という思想があります。

「予定された運命を、人はどのように変えられるか」ということかもしれませんね。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン序】月面の棺桶の意味は?

「月面 静かの海」と字幕が入り、9つの棺桶らしきものが並ぶシーンがあります。

  • 左4つの棺桶のふたが開いている
  • 左から5番目の棺桶から、渚カヲルが起き上がる

という場面です。

すべて渚カヲルの棺と思われます。

「5つの開いた棺桶と、4つの蓋が閉まった棺桶」について、3つの可能性を考察しました。

蓋された4つは未登場のエヴァ?

9つの棺桶は何を意味するかと言うと、量産機のエヴァンゲリオンに関係しているかもしれません。

  • エヴァンゲリオンの量産機は9体ある(五号機~十参機)
  • 渚カヲルのダミープラグで稼働

するんですね。

カヲルの魂は第一使徒アダムスですから、量産機はアダム系EVAということになります。

エヴァンゲリオンは、零号機から十参号機まで全部で14体あるんですね。

「序」の時点で、まだ使用されていない機体が4つ残っているのです。

蓋の空いていない棺桶は、未登場のEVAを意味している可能性があります。

開いた4つはセカンドインパクト?

新劇場版のセカンドインパクトの描写では、光の輪をもつ4体の巨人が現れます。

これは「光の巨人」なので、第一使徒アダムスですね。

ちなみに、旧劇では「アダム」と呼んでいるのですが、旧劇場版では「アダムス」と呼んでいます。

セカンドインパクトで4体で描写されているので、新劇場版では複数形で言うようになったのでしょう。

渚カヲルは第一使徒アダムスなので、棺桶が4つ開いていても不思議ではありません。

4つはセカンドインパクトで使用、5番目は「新劇場版」のカヲルという意味かもしれません。

リピートで5回目の転生?

新劇場版が「繰り返しの物語」であることは、前述しました。

「繰り返し」であることを重視すれば、単純に「5回目の転生」と考えることもできそうです。

カヲルの登場する場面は、「破」「Q」も意味深で難解です。

「シン」が公開されれば、情報が増えてストーリーがつながるかもしれません。

しかし、明確な説明はされないと予想できるので、いろんな解釈が出そうです。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン序】月面の巨人の正体は?

まず「ネルフ第7支部 発掘用仮設基地」と場所が紹介されますね。

使徒らしい白い巨人を、カヲルが眺めています。

  • なぜ月にカヲルがいるのか
  • なぜ月に巨人がいるのか
  • 白い巨人の正体は何か
  • 地面に血がついているのは何故か

などは、一切説明がありません。

考えられるのは、

  • カヲルが月にいたのは、EVAマーク6を建造しているから
  • 白い巨人は第一使徒アダムス
  • 月面についている血は、リリスの血

ということです。

ひとつずつ見ていきましょう。

月でEVAマーク6を建造

マーク6は、ゼーレが建造したエヴァです。

調べてみたら、「素体には、リリスに酷似した白い巨人を使用」となっていました。

マーク6は、渚カヲルの搭乗機

素体が月にあるので、月で建造したんですね。

白い巨人はアダムス

まず、白い巨人は使徒でしょう。

エヴァンゲリオンの世界で、あれだけ大きな体をもつのは使徒しか出てこないからです。

白い使徒というと、リリスが思い浮かびますが、ネルフ本部の地下で磔になっているので違いますね。

また、カヲルは、人間の男性の肉体にアダムスの魂をいれた、人造使徒です。

また、前述したように、新劇場版では4体いることになっています。

これらの点から、白い巨人はアダムスと考えられるでしょう。

月面の血はリリス

旧劇場版ではリリスは崩壊し、飛び散った血が月面に付着するんですね。

「序」のラストで、月面についている血はその時のものと思われます。

ということは、やはり「新劇場版は、旧劇場版の続き」と言えそうです。

旧劇版と過去として、歴史の地続きになっている現在に「新劇場版」の世界がある、ということですね。

















[quads id=1]
スポンサーリンク

【エヴァ序】最後のカヲルのセリフの意味まとめ

『エヴァンゲリオン新劇場版:序』の最後に、月にいる渚カヲルが意味深なセリフをつぶやきます。

場面状況やセリフから、

  • 渚カヲルの「また3番目」の意味は、新劇場版が旧劇の続きであることを、ほのめかしている
  • 渚カヲルが月にいるのは、EVAマーク6を建造中だから
  • 月面の棺桶が9つあるのは、量産機のEVAの機体数が9体であることによる
  • 月面の白い巨人は、アダムスと推測できる
  • 月面の血は旧劇場版で、リリスが崩壊したときのものと思われる
    そのため、やはり新劇場版は旧劇場版の続きと言える)

というのが、この記事のまとめです。

U-NEXTでは、『新世紀エヴァンゲリオン』のTV版、新劇場版、漫画が配信されています。
 
もっとエヴァを知りたい方は、U-NEXTでお楽しみください!
(※2021年3月現在の情報です。配信状況が変わる場合がございます。契約時に視聴可能かご確認ください)
[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク